• 085月

    Mac ProがApple Watchでログインできない問題で発覚したUSB3.0のBluetoothへの干渉ですが、オーディオにとっても良くないですし、マウスやキーボードにも影響が及んでいたので可能な限り対処してみることに。

    まずはLogicool M590 MULTI-DEVICE SILENTをBluetoothからUnifyingアダプタに変更してみました。
    ただ、Unifyingでの認識がサクッとできる感じではなく、一旦Bluetoothで繋いでしまうとなかなか上手く切り替わってくれない感じです。
    一旦認識すると精度は良い気もしますが、そもそもUSBや2.4GHz帯辺りを使っていることに変わりはないわけで、ハードディスクの近くにUnifyingアダプタを装着したUSBハブを置くとさらにヒドい状態になることも…。

    そこでノイズ対策としては定番のフェライトコアでなんとかならないかと、そもそも装着されたUSB3.0ケーブルとフェライトコアを2つほど調達しました。
    フェライトコアをたくさん買っても良いと思ってたんですが、ADSLが減ったからか、最近はあまり大量にまとめ売りしてないようです。
    もちろん何処かにはあると思いますが、最近はすぐに届くヨドバシさんをついつい使ってしまいますね。

    USBケーブルは2台のHDDに、フェライトコアはUSBハブとカードリーダのケーブルに装着しました。
    しかし対策後もポータブルHDDにアクセスするとマウスが飛ぶ症状はあまり変化がありません。
    USBハブとポータブルHDDの距離が近いからだと思われ、さきほども書いたようにUnifyingのほうがヒドい状態になってしまいました。
    そこでマウスはまたBluetoothに戻し、その上で物理的な距離を離すしかないのだろうと判断しました。

    また刻々と変化するRSSIをちゃんと見ないと原因も分かりませんし、「Bluetooth Explorer」をXcodeのツール類の中からダウンロードしてきました。

    普段は-40dBm台で落ち着いているのですが、ふとした瞬間にマウスの方はガックリと落ち込んでしまうことがあります。
    このタイミングで「マウスが飛ぶ」症状が出るのでしょう。
    これを基準にして、改善すべくHDDを双方ともパソコンデスクの下の段(LAN関連機器を置いているところ)に移動させました。
    ただRSSIで見る限り、あまり大きな改善は見られません。
    ついでにハードディスクの下に防音シートを敷いたりしたので、静音対策にはなりましたが。

    また、LogicoolのBluetoothマウスだと接続が切れてしまった場合にもマウスを自動で探してくれないようですし、先日使ったリカバリモードでは純正のキーボードとマウスでないと動かなかった(有線なら問題ないのかも)ですし、そもそもBluetoothを多用しないのが安全なのかも。
    ただそもそもAppleからすでにUSB接続のマウスやキーボードは出ていませんし、中古もその影響か、すっかり高騰しています。
    うちにはヨドバシアウトレットで買ってきたUSキーボードはありますが、アレはアレで色々不便なところがあるんですよねぇ。
    結果的にはこれといった成果を出せませんでしたが、少なくともMacのデスクトップではいざという時のためにも純正を揃えておいたほうが良いのかなと感じました。
    そちらについては届いたらまた検証してみたいと思います。

    Filed under: Mac
    2018/05/08 12:00 pm | No Comments
  • 065月

    Mac Pro用に導入したLGの4K対応ディスプレイ「27UD58-B」ですが、Mac Proを再起動すると必ずスケーリングが解除され30Hz表示になってしまう問題が出ていました。

    こうなるとディスプレイの電源を入れ直すしかなく、スケーリングが変わってしまうため、デスクトップ上のアイコンもバラバラになってしまうんですよねぇ。
    再起動はそんなに頻繁にするわけではないので気にしなければ済むのですが、どうもスリープ解除時も稀に発生するようです。
    HDMIでは30HzだったからDisplayPortで接続したのに、これでは不便で困ります。

    まずはシステムログから見直してみて、「com.apple.preference.displays.MirrorDisplays」に関するエラーが頻繁に出ていたので、まずはこれに対処します。
    内容としてはこちらに書かれている対処を施した形です。
    リカバリモードでSIPを無効にするのがちょっと面倒ですし、この時にどうもサードパーティのBluetoothマウスが認識せず苦労しましたが、記載通りの手順でエラーは消えました。
    MacBook Proではこのエラーは出ていなかったですし、例の縦線が出たiMacでは出ていたと記憶してますから、この辺りがあの現象にも影響していた可能性はあるのかも。
    対処後は通知センターが動いたりした際にちょっと表示がもたつく現象が解消されました。
    ただし、再起動時に30Hzになってしまう問題は解決しません。

    そこで次は以下の2つの記事に書かれていた対処をやってみました。

    macOS Sierra‎(10.12) – 4Kディスプレイの解像度を変更(2560×1440とか)
    macOS 10.12 Sierraへアップグレード後に4Kディスプレイのスケーリングが変更されてしまった時の対処法。

    結果的にはどうもこれも直接的な効果はなかったようです。
    ちなみにシステム情報でディスプレイの項目を見てみると、再起動直後は以下の表示になっています。

    LG Ultra HD:
    解像度: 3840 x 2160(2160p 4K UHD – Ultra High Definition)
    UI疑似解像度: 1920 x 1080 @ 30 Hz
    フレームバッファの深度: 30ビットカラー(ARGB2101010)
    主ディスプレイ: はい
    ミラー: オフ
    オンライン: はい
    回転: 対応
    輝度を自動調節: いいえ
    接続のタイプ: DisplayPort

    逆に正常時は、こういう内容です。

    LG Ultra HD:
    解像度: 5120 x 2880(5K/UHD+ – Ultra High Definition Plus)
    UI疑似解像度: 2560 x 1440 @ 60 Hz
    フレームバッファの深度: 30ビットカラー(ARGB2101010)
    主ディスプレイ: はい
    ミラー: オフ
    オンライン: はい
    回転: 対応
    輝度を自動調節: いいえ
    接続のタイプ: DisplayPort

    正常時に5Kと認識されているのもおかしな感じですが、スケーリングを整数倍で処理するような扱いになるのでしょうか。
    iMacに比べてRetinaのスケーリング表示がややボヤケている傾向があるのはそのせいかもしれないですね。

    さらに色々試行錯誤してみましたが、結果としてはLGのモニタ側の設定で「FreeSync」を「標準」にすると解決しました。
    これもおかしな話で、Mac ProのGPU自体はAMDではあるものの、AMD FirePro D500はFreeSyncには対応していないはずなんですよね。
    事実、再度、FreeSyncをオフにしてももう再現しません。
    ただFreeSyncをオンにした時点でICCプロファイルが新たに設定され、以後はそれを適用しているので、それが影響した可能性が高いと推測しています。
    そもそも色の具合もこっちのカラープロファイルのほうが良いので、このまま使えば良いでしょう。

    ちなみに他のスケーリング設定も試しましたが、やはりどれも擬似解像度に対して倍の解像度と見なされて動作しているようです。
    そういう意味ではやっぱり一体型のiMacのほうが扱いやすかったところはあります。
    せっかくならマルチディスプレイも…とは思いますが、それも4K以上だとDisplayPortを使う形になるので同じ問題が発生する可能性もありそうです。

    また、カラープロファイルが変わった関係もあって、ディスプレイの設定も再調整しておきました。

    明るさ 40
    コントラスト 65
    画面サイズ オリジナル
    シャープネス 50

    文字がボヤケた感じになったり、逆にオーバーシュート気味になったりと調整がなかなかシビアです。
    そういう意味では無条件にオススメできるディスプレイではないですけど、当面はこれ一枚で運用予定です。

    Filed under: Mac
    2018/05/06 12:00 pm | No Comments
  • 045月

    Mac Proにはマウスやキーボードが付属しないのですが、当初はiMacに付いていたMagic Mouse(古い乾電池のタイプ)を使っていました。
    ただ、iMacを処分するにあたってそれらは付属品ですし、しばらくLogicool M590を使っていたせいもあって、頻繁に電池を気にしないといけなかったり、重さで手が疲れるのもあり、別のマウスを検討することに。
    ちなみにキーボードは紗羅が今もワイヤードを使ってるので、そっちのiMacに付属のMagic Keyboard 2を使っています。

    当初はMagic Mouse 2を検討してみて、iMac Pro用のブラックが単体で出ているのを見つけましたがなぜかお値段が普通のモデルより高いので、これは却下。
    そもそも性能に差がないはずなのに高いというのはどうなんでしょうねぇ。
    Mac Proにマウスとキーボードが付属しないのもちょっとおかしいような気もするんですが…。

    そんな愚痴は言っても仕方ありませんので、早々にApple以外の選択肢に目を移し、やっぱりここはLogicoolだろうと。
    当初は折角だからM590の上位モデルを…と調べたのですが、そうなると候補はおおよそこの3つになります。

    MX Anywhere 2S
    M720 Triathlon
    MX Master 2S

    充電式だったり、3台のパソコンでLogicool Flowが使えたり、高精度トラッキングができたりと上位モデルなりの良さもあるのですが、クリック音が大きいという評判もあったりして、結局は全く同じM590をチョイスしてしまいました。

    お値段が安いというのももちろんありますけど、ホイールが静かな点や軽くて使いやすいというを重視しました。
    長時間使った時の負担が少なく、Surface Proはリビングと仕事部屋で行き来させますので、それとの共用も違和感なく行えるというのも選択理由となりました。

    ちなみに多少余談になりますが、M590を導入した辺りから急にApple Watchでログインできなくなってしまい、しばらく困っていました。
    iCloudに入り直すとか、Mac ProやApple Watchを再起動するなど色々試したのですが全く解決せず、Apple Watchを認識はするものの、結局パスワード入力画面が出てしまう状態が続いていました。
    結論から言いますとコレ、USB3.0とBluetoothの干渉が原因でした。
    特にバスパワーのUSB3.0ハブがMac Proに近い位置(マウスとも近い)に置いてあるとダメでして、ケーブルから漏れる電波がBluetoothと干渉してしまうようです。
    RSSIの値を見てみますと、USBハブが近い状態では-55dBm前後になることも多く、Apple Watchでログインできないだけでなく、マウスの動きが飛んだり、キーボードが勝手に文字を入力してしまうチャタリングみたいな現象すら起きることがありました。

    USBハブを外せばRSSIは-40dBmくらいまで改善しますが、それも不便なので現状はディスプレイ左側辺りに位置を調整して誤魔化してあります。
    これならRSSiは-45dBmくらいでなんとか落ち着いて、Apple Watchでもしっかりログインできるようになりました。
    この辺りも含め、外付けHDDはできれば一台くらいはThunderboltのSSDに変えたいなぁとも思ってますが、今はもうUSB-Cが主流なんですよねぇ。
    容量は特に困ってませんので、オーディオ用のアイソレーターみたいなものを試すのも良いかもしれませんが、とりあえずApple Watchでログインできるなら良いかなぁくらいに思ってるところです。

    Filed under: Mac
    2018/05/04 12:00 pm | No Comments
  • 284月

    仕事部屋にMac Proを導入したばかりですが、諸々の事情でリビングにて作業しないといけないケースが昨年から度々ありまして、これまではその都度、場所を確保していました。
    iMacだと気軽に移動させるわけにもいきませんでしたが、Mac Proは意外と小型ですし、NASがデータ保管の主体になりましたから将来的にMac Proを他の部屋に移動させることも想定しつつ、リビングに仕事環境を整備することにしました。

    といってもダイニングのエリアにちょっと間借りする感じでして、基本的にはMacBook ProとSurface Pro(こっちは移動させる可能性大)を並べた程度ですけどね。
    違いといえばMac Proのセッティング過程で以前使っていたBenQの24inchのディスプレイを引っ張り出してきてありましたから、これをAlmighty Dock C1経由HDMIでつなぎまして、クラムシェルモードで運用したくらいです。
    厳密にはMacBook ProのRetinaも使っているのでマルチディスプレイ環境ですね。

    この場合、蓋を閉じたらスリープしてほしかったのですが、どうやら最近のOSではかなり面倒なことをしないとスリープしないようなので、TouchBarにスリープを割り当てて自分でスリープするようにしました。
    MacBook ProのキーボードにEjectがないのでショートカットキーも使えないですからねぇ。
    また、Surface Proも同時に使う可能性が高いので、マウスをMac Proと一時的に入れ替えてLogicool M590にしました。
    Mac Proで使ってるMagic MouseはiMacの付属品ですので、近いうちにLogicoolを追加する予定ですけども。

    仕事環境と言いつつも音楽もちょっと聴きたいなとヘッドフォンも聴けるようにしておきました。
    最初はCHORD MojoとALO audio Rxをつないでみましたが、それだと寝る前の音楽環境がiBasso DX90単体になってちょっと厳しいので中止。
    DAP買い替えも検討したのですけど、なかなか決定打になるようなものもなさそうですし。
    どうせ据え置き用途ですから、DACはALO audio The Keyにして、DigiFiヘッドフォンアンプをつなぐ形で確定です。
    ヘッドフォンも最初は写真のようにSENNHEISER HD598にしていましたが、やっぱり音漏れが気になるので現状はB&W P7にしています。
    ここもDigiFiヘッドホンアンプだとP7もパワフルに駆動してくれて、Rxよりもこちらのほうが相性は良いようです。

    また、MacBook Proの脚がガタつくのに気づいてちょっとビックリしましたが、ガラスパネルを敷いて確認したところガタツキはなくなりましたから、それはどうやらテーブルの問題のようです。
    ダイニングテーブルも昔使っていたものに置き換えようという話は出ていたので、それも近いうちにやってしまおうと思っています。

    この状態で何日か試してみましたが、やっぱり日常的にリビングで作業すると紗羅はリラックスできないようです。
    ですので、あくまでもここはサブ、第2分室という感じで、Mac Proはこれまで通り2階に設定しておくのが良いでしょう。
    それでも気軽に場所を選べるようになりましたし、ちょうどいい片付けの口実になりました。
    他の部屋もまだまだ片付けたいところですが、そこはまぁ徐々にぼちぼちやっていきたいと思っています。

    Filed under: Mac
    2018/04/28 12:00 pm | No Comments
  • 264月

    Mac Pro導入でさすがに以前使っていたBenQのフルHDの液晶ディスプレイというのも悲しいかなと、LGの4K対応ディスプレイ「27UD58-B」を購入しました。

    正直、性能よりもお値段重視で選びましたのでHDR対応でもなく廉価なものです。
    最初はApple Storeの法人窓口でLG UltraFine 4K Displayといっしょに見積もりでも出してもらおうかと思っていたのですが、前回もチラッと書いたように対応がイマイチでして…。
    USB-Cで繋げるのはそれはそれで便利そうですけど、こちらもDisplayPortがあるので大丈夫だろうと。
    ただ付属ケーブルがHDMI1.5とMiniじゃないDisplayPortだったのはちょっと調査不足ではありましたが。

    前回も書いたとおり、Mac ProではHDMI接続は30Hzになってしまい、実質的に使い物にならない感じです。
    Surface Proはまだ試していませんが、あれもDockを使わなければMini DisplayPortなので結局は似たようなものですね。
    ディスプレイ自体はBenQからするとだいぶしっかりした作りのように感じます。
    色合いはやや黄色味を帯びた発色のような印象ですが、それはカラーキャリブレーションでなんとでもなるでしょう。

    今のところはまずディスプレイ側の設定を以下のように多少変更した程度で満足してしまっています。

    明るさ 40
    コントラスト70
    SUPER RESOLUTION+ オフ
    シャープネス 60
    DFC オフ(これは元々オフ)

    あとは保証期間がバックライトも含めて3年というのが長めで良いなと感じたくらいです。
    なおスピーカーは内蔵されておらずヘッドフォン端子は用意されていますが、これを使うことはまずないでしょう。
    Mac Pro自体にもヘッドフォン端子はありますし、USB-DACも接続されていますからね。

    正直、Retinaよりもマルチディスプレイのほうが利便性は上かなぁという気もしますが、省スペースですし、ホットコーナー左下にMission Controlを割り当ててあるのでこれまでもあまり困ったことはありません。
    そのマルチディスプレイに関してはまた別の記事でサブ環境について書いてみようと思います。

    Filed under: Mac
    2018/04/26 12:00 pm | No Comments
  • 254月

    iMacの縦線問題ですが、修理や手持ちの機材のやりくりも考えましたけれども、これを機に単体のデスクトップにしようということで、Mac Proを選びました。

    私にはちょっと分不相応な気もしますが、整備済製品が出ていましたし、仕事用ですから仕方ないかなと。
    それでもクアッドコアで十分じゃないか?と思いましたけども、メモリが12GBでしたし…。
    そんなこんなで、自宅では初の3.5GHz 6コア Intel Xeon E5というハイスペック機になりました。
    会社だと2005年に「HP Workstation xw6200/CT」というのを導入して使っていました。

    SSDなのは良いのですけど256GBはiMacの1TBからするとだいぶ少ないですので、届くまでに慌てて空き容量を確保しておきました。
    基本的には2TBのUSB3.0モバイルHDDに移設する感じで、iTunesライブラリとiPhone等バックアップファイルを移動させるのが最も有効でした。
    将来的には外付けSSDも考えたいですが、そうなるとThunderboltでしょうし、まだまだ大容量のものは高いですねぇ。

    逆にUSB3.0は4ポートでは不足気味ですから、ELECOMのU3H-A411BBKを早速追加発注しました。

    ここにWebカムとプリンタ、カードリーダを接続し、残り1ポートはUSBメモリやLightningケーブルなどを繋げば良いかなと。
    基本的にはUSB2.0で足りるような機器を配置するつもりですので、あえてバスパワーのものにしておきました。
    ディスプレイはひとまずHDMIでつなぎましたが、それだと30Hzのみしか対応していないようで、DisplayPortからMini DisplayPortへの変換ケーブルも調達しました。
    こちらもELECOMのCAC-DPM1215BKで、配置替えを想定してちょっと長めの1.5mにしておきました。

    これでRetina表示も可能になりましたし、iMacの5Kとまではいかないものの、4K表示にできました。
    液晶ディスプレイも追加したわけですが、それはまた別記事でご紹介しようと思います。

    配置はひとまず液晶ディスプレイの裏側に。
    排熱がやや心配でしたが、気になってきたら一段下のLAN機材の段に移しても良いでしょう。
    処理速度は普段使いではそれほど圧倒的とまでは感じませんが、Lightroomの現像やコンパイルなどでは圧倒的な速さです。
    GPUもふんだんに搭載してますし、それらを活用して深層学習なんかにも活用させてみるのも良いかも。

    導入段階ですから深いレビューはもう少し使い込んでからということにして、これまでの私のMac遍歴にも触れておきましょう。
    仕事で使っていたものもありますし、ちょっとだけ使ったものは割愛してますが、大体こんな感じです。

    Macintosh Classic 1990(※)
    iBook G3 500MHz Late 2001 12inch
    Power Mac G4 867MHz QuickSilver 2001(※)
    iMac Late 2006
    MacBook Air Late 2010 11inch(※)
    Mac mini Mid 2011
    Mac mini Late 2014
    iMac 27inch 5K Late 2014
    MacBook Pro Late 2016 TouchBar 13inch
    iMac 27inch 5K 2017
    Mac Pro 2013 Xeon E5 6-Core
    (※はすでに手元にない機種)

    本格的にMacを使い始めたのはMac OS Xになってからなので、2001年以降、デスクトップが7台目、ノートが3台ですね。
    紗羅も途中からMacに移行(学生時代もMacだったらしい)しましたから、私はMac Proが4代目となります。
    機種の年代と購入時期は多少ズレているものもありますが、最初のPMG4が5年くらい、Start MacでAppleにもらったiMacがやっぱり5年くらい(その後、紗羅が使用)、Mac miniも似たような期間使った感じで、iMac 5Kだけが短かった形でしょうか。
    Mac ProはAppleCare+にも加入しましたし、5年以上は活躍してもらいたいなと思っていますが、さてどうなるでしょう。

    Filed under: Mac
    2018/04/25 12:00 pm | 2 Comments