• 174月

    Safari用のFlash抑止プラグイン「Flashless」がマイナーアップデートして
    2.0.3.1になっています。

    私も偶然気がついたんですけど、YouTubeのサイトが更新された影響か、
    動画を見ようとすると、本来、Flashで動画が表示される部分に
    「Go Upgrade!」という表示が出て、FLASH Playerのアップデートを
    するように指示されてしまう症状が起こっていました。

    今回はそのYouTubeの問題のみを解消したみたいです。
    動画を埋込みで再生してくれるのは便利ですけど、サイトの構造に
    依存してるのは、ちょっと不安要素かなぁ。
    アップデートも自動更新じゃないですし。

    ということで、次はやっぱりClickToFlashに移行しようかなぁ。
    まぁ、あちらもSnow Leopard対応版はまだベータ版なんですけどねぇ。
    両方のプラグインをしばらくチェックしていこうかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/04/17 5:32 pm | Flashless 2.0.3.1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.