• 124月

    Adobeの画像編集ソフト「Photoshop」の最新版「Photoshop CS5」の
    日本語版が5/28に発売されるそうで。

    Lightroom 3はかなり前からPublic Betaが出ていますが、発売はどうやら
    Photoshopのほうが早いみたいですね。
    領域選択や拡大縮小などでAIが強化されていたり、HDRやレンズごとに
    歪曲収差したりと、かなり機能アップしてるようですね。

    早速、シグマから歪曲収差補正用のデータが提供されるようですし、
    これがあれば歪曲の多いレンズではかなり助かるかも。
    なお、歪曲収差だけでなく、色収差や周辺光量も補正してくれるみたいです。

    ただ、最近はRAW現像をLightroomでやってますし、CS4からバージョンを
    上げるかどうかは迷うところですねぇ。
    体験版が出てから試用してみて、それから検討しても良いかも。
    できたら、Lightroom 3でも収差補正を搭載してほしいなぁ。

    Photoshop CS5の新機能は、公式サイトでまとめて紹介されているので、
    それを参考にすると良いかも。
    ただ、すごい機能満載なので、欲しくなっても知りませんよ。(笑)

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/04/12 7:22 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    来ましたねぇ
    もう定例ですねぇ
    テキストが気が早くなってればそれだけで買いですが

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    仕事で使う分には気になりませんが、プライベートでは気軽にはアップデートできませんねぇ。
    Lightroomのほうが使う頻度は断然多いですし。
    Apertureみたいに、Apple謹製の画像編集ソフトが出ないかなぁ。

    テキストって、Photoshopで多用されます?
    スピードが気になるほど入力したことがありません。(^^;

  • SKY ONE Says:

    テキストは多用しないけど、まあ写真にblogの名称入れるとか
    CDのラベル作るとかですけどね
    入れるとなるとこれが遅いんですよ、
    クリックすると一旦応答無しになってから入力可能になるまで
    15秒くらいかかります
    仮想記憶はRAMドライブだし、なんで遅いのかなぁ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    私の環境ではそんな現象は起きていないですね。(Win/Macとも)
    もしかすると、フォントがらみの問題かもしれませんね。