• 222月

    ちょっと前になりますが、FiiOのイヤホン「FA1J」を入手してみました。

    実際にはあらかじめ狙っていたわけではなく、そういえば2.5mm4極のMMCXケーブルを持ってないなと思って探していたら偶然それも付属する出物を見つけたんですけどね。
    ですので、元々はどちらかというとケーブルの「LC-2.5B」がメインだったような形です。
    本来は外観の黒い下のケーブルが標準装備なのですが、こちらも銀メッキ4芯(もちろん3.5mm3極)なのでケーブルのグレードとしてはあまり変わらないはずですが。

    ただ使ってみるとなかなか良いイヤホンでして、そこはかなり予想外でした。
    1BAですからやはり手持ちの他のイヤホンと比べると帯域が若干ナローに感じる場面もありますが、その中でのダイレクトさとでも言いますか、純度の高さはまさにIEMとしての品位を持っているものです。
    形状も3Dプリンタ出力らしく、この価格帯でこれだけ凝っていて、しかもそれがちゃんと装着感にも結びついているのはなかなかのものだと感じます。

    まずはいつものようにイヤーピースを決めるところから始めました。

    最初はSednaEarfitのMSから試したのですが、元々低域がやや薄めということもあってだいぶ高域寄りのバランスになりました。
    ボーカルはハッとするところもあるのですけど、もうちょっと広がりが出たほうが良いかなという印象もありました。
    いずれにしてもかなり現代的な音のするイヤホンなんだなというのは確認できましたので、次はSpinFitのMサイズにしてみます。

    こちらはかなり良好な組み合わせのようで、低域も不足せず、耳へのフィットも良い感じです。
    よりボーカルは艶やかに近くなるようですが、中高域には若干シリコンっぽい音が乗る傾向が見られます。
    広がりも出るのですけど、ベースなどはもうちょっと量感があっても良いかなぁという部分もあり、だいぶ悩んだ候補のひとつでした。

    SpiralDotはやはりゴムっぽい音が中低域寄りに出てきます。
    どうやらFA1JはわりとダイレクトにBAユニットのサウンドが耳に届いてくるので、イヤーピースの音色が目立ちやすい傾向のようです。
    またステムが短いので、私の耳だと少し奥に入り過ぎる傾向がありました。
    イヤーピースの穴も大きく、FA1Jにはフィルタがないので汚れが入りやすいかなぁというところもあり、こちらは早々に候補から外れました。

    結局はfinal Type Eになったのですが、これはこれでデメリットもあり、低域と高域のバランスは良くなるものの、下はこもりがち、上はやや刺さりがちと良さを引き出すというよりも欠点を目立たせるようなところも感じています。
    低域の質感を穏やかでありつつ厚みを持たせたい場合には良いので、そこは悩みどころです。
    全体のバランスはたしかに整うのですが、このモデルの良さを出していたのはSednaEarfitとSpinFitだったかも。
    SpinFitかfinalかはだいぶ悩んだのですが、他のイヤホンから切り替えた時に違和感がないのはfinalだったので今のところはコレにしています。

    ただ、そういう聴き方ではなく音そのものの質感を感じ取ってみると、他のイヤホンでは聴き取れなかったような微細な音の風合いがふと聴こえてきたりして、驚かされる場面が多々ありました。
    2.5mmでバランス接続した(結果的にアンプ部も違ってくる)というのも功を奏しているのだと思われますが、この純度の高さはなかなか未体験のものがありました。
    特製というKnowlesのBAユニットの完成度もあるのかもしれませんし、耳に良くフィットする形状や強度なども寄与していることでしょう。

    正直、予想外に良くて驚いたわけですが、1BAの良さを最大限活かした部分もありそうで、それが欲張り過ぎずにキレイにまとめてあるとも言えるでしょう。
    多ドラの豪勢なサウンドとはだいぶ方向性が異なりますし、汎用的に鳴るイヤホンでもなさそうですから、「これ一本」というよりはいろんなイヤホンを多用されている方向きかもしれませんね。
    次回は手持ちのいろんなイヤホンと比較してみて、もう少し掘り下げた音質面について書ければと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/02/22 3:00 pm | No Comments
  • 212月

    Adobeの画像編集ソフト「Photoshop」が2/19で誕生30周年を迎えたそうで。

    1990年にまずMacで登場したようですが、私が最初に使ったのはたぶんCanonのフラットベッドスキャナ「IX-4025」(だったと思われます)に付属のものだったかと。
    このスキャナが発売されたのが1995年のようですから、当時はバージョンも4.0くらいだったかな?
    当時、フィルムカメラで撮った写真(印画紙)をスキャンしていたものが、かろうじて何枚か残っています。
    下の写真はタイムスタンプも1995年になっていました。

    当時はPC-H98 Model U90を使ってたと思いますが、それでもかなり重かったので大した画像加工はしてなかったように思います。
    本格的に使い始めたのはNikon D70(2004年発売)を買ってRAW現像を始めた頃ですから、PhotoshopでいうとCSになってからですね。
    仕事で画像周りのことをやり始めたのはもうちょっと前の2000年前後で、そこでもコンボリューションフィルタを試すのに使った記憶がありますが、自前の関数がちゃんと動いているかの確認程度でした。

    それでもPhotoshop 4.0(3.0だったかもしれませんが)の頃に体験した感覚というのはなかなか強烈で、レイヤーも含めてすでに今の姿に近いものが実現されていたように思います。
    その頃も画像処理部分はMATLABと親和性が高かったり、今もNode.jsが使ってあったりと中身はいろんなものを組み合わせてあったように記憶していますが、やはりあのUIで形となっていたのは凄かったですし、今でも追従するものが少ないだけのことはあります。

    あの頃は今のようにCreative Cloudで身近に使えるとは思ってもみませんでしたが、なんだかんだで20年以上使ってきたんだなぁと感慨深いものがあります。
    今はどちらかというとLightroomのほうが出番が多いですけど、おそらくこれからも使い続けていくんだろうなと。
    さらに30年後は人間のほうが使えなくなってそうな気もしますが、50周年くらいは見届けないところです。
    仕事ではぼちぼち3次元での画像処理が主体になってきそうな予感ですし、その頃には3Dでデータを扱えるようになってたりするんでしょうか。
    古い写真からのデータ復元とか、まだまだいろんなニーズを吸収して成長していってほしいと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2020/02/21 2:30 pm | No Comments
  • 182月

    ゼンハイザーからノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホン「HD 450BT」が3/3発売だそうで。

    同時に「HD 350BT」も出ていますが、こちらはそれのノイズキャンセリング機能なしバージョンという位置づけだと思いますが、こちらには「HD4.40BTのブラッシュアップモデル」という記載があります。
    私も以前からちょっと気になっていたモデルでして、これもまだ11,000円前後しますから、その後継とノイズキャンセリング搭載というのもかなり気になる存在となりそうです。
    肝心のHD 450BTも「HD 4.50BTNC」という機種があったようですけどね。

    違いはというところですけれども、Bluetooth 4.0だったのが5.0&Class 1となり、コーデックにaptX LLが追加された形です。
    ヘッドホン本体部分は基本的にそのままのようですが、2時間充電でノイズキャンセリング使用で19時間だったのが30時間とかなり伸びているようです。
    そういう意味では順当な進化ですね。

    ただお値段はやっぱりノイズキャンセリングにコストが掛かるのか、税抜で22,000円前後らしく、12,000円前後を予定しているという「HD 350BT」とはだいぶ値段に開きがあります。
    こういう部分は時代とともに進化していきますから、どうしても必要なら最新のものを投入してすぐにそのメリットを享受するのが良いでしょうし、ヘッドホン部分を主体に考えるならば旧モデルを狙うというのもアリなのかも。
    どちらもワイヤードで使うことも可能なので、古くなったからといって使えなくなるわけではないですし。
    aptX LLの恩恵をうける機材が手持ちにはないというのもありますし…。

    逆に手持ちのヘッドホンを簡単にノイズキャンセリング&ワイヤレス化できるようなBluetoothレシーバーがあったりしても面白そうです。
    FiiO BT3とかEarStudio ES100なども気にはなっていますが、ケーブルがやっぱりどうしてもブラブラしちゃいますから、そこをスマートに取り回すとなればやっぱり一体型になるかなぁ。
    とりあえずはTWSで満足していますし、もうちょっと様子見かなと思いつつ、気にして見ておこうかなと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/02/18 2:30 pm | No Comments
  • 152月

    PRIMAREのフォノアンプ「R35」と「R15」が2/17に発売だそうで。

    同社のフォノイコライザーは結構単売で以前から出ていて、今となってはこの価格帯では貴重な選択肢だなと感じていました。
    もっと安いものはそれなりにありますし、高価な物も結構ありますけどね。
    お値段としてはR35が税抜25万円、R15が18万円ですから、どちらか一方だけ国内投入でも良さそうなところですが、あえて両方あるからこそ、さらに選択肢も広がってありがたいところでしょう。
    R35とR15の違いはXLR出力がない点、負荷抵抗の設定を少なめにした形だとか。
    R35の場合はまさにそこが「売り」でもありますし、今ここを細かく設定できるフォノイコこそ貴重ですから、そういう意味ではR35のほうが良さそうです。

    そんなR35の負荷抵抗ですが、MMでは2.5Ωと47kΩ、MCではなんと10ΩΩ〜47kΩの21段階で設定できるという細かさです。
    ゲインもRCA/XLRで6dBほど差がありますが、3段階、さらにMMのみならずMCの負荷容量まで選べるというのは初めて見たかも。
    負荷容量はMMで100、200、300、400pF、MCが100pFと1nFという選択肢です。
    設定はリアパネルのディップスイッチでやる形ですが、これは信号経路を短くしたいということから来たもののようです。
    ゲインやサブソニックフィルターまで裏でやるところは海外製品らしいなという気がします。

    以前出ていたものはデザインでは分かりにくいですがプリなどと比べると一回り小さかったと思いますが、今回のはW430mmの通常サイズで重さも10.1kgとなかなかしっかりしたものです。
    基板は小さく見えますけど本体サイズがそんな具合ですし、多層両面基板になっているようです。

    一方のR15のほうは筐体もW350mmとコンパクトになっていますから、上記のような機能は要らないと割り切ればお得なのかな。
    基板もR35はスイッチング電源と思われる基板も分離型ですし、やっぱり見た感じではR35のほうがオススメなのかなぁとは思います。
    15シリーズならI15 ANALOGでも良いかなぁと思いますが、あれはMMだけなのでこういうラインナップになっているのでしょうね。

    Filed under: Audio
    2020/02/15 4:30 pm | No Comments
  • 132月

    Oriolusのイヤホン「Finschi」を導入したばかりですが、あまりに気に入ってしまい、ついつい上位モデルの「Forsteni」をゲットしてしまいました。

    Finschiは1BAとダイナミックドライバーという構成でしたが、こちらはBAが2つになっています。
    見た目はわりと似ている感じですが、ケーブルがPWAUDIO The No.5 JP ver.になっているのがいちばん目立った違いでしょう。

    布袋が印象的でもありますが、それ以上に音傾向がだいぶ異なるなというのが第一印象でした。
    2BAになってもダイナミックドライバー搭載なので低域は量感は別にして同程度かと思いきや、30Hzくらいからかなり落ちていくようなチューニングのようです。
    そして2BAになったからというわけでもないでしょうが、中高域はかなり刺さりやすい傾向なので、まずはイヤーピース選びから迷いました。

    イヤーピースはひとまず二段きのこから始めました。
    基本的に純正と相性が良い傾向はFinschiと同様です。
    遮音性も上がるので、繊細な描写もしっかり聴き取れるところも最初に選んだポイントではありました。
    ボーカルが近くて濃密でして、これがまさにForsteniのいちばんの魅力とも言える点かと。
    かなり思い切ってリスニング寄りに振ったバランスで、ボーカル帯域を中心に、埋もれてしまいそうな細やかな描写を引き立たせてきます。
    もう少し低域が伸びても良いかなと感じますけれど、その特色を引き立たせるため、あえてそこを抑えてあるのかもしれません。
    良質なブックシェルフのようなバランス感覚です。
    その上で広がりや装着感などを総合的に考慮して、現在はまさに標準のイヤーピースに戻してあります。

    ただ環境によって表情をガラッと変えてくるのもまたForsteniの特徴でして、AK300単独だと1BAのような雰囲気だったり、ある時にはPiano Forteを彷彿とさせるような響きを感じたりといった具合です。
    とりわけHiFi-M8との相性がとても良くて、これで鳴らすと別人のような鳴りっぷりになります。
    また、HiFi-M8はゲインや出力インピーダンス等を調整可能ですが、この出力インピーダンスをやや高めに設定したほうがバランスが良い傾向を感じました。
    最近のDAPだと1Ωくらいとか低めのものが多いはずですので、むしろ据え置きくらいに高めのほうがバランスが良いかもしれません。

    女性ボーカルがお得意な傾向はやっぱり強いですけれど、アンプがHiFi-M8ならレンジも質感も不満がないどころか、とてもリラックスして楽しめるものになります。
    聴いているほどに、こんな音が入ってたんだ!という発見があるという点でもやはりハイエンド感のあるイヤホンと言えそうです。
    Forsteniをしばらく聴いた後でTWSなど別のイヤホンを聴くと、ただ音が流れてくるだけに感じるケースもあって、Forsteniは心に訴えるものが濃厚(濃い音という意味ではなく)なイヤホンなのかなと感じた次第です。

    Finschiとも比較してみましたが、正直こちらのほうがオールマイティなところはあるかもしれません。
    ただ、それだけに(Oriolusにしては)凡庸なサウンドでもあるでしょう。
    Forsteniのボーカルの近さと生々しさを味わうと物足りなく感じる部分もありますが、コストパフォーマンスを考えたら恐ろしく素晴らしいものですし、低域もガッシリしているのでジャンルを選びません。
    外に持って歩くなら迷わずこちらを常用すると思います。

    あとはケーブルの差がどれくらいあるのか…などを交換して試してみると良いのでしょうが、今回はここまでといったところです。
    Forsteniは予想より多少(かなり?)クセはあるようですけれど、それが気にならず音楽に引き込まれるところが不思議な魅力です。
    それぞれの楽器が瑞々しく引き立っているので、旋律の妙や音色にゆったりとした時を過ごせる気がします。
    双方とももう少し使い込んでみて、また比較や音質面ついては掘り下げて書きたいなと思っているところです。

    Filed under: Audio
    2020/02/13 2:30 pm | No Comments
  • 022月

    先日お試しで入手してみたAMETEKの電源コンディショナーが思った以上に効果的だったので、普通のアイソレーショントランスも気になり、東亜電子の「CMF1-500」をゲットしてみました。

    先日のも医療機器用でしたが、今回のも医療機器向けのものでオーディオ用ではありません。
    電圧変動を抑えるようなことが書かれていたので多少なにか付加的な回路があるのかなぁと思いましたが、あっさりとトランスのみという構成でした。

    今回のもやや出力電圧は上がる傾向で、無負荷ではありますが105.8V(入力側102V)となっています。
    電源ケーブルを変更可能なのがちょっとオーディオ的に弄れそうな要素でしょうか。

    とりあえずお試しでAMETEKを撤去する前に、まずはプリアンプだけ東亜電子につないで試してみました。
    力強さは出た気がしますが、そこを求めるならむしろ電源タップ直接のほうが良いのでは?という第一印象で正直あまり芳しくありませんでした。
    ただ、DP-77とC-280Lは何度も修理に出した原因が電圧変動にある可能性もあるので、できればそこはいずれかのアイソレーショントランスを通したいなという計画で、まずは一旦、AMETEKを撤去して色々聴いてみることに。

    最初は金属製のカバーが付いていますが4口ほどあるので、プリと入力系を接続することにしました。
    アイソレーショントランス自体の唸りはAMETEKよりはだいぶ小さいですが、ゼロというわけではありません。
    音はやっぱりゴチャッとしてしまい、壁コンセントから電源タップまでの対策が全て無になってしまったような感覚です。
    これでは入れないほうが良い…としか言いようがないですね。

    AMETEKも実は同様なのかなぁと迷いつつ、一旦、AMETEKをネットワーク機器に割り当てるのを試してみました。
    Soundgenic用アナログ電源とネットワークハブ2台、汎用NASのACアダプタをつないだ形です。
    本来はパソコン本体こそアイソレーションしたほうが良さそうなのですが、Mac Proだと電力面でやや不安があります。
    一番関与が深いHP-A8(USB経由でSoundgenicと接続)はガサツな感じが減って滑らかになりました。

    ただこの状態でプリやDP-77を電源タップに戻してみると、力強さはたしかに良いのですが、AMETEK導入時のクリアさも捨てがたいものがありました。
    そこで東亜電子のほうをネットワーク機材側に、AMETEKをオーディオの入力系に使う形で当面は様子見することに。

    戻してみますと、こちらのほうがやはり臨場感の再現性が高いように感じられます。
    またこの機会にDP-77にabsolute POWER CORDを割り当ててみたところ、穏やかながらドッシリとした厚みとエネルギー感が高まりました。
    MDユニットは上流側に使うと効果が出やすいとは聞いていたのですが、以前はやはりアンプのほうが効果が目立ったんですよね。
    そこはDP-77を修理に出して何かしらの不具合が解消した影響もあるのかもしれません。

    電源ケーブルやAMETEKにどこまで機材を割り振るかはまだ微調整が必要ですし、東亜電子もパソコン系でもっとノイズをばら撒いていそうな機材に割り振るべきかは悩みどころですが、ともかくアイソレーショントランス自体の配置は決まった感じです。
    ぶっちゃけ、ただのアイソレーショントランスのみだと高周波ノイズへの対策も弱く、オーディオへの対策には大きな効果は期待できないのかなぁという印象がありました。
    逆に言えば、AMETEKはスナバ回路の部分が功を奏しているのでしょうし、それでも功罪相半ばする部分はあるのかなと再認識した次第でもありました。

    Filed under: Audio
    2020/02/02 3:00 pm | No Comments