• 254月

    FURUTECHからケーブルインシュレーター「NCF Booster Signal」のニューモデル「NCF Booster Signal-L」が4/27に発売になるそうで。

    私もNCF Booster Signalは使っていますが、本来の信号系ではなく、壁コンセントの部分になっていて、その理由のひとつが高さが中途半端という点です。
    エクストラシャフトバーが2本付属していますし、別売りもされていてお値段もバーは意外に安いのですが、ニッケルメッキ真鍮ということもあってか、その響きがちょっと載ってしまう部分があります。
    また低いほうは一番低い位置にして44mmですから、機材の端子位置によっては使えないケースがかなり多い印象でした。
    ウッドキャビネットやアンダーボードがあればなんとかなる…という感じでしょうか。

    そこで今回のSignal-Lでは土台の部分を極力薄く仕上げることで、22mmまで下げたようです。
    ただほとんどバーを支える板という風合いですので、Signalのほうにはなかった「特殊PU滑り止め透明マット4枚」が追加されているみたいです。
    もちろん低くなった分、延長時の高さはむしろ低くなり、142mmだったのが81.4mmとなっています。

    上部にNCFを使った構造自体は同じなので、基本的な「効き目」は同等ではあるはずですが、できればNCFの使用比率を多くしたり、シャフトバーに制振加工をしてほしかったかな。
    Shaft Bar Adjusterというのも出ていますし、これを入れれば多少は制振できそうな気もしますが。

    ただSignal-Lはお値段も14,800円(税抜)だそうですから、実売でもまだ2万円に近いNCF Booster-Signalよりだいぶ手を出しやすいお値段にはなったでしょう。
    シャフトが短いほうが金属的な響きも乗りにくいはずですし、高ささえ合えば使いやすい製品になっているかもしれません。

    Filed under: Audio
    2019/04/25 12:00 pm | No Comments
  • 244月

    人体アースで除電するオーディオ専用ブラシ「SK-III RHODIUM」がナガオカから発売になったようで。

    アレ?と思った方はオーディオマニア、化粧品と思った人は普通の人ですね。
    そう、このブラシ、以前はユキムからSFCブランドで発売されていたもので、その後販売しているお店が消えていき、「ASB-1」というブラシに変わってしまったものです。
    ASB-1のほうは三菱ケミカルが開発した芯鞘複合導電アクリル繊維だそうで、以前のは表面の導電物質が剥離することがあるなど、自社でこれまで売っておきながらなかなか辛辣な比較をしていて、大人の事情を感じたものです。
    また、ASB-1はあまりブラシとは縁がなさそうな光城精工の協力を得て製造されているとのこと。

    対するSK-3のほうはサンダーロンを使ったもので、日本蚕毛染色が実質的に製造しているのだと思われます。
    この製品についてはまだナガオカのWebサイトには情報がないようですが、天然毛(黒山羊の髭)と人口毛を組み合わせた構造や手が触れる部分にロジウムメッキしている点などは以前のものと同じようです。

    ちなみにSFCの箱は私も使っていますけども、ブラシはロジウムメッキは特に不要に思えたので、クレオスの模型用ブラシ「MB-20」を使っています。

    こっちはヨドバシなどいろんなところで買えますが、なぜか値段にかなり幅があったり、購入個数が制限されていたりとどうも色々訳ありっぽさが強いようです。
    効果自体は高いですし、なにより使いやすいので、あまり妙なところでもめずに今度はナガオカ取り扱いでうまくやってくれたら良いなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/24 12:00 pm | No Comments
  • 234月

    iFi AudioのUSBノイズフィルタ「iPurifier2」をお試しで導入してみました。

    DACのUSB端子に直接接続するタイプのノイズフィルタで、一応はFOSTEXのHP-A8で使ってみようかなという目論見でした。
    リビングに置いてSurface Proでつなぐようにしているのですが、実際は気軽にDAPを光ファイバーケーブルでつないで使うことが多いのはUSBに不満があるからじゃないかなぁというのもありました。
    本来ならここにACOUSTIC REVIVEのUSBケーブルを入れれば良いのですけども、そっちはHD-7AとLUXMAN P-1のほうで使っていますし、
    狙ってたのが売れちゃったというのもありますけどね。

    まずはHP-A8にUSBケーブル直結で再確認してみます。
    細かいところはしっかり出ていますが、小さくキーンという感じのノイズはあります。
    ジュルジュルとかザーッという系統はないのでかなり良好なほうだと思いますが、出音としてはややおとなしい印象で平面的なところも少し感じられます。
    ボーカルはやや硬めで、ギターの弦を弾く音もややキツめの付帯音があるのは中高域に雑味があるからではないかと推測されます。

    そこにiPurifier2を追加してみますが、結果としては中高域の質感はあまり変わらないようです。
    多少、柔らかさは出た気はしますが、どことなく霞みがかった感があり、雰囲気としては光で繋いだ時のような感覚です。
    だからこそアイソレーションはされているのだとは思いますが、光接続も含めて鈍っているように感じられる部分があります。
    もちろん悪いところばかりではなく、楽器の分離はやや改善していますし、背景に埋もれがちな部分は引き出されてくるのでS/N向上はあるのでしょう。
    広がりも出ていますが、決定的な問題点が非常に低い部分の低域が減退してしまう点です。
    普通の低域は締まりが出て深さがあるのですけど、30Hz以下くらいで押し出しが弱まってしまっています。
    そのわりにはギターの硬さは残っていますし、残念ながらHP-A8では不要との結論になりました。

    そこで次はHD-7Aに移動してみます。
    ここはHD-7Aの問題だと思うのですが、ヘッドホンによってはかなりジュルジュルノイズが入ることがあり、電源環境が良くないのだと思われます。
    そこでiPurifier2を取り付けると、確実にその手のノイズは減りました。
    サーッというホワイトノイズはそこまで減っていないが、ハム系のノイズはかなり減っているようです。

    高域のキツさもかなり緩和されていますし、電源投入からしばらくすると音の粒立ちも良くなっていて、こちらの環境ではプラスしかない感覚です。
    HD-7AのUSB部分はお世辞にも良いとは思っていなくて、以前は別途X-DDCを使っていたくらいですから、USB-DDC部がちょっと古い設計だったりすると効果が高いのかもしれません。
    こちらでも低域の沈み込みがちょっと弱まったような感はないとは言えませんが、ノイズがあるよりはマシですからね。
    ノイズが減ったことで、音源や空気録音したものをモニターする場合にも空気感の部分が良く聞き取れるようになったように思います。

    さらにリビングのiMacで使っているHiFi-M8でも試してみました。
    元々はポータブルなのでコレも光で使うことが多いんですけどね。
    まずは取り付けずに聴いてみると、他のヘッドホン環境と比べてしまうとさすがにややセパレーションが悪い印象です。
    パワフルではあるのでゴツっとした質感で勢いはあるのですが、繊細さに欠けるところも元々あります。

    そこまで確認しておいてiPurifier2を取り付けてみました。
    ハイハットが先鋭になって、セパレーションも良くなりましたし、だいぶスッキリ系の傾向になったのは歪みが減ったからそう感じるのかもしれません。
    スピードがゆったりしたような感覚もあるので、改善されているのが体感できています。

    やはりノイズが多いかどうかで、一定量より多い場合にはあったほうが良い形になるように感じられます。
    DAC側で対策されている場合にはむしろ力感が落ちる部分が気になってしまうようで、確実に良くなるというのとは違うかも。
    また、HP-A8の場合は内蔵クロックで打ち直されているからかもしれないなとは感じました。

    また、パソコンに負荷が掛かった場合にも揺れや不安定さが出にくいというのもあり、他の作業と併用で同じパソコンを使うようなケースでは効果を感じやすいかもしれません。
    なお、接続して少し待たないと本領を発揮しない傾向が感じられますが、iPurifier2自体が発熱するといったことはないようです。

    コレにコストを掛けるべきか、それとも素直に良質なUSBケーブルを使うべきか、と言われれば、私はどうも後者のような印象でした。
    むしろ、USBケーブルの取り回しも大切だというのを再認識しました。
    ACOUSTIC REVIVEを使っている環境はネットワーク周りも複雑に入り組んでいたのですが、HDDなども含めて他のケーブルやACアダプタの近くを通さないようにするだけでずいぶんノイズも音も改善しました。
    その辺りも含め、最終的にはHD-7Aで使う形になっています。
    現行モデルではないのでさらに改良されている可能性もあると思いますが、周辺機材の関係で改善のための対処が難しいケースでは有効と言えるかな?といった感触でした。

    Filed under: Audio
    2019/04/23 12:00 pm | No Comments
  • 224月

    レコードプレーヤーの下にACOUSTIC REVIVEのマグネットフローティングインシュレーター「RMF-1」を以前設置していたのですが、水平が取りづらいことやラック、アンダーボード変更などがあってしばらく外したままでした。

    finalのボードを置いて脚もはみ出し気味でしたし、SAECのソリッドマットでずいぶん改善していましたから、そろそろ最終兵器のRMF-1を投入する時期かなと。
    懸念事項だった水平はfinalのボードやラック自体を水平にしようかとも思いましたが、RMF-1に掛かる荷重でも水平の具合が変わってきますので、RMF-1の下にクロロプレンインシュレーター「CP-4」を敷くことで調整することに。
    ターンテーブルのある左側のほうが重そうに見えますが、実際にはアームベースとアームスタビライザが付いている右のほうが実は重く、左手前に2枚重ねてほぼ水平という結果でした。

    水平の微調整はRMF-1の位置でできますので、水平器を使って調整して早速聴いてみます。

    これがもうキレが全く違う状態で、もっと早くやっておけば良かったなというのが率直なところです。
    BL-99V純正の脚はヘタっていないのは良いものの、マイクロ精機から想像するよりもずっとフニャフニャしたフローティング系のもので、どうもこれではナローレンジになってしまうようです。
    RMF-1もフローティングではありますが、もっと抑制の効いたリジッドな要素を持たせつつ、アイソレーション的な意味合いのフローティングですから、低域が風のように迫ってくるかのようです。
    それでもMatric 802のウーファーはほぼ揺れてないので、ハウリング的な揺れは皆無といって良いでしょう。

    帯域の広がりは高域も同様で、Lyra Helikonの伸びやかさがさらに活きてきました。
    これならZYX Ultimate 100でも高域に不満がなくなるかも。
    また帯域云々以前に、楽器の音色がより自然になっていて、特にピアノとパーカッションがキレとともに透明度を増しています。
    ちなみにカートリッジ周りの磁気が気になる方も多いかもしれませんが、縦方向の漏れ磁束はそう多くありませんし、うちのような配置であればMCカートリッジが問題なく使えています。
    不安定そうに見える点も底面が滑りにくいものになっているので、下手なスパイクより安定しているはずです。

    もちろん、それまでにソリッドマットやfinalのボードを入れたことも功を奏しているとは思いますし、それらとの相乗効果もあるように思います。
    ちなみにCDプレーヤーやDAC、NWPでもRMF-1は非常に効果大です。
    軽量な機材なら3点支持でもOK(3個で21kg、4個で28kgの最大耐荷重)ですし、気になるお値段の部分も3つだとちょっとお手頃(?)になるかと思いますし、磁気フローティングが気になる方はお試しになってみるのも良いのではないでしょうか。

    Filed under: Audio
    2019/04/22 12:00 pm | No Comments
  • 214月

    FLUX HIFIの除電クリーニングブラシ「VINYL-BRUSH」が5月に国内発売されるというニュースがあって調べていたのですが、それよりも気になる「VINYL TURBO VACUUM RECORD CLEANER」という製品が出ているのを知りました。

    バキューム式のクリーニングマシンをハンディにしたようなもので面白いですね!
    国内発売は残念ながらされていませんが、お値段は輸入すると200英ポンド(送料別)といった具合のようです。
    電源は単3電池3本なので海外から購入しても電源で困ることはなさそうです。

    ただ、液体に対応しているような記載はないので、あくまで乾式というのがちょっと残念かなぁ。
    たまに市販のウェット対応のハンディクリーナーや掃除機を改造して自作している方がいらっしゃいますが、問題は吸入口の部分なんですよね。
    もちろんそこもクリーニングマシンのサクションパイプ相当のを自作されているのを見かけたこともありますが。
    Clearaudioは吸入口のところにマイクロファイバークロスを貼り付ける形なので、ハンディクリーナーの先にマイクロファイバークロスを上手く貼ればそれでも代用できるかもしれないですが、大事なレコードを傷つけたら本末顛倒ですからねぇ。

    なお、「VINYL-BRUSH」のほうはよくあるベルベット製のブラシにカーボンが合わさっている感じで、それもこれで便利そうですがこちらだと類似の製品がすでに結構ありますね。
    ちなみにこちらのお値段は7,800円(税抜)だそうです。

    Filed under: Audio
    2019/04/21 12:00 pm | No Comments
  • 204月

    毎年恒例の「HEADPHONE BOOK 2019」が4/17に発売となっていたようで。

    最近はどうしても書籍のチェックが甘くなりがちですね。
    今回は特別付録にFAudioのイヤーピース「Vocal&Instrument」のMサイズがそれぞれ1ペアが付いているようです。
    私もFAudio PassionでFA Vocalを愛用していますが、コレってまだ単売されていないはずなんですよね。
    ユーザーとしては付録も良いですけども保守部品として売って欲しいなと願うところです。

    ちなみに代理店直営のヤフーショッピングでは同社の「Black Jacket Sliver Plated Litz Cable」と「Silver Plated Litz Cable」はそれぞれ9,200円で販売されています。
    こちらも2pinのイヤホンを使っている方にはオススメできるものかなという気はします。
    ただ、欲を言えばこっちも3.5mmだけでなく、2.5mmや4.4mmのラインナップも欲しいところではありますけどね。

    ムックのほうに話を戻しますと、まずお値段は1900円とやはりそれなりの感じです。
    イヤーピースが実質半分くらいを占めるとは思うので、イヤホンをチェックしたい人には良いですけど、たとえばヘッドフォンを…という人には関係ないってことになりがちですし、サイズも限定されていますからね。

    記事の主体はやはりなんといっても「2018/2019年に発売された全ヘッドフォンの中から最優秀アワード」を発表する部分です。
    あとは96モデル徹底ガイドもどんな機種が取り上げられているのか気になります。
    それ以外には下記のような見出しが表紙に載っています。

    完全ワイヤレスイヤフォンの選び方
    木の響きを聴く
    ワイヤレス時代だからこそケーブルにこだわる
    据え置き型ヘッドフォンアンプガイド

    私が気になってるあのヘッドフォンも載ってるかなぁ。
    イヤーピースの予備にも悪くないですし、まずは近いうちに近所の書店でチェックしてみようかなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/04/20 12:00 pm | No Comments