• 232月

    ソニーからもモックアップながらAPS-Cのミラーレスが発表になりました。
    サムスンもありますが、リコーのGXRも撮像素子まるごと交換ではありますが、
    同じミラーレスのシステムだというのを、ちょっと忘れ気味でした。
    GR DIGITALシリーズの人気とくらべると、ちょっと勢いが弱いですしね。

    しかし、こちらも負けてはおらず、レンズユニットを2種類、開発中と発表しています。
    以前から発表になっていた高倍率ズームに加え、28mm相当のAPSユニットも。
    GR LENSを名乗っていますし、禁断のGR DIGITALとカブるユニットの発表ですから、
    かなり本気なのでしょうね。

    一方の高倍率ズームのほうは28-300mm相当で、裏面照射CMOSセンサーを
    搭載するとのこと。
    こちらは小さめの素子なのでしょうが、どちらもどのくらいの大きさになるかも
    ポイントですよね。

    GXRの場合、ちょっと中途半端な大きさになりがちなのが伸び悩みの理由かも。
    場合によっては、新しいボディが登場する可能性もあるのかもしれません。
    まだお値段も高止まりな感じですが、GXR独特のユニット構成を生かした
    システム展開で、他システムに対抗していってほしいところです。


    ★リコー GXR&50mmマクロセット【特典付】《メディアラボPLUS》

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/02/23 5:12 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    50mmもそうだったけど28mmもF2.5ですねぇ
    構造上の制限なのか価格の制限なのかは判らないですけど
    F1.4位は欲しいですねぇ

    やはりマウントアダプターユニットでしょ(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    F2.5っていうと、タムロンのアダプトールを思い出してしまう私は
    ちょっと古いようです。
    大きさとの兼ね合いでそのあたりが境界線なのかもしれません。

    マウントアダプターは最終手段なんでしょうかね。
    リコー単独でやるのもキビシイのかも。
    SONYはまだマウントを決めてないので、別のメーカーと組む可能性も
    あるのかもしれませんし。