• 263月

    導入したばかりのbeyerdynamicのヘッドホン「DT 1770 PRO」ですが、リケーブルできるとなるとやっぱりしたくなる性分でして。
    ACOUSTIC REVIVEのヘッドホンケーブル「RHC-2.5AK-TripleC-FM」を導入してみました。

    現時点では適合機種にベイヤーダイナミックの2機種(DT1770PROとDT1990PRO)が追加されていますが、購入時点では表記がなかったので一応問い合わせました。
    しかし、ピンアサインが断定できないということで、付属ケーブルをテスターで調べれば製品と同じかどうか確認してくれるとのことでした。
    ただネット上でbeyerdynamicのプロダクトマネージャーさんに質問してAKGと同一のピンアサイン、しかもコネクタもミニXLR(3極)で形状も標準的なものという回答をもらっている方をお見かけしたので、思い切ってお店に注文してしまいました。
    一応、テスターでもAKGの情報と同じ(1番:コールド,2番:右ch,3番:左ch)というのは確認しておきましたけどね。

    結果としてはバッチリ装着されまして、左右ももちろん問題なしです。
    音出し確認はLUXMAN P-1から始めましたが、まず音量がちょっと取れるようになった印象があります。
    そしてなによりバリバリにキレがありますね。
    この体験はSENNHEISER HD600をリケーブルした時にも感じたものです。
    SENNHEISERの場合はケーブルで音を作っている傾向が多少あるので、音色自体も多少変化がありましたが、beyerdynamicの純正ケーブルはなかなか良質なものですので、音傾向自体はあまり変わらず、そのままグレードアップするような形です。

    SENNHEISERの場合はヘッドホン側は両出しでジャックぎりぎりまでコールド分離なので2本のケーブルとなっていますが、今回のはヘッドホン側は片出し3極ですからケーブルも1本でシンプルな取り回しです。
    それでもテフロンシールドはやや硬いですけれども、純正(上の写真左上側)と比べてもさほど太くならず、取り回しはかなり良いほうだと思います。

    むしろ6.3mm標準ジャックなのが気になる方もいらっしゃるでしょう。
    ただ新しいシリーズはファインメットを搭載していますので、その格納スペースの都合からも3.5mmミニジャックでは難しいとのことでした。
    実際、3.5mmと6.3mmを双方装備したHiFi-M8で聴き比べても6.3mmのほうがセパレーションの点でも優位に感じたので、個人的にはファインメット装備のほうを優先すべきかなと。

    さて肝心の音質ですが、細かい音も濁らず、楽曲から次々と溢れるように出てきます。
    DT770PROと比べた場合にややウォームな雰囲気がありましたが、そこはもうちょっとガツンと来るタイプになったかもしれません。
    ただ、いつものようにヘッドホンのグレードが2段階くらい上がったかのような印象で、ここまで違うものかと毎回驚かされます。

    LUXMAN P-1の後はCEntrance HiFi-M8で聴いてみましたが、傾向としてはLUXMAN P-1のほうが伸びしろが大きいです。
    HiFi-M8では特にUSB接続時にアンプの雑味が見え隠れするところがあります。
    逆に言えば、それだけ恐ろしいほど能力アップしているということでもあるのでしょう。
    HiFi-M8側のUSBケーブルがACOUSTIC REVIVE製ではなく、LUXMAN P-1手前のHD-7Aに使っているからという違いも効いていそうですね。

    ガツンと来るようになったというと、良く言われる「刺さる」感じになったように思われてしまうかもしれませんが、そんなことは一切なく、むしろ耳への刺激が全くなくなっています。
    高域が減ったわけではなく、ガサついた感じが減ったからでしょう。
    ボーカルの質感がとても細やかに分かるようになりましたし、それぞれのパートがまるで静まり返ったスタジオやホールの静寂の中に浮かぶかのようで、そこに惹かれる人はきっと多いのではないかと思います。

    いつもながら、ユニットの良さを素直に引き出してくれていて、いつまでも聴いていたくなる、そんな感じのサウンドになりました。
    粗が目立つようなこともないのはファインメットによるノイズ除去の効果もあるのでしょう。
    モニターを超越したところにある純度の高いサウンド体験を提供してくれていて、他のイヤホンやヘッドホンを使う頻度が減ってしまったほどです。

    6.3mm標準ジャックの問題も変換プラグでDAP使いも大きな問題はないですが、なかなか良質な変換プラグがないというのはあるかもしれません。
    先日プレゼントキャンペーンをやっていたFNS-PHONEでも3.5mmの要望を見かけましたが、ファインメット以外にも色々装備したノイズサプレッサーでは実現しづらいでしょうねぇ。
    Webサイトを拝見すると「XLR~PHONE変換アダプター CP-10PT」というのはあるので、オスとメスのプラグの間にケーブルを介したタイプがあれば良いかもしれないなと思った次第です。

    Filed under: Audio
    2019/03/26 12:00 pm | No Comments
  • 223月

    beyerdynamicのヘッドホン「DT 770 PRO」が返品となったので、「DT 1770 PRO」を入手してみました。

    厳密には返品が決まる前にすでに注文しちゃってたんですけどね。
    元々、この辺りのモデルは店頭で試聴したこともあって、非常に良さそうなのだけれど当時の環境ではとても鳴らせてない感じだったのですが、今回ので今の据え置きならやっぱり良い感じで鳴るなと。
    DT 770 PROであれほどならば、さぞやDT1770PROはスゴいだろうと聴いてみたくなりましたし、巷の評判も良くて同じ250Ωでも感度がちょっと高いので少し鳴らしやすいともありましたので。

    そうは言ってもまずはLUXMAN P-1で聴いてみます。
    DT770 PROとは結構方向性は異なるというのも見かけていましたが、たしかにもう少しオーソドックスな音のまとめ方で、DT770PROほど硬派なモニターではないかも。
    ただし品位はさらにグッと高いもので、オールマイティに使えそうです。

    密閉型にしては音場も広いのはDT770でも感じられましたが、さらに精度高く空間的な精度も上がっているように思います。
    これだけ聴いていると、まるで開放型のように感じるほどで、ベロアを使っているからというのもあるでしょうし、音漏れもやっぱりそこそこありますけどね。
    また、DT770 PROは高域のキツさもあったが、それがなく極めて穏やかです。
    低域も深いですが、ガチガチの硬さを伴う方向ではなく、包容力のあるサウンドに仕上がっています。

    単純に楽器の音色だけを聴き分けるようなシーンでは、意外とDT770PROのほうが純度高く、聞き分けやすい印象はあります。
    ただ、DT1770PROのほうは単純に直接音を際立たせる形ではなく、演奏時の空間やアンビエンスなども含めて音の数が増えているから、そう感じるのではないかとも思います。
    そういう意味でも楽器ごとのブース内でのモニター的ではなく、総合的な性能を高めた印象を受けました。

    前回の返品の原因となった低域のビビリはお店側でも特別にチェックして出荷してくれましたが、こちらでもスイープでチェックして問題ありませんでした。
    スイープは20Hz以下などの可聴帯域外も入っていますが、そちらでもOKでした。
    40Hz以下くらいからはまるで地面が揺れるように感じるのですけども、それがDT1770PROではより明瞭(?)に感じる雰囲気で、しかも圧迫感がなく歪みの少なさを体感できます。

    自宅録音したものもチェックがてら何度か聴いてみましたが、まさにそのままという感じで、他のヘッドホンのようなクセが少なくニュートラルで、むしろヘッドホンアンプのほうのクセが目立つくらいです。

    アンプはCEntrance HiFi-M8のほうに移行して聴いていきます。
    いつもは3.5mmを使うことが多いんですが、今回は6.3mmで聴いてみました。
    まず感じたのはセパレーションが6.3mmのほうが良いなぁと。
    このアンプはIRISでバランス接続にも対応していますけど、DT1770PROはヘッドホン側もミニXLR3pinですから、バランス接続は改造なしにはできません。

    ただ、実際にはそれだけで決まるものでもなく、やはりプラグやケーブル、そしてユニットそのものの精度なども含めて聴感上のセパレーションの印象は変わってくるように感じた次第です。
    駆動力も音色もHiFi-M8がいちばん活き活きしているのは、DT770PROと同様のようです。
    弦楽器のキレが非常に良く、それでいてキツさが全く顔を出さない点は、やはりちょっと格上さを感じますけれども。
    それにしても、このアンプは本当に使い勝手が良く、ハイインピーダンスなら残留ノイズも少ないので楽器の分離も非常に素晴らしいものです。
    一応はポータブルでもありますし、このアンプがあったからこそ導入したとも言えるかもしれません。

    どうやら鍵はアンプなのは770と共通しているようで、手持ちのポータブル機器ではやや限界も感じたというのが正直な感想です。
    DAPも含めて一体設計ではやはりノイズ対策に限界があるのかもしれないし、電源も弱いのかもしれません。
    PLENUE Sではボリュームでいうと80くらいあれば十分な音量で鳴りますが、低域がやっぱりちょっと物足りない感じです。
    鳴らないわけではないですし、量感も不足してはいないはずなのですが、どうしても薄い印象で上品にまとまり過ぎています。
    それでも音の風合い、細やかな表現が出てくるのは素晴らしいもので、これだけしか知らなければ十分過ぎるものではあります。

    AK380 AMPならパワーは十分か?と思いきや、こちらは音色にやや装飾気味な部分があるのが分かってしまいます。
    微妙なケレン味みたいなものを感じてしまいますし、ごくわずかに鮮度が下がる感覚もあるのは3.5mmプラグがいまひとつ(個体差もあるでしょうが)なのかも。
    低音はPLENUE Sより出てはいるのだが、フワッとしていて、全般にややダンピングが下がり気味に感じられました。

    まだエージングも十分ではないですし、ポータブルアンプ(それこそ最後はHiFi-M8も使える)などで色々試していく予定です。
    ただここにたどり着くまでにちょっとポータブル機材絡みでトラブルも多かったですし、その辺りも含めてそろそろ一段落かなとは思っているところです。
    そう言いながらDT770PROからコレに替えたことで生じたアップグレードポイントに関しては、ちょっと手を入れてみるつもりではありますし、今後も何度か取り上げてみたいと思っています。

    Filed under: Audio
    2019/03/22 12:00 pm | No Comments
  • 213月

    iPad miniだけでなくiPad Airが出たりと、新製品祭りなAppleですが、予想外にiMacまで新しく登場しました。

    出た時点ではCPU以外に何が変わったのか良く分かりませんでしたが、ここの比較が概ね分かりやすそうです。
    結局はCPUとGPUが新しくなって、ディスプレイも特に27inchで良くなったのかな?

    うちはlate 2014と2017なので、それからするとたしかにだいぶ速くなっていそうです。
    ただ記憶媒体は21.5inchだと竹・梅モデルではFusion DriveでもないHDD、27inchのほうはさすがにFusion Driveだけど1TBが標準なんですね。
    メモリの8GBも含め、カスタマイズすればどうにでもなるわけですが、やっぱり標準装備がソフトウェア側の動作環境としては重要となりますからね。

    私自身はlate 2014からMac Proに移行してメモリも64GBに、紗羅の2017も標準の8GBから16GBにしましたが、意外とそっちのほうがCPUより効果が高いケースも多いように思います。
    もちろん用途にもよるわけですけれども。

    CPUは27inchは第9世代になっていて、これでIntelのMeltdown対策ができているみたいです。
    この対策はソフトウェアやMac側でもある程度対策はできるものの、性能が落ちる傾向にあるらしいですから、そういう意味では27インチのチョイスが良さそうです。
    お値段も据え置きのようですし、2014前後のiMacをお使いなら買い替えの時期かもしれませんし、旧モデルを安く探すのも良いかも。
    逆に売り時を逃した、ウチのlate 2014はもう売らずに使い潰してしまおうかなぁという感じです。

    Filed under: Mac
    2019/03/21 12:00 pm | No Comments
  • 203月

    Shureが主体となって、中国の偽造品の工場に強制捜査が昨年の10月に実施されたそうで。

    この段階での発表はなんとなく米中摩擦といった大きな力も関係してそうな気がしますが、ここではあくまでオーディオマニアとしての観点で取り上げてみます。
    ちょっと驚いたのは同じ工場でShureだけでなく、ゼンハイザー、ヤマハ、ハーマンなど、いろんなメーカーの製品が作られていたというところでしょう。
    偽造品というと真っ先にイヤホン、ヘッドホンが浮かびますが、今回の工場はワイヤレスマイクロホン、受信機、コンソール、アンプ、プロセッサーなど、どちらかというと業務用機器の偽造品が主体だった模様です。
    逆にそういう製品のニセモノでも市場があるというのが恐ろしいところですね。

    押収された偽造品の写真もいくつか載っていましたが、昔のようなあからさまなパチモンではないのが怖いです。
    イヤホン、ヘッドホンなどでも見分けが付かないようなものがたくさん出ていて、知財だけの問題でもなさそうで根深い印象はあります。
    B&Wなどを輸入しているディーアンドエムホールディングスでも、ほぼすべてのブランドに模造品(コピー品)の注意書きがあって驚いてしまいます。

    一方で強制捜査で取り締まるのは大切なものの、知らずに買ってしまったユーザーへのフォローは意外と冷徹な印象も受けます。
    基本的には「正規小売店からご購入ください」という見解のみで、対策が遅れているように思えます。
    「低品質のコピー商品」としながら「外観のみでの真贋判定が困難」と言ってみたり、「そのサウンドはまったく異なる」としたりで真贋判定もやってくれないところがほとんどです。
    ちなみにCardasは有料ながらアメリカ本社に製品を送ると判定してギャランティーを再発行してくれるとのことでしたし、ご厚意の範囲ではありますが疑わしい、とか、たぶん大丈夫みたいなお返事ももらえる場合がありました。

    他にもケーブル、とりわけアメリカのブランドのものはニセモノだらけ、という現状があります。
    こちらは本物に近い偽造品だけではなく、単にブランドだけ名乗った偽ブランド品も多いようで、「そんな製品ないでしょ」というようなものも良く見かけます。
    それをまたオークションなどで知りながら落札していたり、ひどいケースではオーディオショップやリサイクルショップが中古として売っていたりするのも嘆かわしい限りです。
    その昔、上海問屋が売っていた時は指摘してもらうようお願いしたことがありましたし、私だけではないと思いますが、その後は回収騒ぎまで発展しました。

    今回のことをキッカケに偽造品自体が減ることにも期待したいですが、同様に各社、積極的に偽造対策や救援策も講じてほしいと思います。
    偽造対策はICチップやRFIDなど使う手もあるでしょうけど、結局はイタチごっこでしょうし、偽造品回収プログラム(正規品の割引クーポンを出すとか)みたいなやり方のほうが私は効果的なのかなと思いますけどね。

    Filed under: Audio
    2019/03/20 12:00 pm | No Comments
  • 193月

    いつも愛用しているレコードクリーニング剤「OYAGシリーズ」がヨドバシ・ドット・コムで取り扱い開始されているのを見つけました。

    取り扱いが始まっているのは以下の3つのアイテムです。

    レコードクリーニング液/500cc
    レコードクリーニング液/200cc
    レコードクリーニングクロス/20枚入

    なによりヨドバシで注文できるようになれば送料無料でもありますし、地方民にとってはかなりありがたいことです。
    これを書いている時点では「取り寄せ」となっていますが、翌日には入荷予定となっていますし、秋葉原では店頭に置いてある(?)との未確認情報も入ってきています。

    先日も久しぶりにレコードクリーニングしましたが、私が現状使っているのは2リットルのお徳用ですけど、最近はレコードをあまり追加できていないですし、これだとそのまま使えず別のボトルに移す手間もあるので、500ccくらいのほうが使いやすいかもですね。
    他のものを使っている方はまずお試しに200ccから使ってみるというのも良いでしょう。(なにせ送料無料ですし。

    ちなみに今の残りはこんな具合なので、まだもうしばらくありそうかなぁ。
    どうしても大きいサイズじゃないと!という方には、現状ならまだヤフオクとヤフーショッピング、Amazon(マケプレ)で2000ccの取り扱いがあるようです。
    そっちだと送料はかかりますから、私はなくなってからヨドバシかなと思ってるところです。

    Filed under: Audio
    2019/03/19 12:00 pm | No Comments
  • 183月

    TechDASから上位モデルのターンテーブル「Air Force ZERO」が正式発表されました。

    すでに話題になっているのはなんといってもその価格からでしょう。
    そもそもAir Force One Premiumもアッパープラッターがチタンのは1100万円でしたが、4000万円というのはインパクトがあったんでしょうね。
    個人的には業務用機器や産業機械の価格イメージもあるので、それより台数が見込めそうもないですし、「ボッタクリ」感はありません。
    ただ、Air Force One Premiumでも「ご注文時に販売価格の50%を予約金として申し受けます」という条件付きだったので、今回もおそらくそんな感じになるのでしょうが、そこはちょっとカッコ悪いかなとは感じますね。
    そういうスタイルでやるなら、クラウドファンディングでもやれば良かったのに…と思ってしまいます。

    なお生産台数は50台が上限だそうで、理由はすでに入手困難なPapst社製の3相12極シンクロナスACモーターを使っているから、とのこと。
    保守用にも残すでしょうから、実際はさらに少なく、その後のメンテナンスも怖いですね。
    ちなみにモーター自体もエアーベアリング方式となっているようです。
    もちろんモーターを駆動するアンプ部が三相それぞれに強力なものが用意されているみたいなので、そこでの進化はありそうです。
    正直、DDでもベルトでも駆動アンプによる違いというのは相当に比重が高いように思いますし。

    ターンテーブルは総重量が350kg、プラッターが120kgだそうで、重厚長大の極致といったスタイルを貫いています。
    異種金属の組み合わせになっていて「第一層は40mm厚の鍛造ステンレス(重さ34kg)、以後第二層が31mm厚の鍛造ステンレス(重さ20kg)、第三層が31mm厚の鍛造砲金(重さ20kg)、第四層が31mm厚の鍛造ステンレス(重さ20kg)、第五層が30mm厚の鍛造タングステン(重さ26kg)」とのこと。

    コレ自体は他のメーカーでもぜひ近い構造にしてほしいくらいですが、厚さ163mmというのは高さ方向に厚すぎる感はありますね。
    慣性モーメントからすれば外周に重さがあったほうが有利なわけで、暑ければシャフトにも負荷が掛かりやすいし、偏心もしやすいと思うのです。
    基本はマイクロ精機の路線そのままなのでしょうが、以前のモデルを聴いてみても正直アレ?こんなんだっけ?という印象が拭えなかったんですよね…。
    おそらく試聴会では調整が追い込めてなかったのだと思いたいところですが。

    全体は当然のようにエアーベアリング、エアーサスペンション、そしてエアーバキュームによるディスク吸着となっています。
    これも理屈では素晴らしいのですが、空気の脈動をうまく吸収したり、ポンプ自体の性能(静粛性も含め)が重要だと感じていて、重くなればなるほど要求性能も高くなってしまうのだと思います。
    「プラッターを浮かせつつ、ディスクを真空吸着するなんて不可能だ」みたいな文面も記事で見かけましたが、それはもう昔からマイクロ精機でやっていたことで、それを今さらのようにセールストークにするのはちょっと違うのかなぁと個人的には感じました。
    SAECのアームもそうですけど、ミッシングテクノロジーを再興するだけでも大変な偉業だとは思うのですが、今は今なりのアプローチももうちょっと盛り込んでほしいですし、実際はそれも入っているはずですから、そういう部分もアピールしてほしいです。

    また、せっかくこれだけ「レコードの製造過程であるカッティングの状態を再現することこそレコード再生の究極」を実現したのですから、ぜひその技術を活かしてカッティングマシン自体も現代に蘇らせて欲しいところです。
    これだけの超弩級ターンテーブルで究極を実現したのなら、いつまでもノイマンでは、ターンテーブルのほうが超越して、そちらのほうがボトルネックになってしまうはずですからね。

    ちょっと嫌味っぽい取り上げ方になっていますが、個人的には高いからダメとか、物量投入主義が古臭いとは思っていません。
    あとはそこで研鑽した技術をレコードという文化そのものに還元したり、実際に素晴らしいサウンドを楽しませてくれることに期待しています。

    Filed under: Audio
    2019/03/18 12:00 pm | No Comments