• 028月

    YUKIMUから静電気除去ブラシにイオン発生器をビルトインした「ASB-2 ion」が9月発売予定だそうで。

    ASB-1は結構売れているようですが、私は以前ユキムで取り扱っていたSFCに近いタイプのものを愛用してます。
    SFCは今はナスペックさんが代理店ですね。

    コロナ放電は自走式クリーナーやナガオカから出ていたものも持っていますが、どうもターンテーブルに電荷が残るのか、ターンテーブルのアース側を通じてフォノの音質に影響が出る印象があって、最近はあまり使っていません。
    事前に別の場所でやるのであれば効果は高いでしょうけどね。

    今回のはブラシと組み合わせてあるということで、アクティブかつパッシブに静電気除去してくれるので悪影響は少ないのかも。
    なお電源はどうも必要なさそうで、圧電素子を使ってレバー操作で放電するタイプみたいです。
    これもMILTYからゼロスタットっていうのが昔から出ていましたね。

    放電といえば再生中に静電気を逃がすタイプのものも浮かせたブラシのようなパッシブなものから、常時放電するものまでいろいろあります。
    それだけ静電気がレコード再生に与える影響が大きいということでもあるのですが、どれが正解というのもなかなか難しいですね。
    今回のはお値段的に2万円前後のようですし、オーディオアクセサリとしてはそこそこ手に取りやすい価格帯かもしれません。

    Filed under: Audio
    2020/08/02 4:00 pm | No Comments
  • 297月

    最近ちょっとブログ放置気味ですので、上半期の買い物をおさらいしてみることに。

    最近は仕事がやや忙しかったり、ドラマや映画を観たりして過ごすことも増えていて、オーディオは一段落といったところでしょうか。
    それでもQUAD 99 CDP-2を導入してからは気軽かつ気分良く音楽を楽しめる感覚が蘇りつつあります。

    TASCAM MH-40 mkII導入でヘッドホンでも聴けるようになったというのも大きいかも。
    スピーカーならではの楽しみもありますけど、ながら聴きするのはい(セッティングの追い込み等々が活きないという点でも)少々厳しですし、開放型を多用するようになってからはそっちはそっちの楽しさもあるかなと感じるようになりました。

    そんなヘッドホンはHIFIMANのHE400シリーズを3台、ゼンハイザーのHD800も導入したりと、かなり傾倒した形になりました。
    やはりHD800は非常に魅力的ですが、出番が多いのはHE400iとFURUTECH ADL-H118かな。
    特にFURUTECH ADL-H118はあまり期待感はなかっただけに、これだけ使うとは思ってもいませんでした。

    iPhoneやiPad miniで動画を観る場合にはBluetoothも多用していますが、まだご紹介してないものもあるのでそちらはまた改めて。
    DAPはaudio-opusを使うことが増えました。
    Wi-Fiに対応していないのでストリーミングや曲の追加などはやや不便ですけど、それだけにそうしたものにつきまとうノイズのことを考えずに済むのが気楽です。

    逆にまだあまり出番が得られていないのはNikonのレンズやONKYO CR-D2、ワイヤードのイヤホンなどでしょうか。
    カメラはもうちょっと撮りたいなぁと思うのですけど、天候も良くないですし、愛犬が散歩できない状態が続いているので仕方ないですね。

    後半はデジタルガジェット系も多少見直したりしたいところです。
    全般的には以前ほどハイペースではなくなるでしょうけれど、じっくり楽しめるものを手にできたらなと思っています。

    Filed under: Electronics
    2020/07/29 3:30 pm | No Comments
  • 207月

    QUADのCDプレーヤ「99 CDP-2」を導入してみました。

    偶然の出会いなだけで全く狙っていたわけではないんですけどね。
    99シリーズ自体は知っていましたが、CDP-2の詳細仕様すらよく分かっていなかったくらいで。
    その前のCDPはメカがフィリップスだったようですが、その供給が厳しくなってSONYのピックアップに変更したのが2みたいです。
    KHM-313AAMらしいですが、制御系ICにはPHILIPSの文字も見えるので、純粋にソニーというわけでもなさそうですし、内部も天板からメカも基板もトランスも宙づりなので開腹して確認もしていませんけどね。

    CD-Sという下位モデルもあるのですが、それとの違いはデジタル入力やデジタルボリュームなどのようです。
    ただリモコンが付属しなかったため、そこは試せていません。
    LINNなり、メーカーコードが設定できるSONYの記憶リモコンでなんとかなるかなぁと思ったのですけど、どのメーカーコードにも反応がないので、その前のQUADとはコードが異なるのか、本体側の読み取り部が反応していないのかな。
    なお、DACチップはCS4396が使われていて、内部で24bit/192kHzにアップサンプリングされるという、イギリスメーカーのCDプレーヤーにありがちな仕様となっています。
    QUADは1997年にインターナショナル・オーディオ・グループ傘下になっていますから、2006年くらいに発売らしいこのモデルは以前の66などとはだいぶ趣も異なると言えるでしょう。

    ひとまず仮設置で聴いてみましたが、当初は若干音飛びすることもあったりで、電源投入からしばらくしないと安定しないところがあるようです。
    主電源は裏にあって、普段は前のタッチボタンでスタンバイにする形ですが、スタンバイからの復帰でもしばらくウォームアップしたほうが音も安定する気がします。
    中域が濃いめで音の密度も高く、楽器の位置も揺らがずに定まって、散らばらずに太めの描写をしてきます。
    DP-77と比べると若干細部の情報量は控えめな気もしますが、DP-77では音色が少し人工的に感じることもあるのですけど、そういう場面が少ないように感じられます。
    ケーブルもRCA-absolute-FMとPOWER-STANDARD TripleC-FMを奢ってあったりする効果もきっとあるのでしょうけれど、陰影がほどよく付いた感触や、それが立体感を生んでいる辺り、音楽性の高さという言葉だけでは片付けられない魅力があるようです。

    その後、ヒッコリーボードも使ってちゃんと設置すると、鮮度もより高まってCDを聴く上ではDP-77より出番が多いくらいになっています。
    大編成でより細かな部分まで再現されるようになりましたし、それぞれの楽器が埋もれず活き活きとしていて音色もとてもナチュラルです。
    正直そこまで期待していたわけではなく、リビングで使うなり、予備機的な気持ちだったのですが、どうやらわりと出番が多くなりそうな感じです。

    Filed under: Audio
    2020/07/20 3:30 pm | No Comments
  • 177月

    TASCAMのヘッドホンアンプ「MH-40 mkII」ですが、なかなかお気に入りになったのでもう一台追加してみました。

    今回のものも動作は万全で、ガリひとつありません。
    メンテナンスもそこそこされているのかもしれませんが、頑丈にできているんでしょうね。

    今回は内部もチェックしてみました。
    前回の導入前にWebで調べていたのでだいたいの中身は分かっていましたけど。
    Rコアのトランスが2つあったりしますがコンデンサも含めて、左右分離というよりは1Uのラックマウントのサイズに収めるために分散化してあるような設計でしょうか。

    パワートランジスタは2SD1406と2SB1015が18個ありまして、各ヘッドホン端子ごとに4個ずつと、全体に共通で2個が割り当てられているみたいです。
    ちなみにPc:25Wのオーディオ用中電力増幅トランジスタです。

    前回はリビングに設置しましたが、今回は据え置きオーディオ機器向けに。
    プリアンプもCDプレーヤーも全部ヘッドホン端子がないので、モニタ用途にもヘッドホンが使えたほうがありがたいかなと。
    接続は少し迷いましたが、いろんなソースでチェックできるようにC-280LのREC OUT経由ということにしました。

    相変わらずノイズはシビアに把握できるようで、少しボリュームを上げ気味にしてDP-77の電源をオンにすると結構ノイズが感じ取れます。
    REC OUTをオフにすればノイズはほぼ皆無になるので、信号線から経由して混入しているということでしょう。
    内部配線の取り回しとしては前面のフォーンジャックのほうが短いので、その影響もあるとは思いますけど、CDプレーヤーと言えどもやっぱりデジタル機器だなぁと感じた次第です。
    その点ではFOSTEX HP-A8のほうがノイズは少ないので、近年の機材のほうがその辺りの配慮は行き届いているのかもしれません。

    ヘッドホンアンプとしての音質は実売価格を考えれば素晴らしいもので、とりわけ駆動力の高さはやはり複合機では敵わない領域かと。
    HP-A8のヘッドホン端子のほうがノイズや歪みだけで考えればクリアなのですが、そこは正確さと躍動感のどちらを取るかでしょう。
    HD600とHIFIMAN HE400iでいうと、HIFIMANのほうがTASCAMとは相性が良い印象です。
    そもそもHP-A8とHD600(HD650はなおのことらしいですが)の相性が良いというのも関係ありそうではありますが。

    これでメイン機材のどの音源でもヘッドホンが気楽に楽しめるようになりました。
    音質云々以前にまずはその環境が整ったというのが嬉しいですし、これで稀には仕事しながら音楽を…ということもできるかなぁと思っているところです。

    Filed under: Audio
    2020/07/17 3:01 pm | 4 Comments
  • 167月

    なんとなく個人的にオススメな音源を紹介してみたくなったので書いてみます。
    これまでもすでに何度か書いていますし、女性ボーカルとかもDAP主体にそこそこ聴くのですが、今回は作品としても音質面でもリファレンス音源的に使うものを主体に。
    まぁ最近入手したディスクの紹介も兼ねますけどね。

    我が家にグランドピアノがあるから、ということもあるのでしょうけれど、ピアノ系のディスクはどうしても多くなりがちです。
    音源ではないですけど、気に入った曲は楽譜を手に入れることも多いです。
    紗羅はリラックスできる演奏が好きなので、最近だとLukas GeniusasのEtudesが近年の演奏傾向を反映した印象でオススメです。

    私はガツンと来る感じも好きなので、上にあげたポリーニのポロネーズ集はレコードでも独盤2枚、国内盤1枚といった具合で良く聴いています。
    ポリーニでもハイレゾ音源の「Chopin Late Works」はまた少し違った風合いになっていて、こちらも良く聴くもののひとつです。

    ピアノの流れでいきますと、ブレンデルを聴くことも多い感じです。
    LP時代のものからラトルとのピアノ協奏曲といったCD期のものまで、それぞれの魅力があって楽しいです。
    これはピアノに限りませんが、ある曲にハマるといろんな演奏家の同曲を聴き比べることも多いですね。
    解釈の違いもありますし、楽器や指揮者、ホールや録音が異なっていて、なるほど!と思うこともしばしばです。
    バックハウスはベーゼンドルファーを愛用されていることで有名ですし、珍しいところではバレンボイムの「On My New Piano」のように独自の平行弦を使ったオリジナルのピアノまで、それだけでも奥が深いものです。
    平行弦といえばフォルテピアノを用いた七條恵子さんのサティもフォルテピアノの魅力や場の雰囲気を体感できる一枚です。

    もう少し編成の大きなものですと、ロッシーニの弦楽ソナタがかなりお気に入りです。
    一般的にはサルヴァトーレ・アッカルドが名盤として有名ですが、私が愛聴しているのはカメラータが録音したベルリン弦楽合奏団のほうです。
    この音源、ビクターがMCカートリッジを発売する際のキャンペーン用として録音したようで、そのレコードも持っていますし、そのおかげでコストや時間も(当時にしても)じゅうぶん確保できたみたいです。
    ちなみにそのベルリン弦楽合奏団でチェロを演奏されているイェルク・バウマン氏の無伴奏チェロ・ソナタも知名度は低いですけど、愛聴の一枚です。

    交響曲だと最近手に入れたばかりのテオドール・クルレンツィス指揮の悲愴もなかなか面白い演奏です。
    楽章が進むにつれてやや行き過ぎ感もないとは言えませんし、演奏の傾向は別にしてアンセルメのようなレコード芸術的な要素もありますけど、それも含めて楽しめる作品になっていると思います。
    LPで集めがちなので、どうしても古き良き名盤が主体になってしまう傾向ではあるのですが、その点を差し引いてもボールトの作品群はかなり好みです。
    有名な惑星もそうですし、ブラームスの交響曲、威風堂々など、ダイナミックな演奏は気分転換したい時に最高です。

    もう少し最近のものですと、リサ・バティアシュヴィリとバレンボイムのチャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲も良く聴いています。
    バレンボイムは奥様だったデュ・プレとの競演など、指揮者として愛聴することも多くて、むしろピアニスト単体で聴くことのほうが少ないくらいかも。
    ヴァイオリンというと定番のヒラリー・ハーンさんも某所で聴かせてもらったパガニーニのヴァイオリン協奏曲がとても深いもので、これぞオーディオの醍醐味だなぁと感じたのが記憶に新しいです。
    私自身もその前からこの盤は持っていたのですが、正直あまり感動するところはなかったですし、今もあの感じではまだまだ鳴ってくれていません。
    ゲルギエフ指揮のラフマニノフ ピアノ協奏曲辺りはそこそこ満足できるレベルになってくれましたし、ドラマチックな演奏なので、くるみ割り人形も含めて愛聴している指揮者のおひとりです。

    ちょっとクラシックに偏った感がありますから、ここらでフュージョン系も。
    マーカス・ミラーも最近のお気に入りでして、オーディオ的にはM2が有名でしょうか。
    個人的にはSilver Rainを聴く機会が多いかな。
    Dave GrusinもOut of the ShadowやDiscovered Again!などが好きですし、こちらはレコードで楽しむことが多いですね。
    元々はクラシックが主体ではあるのですけど、ジャズやポップスなどもあまり先入観をもたずに聴いてみて、気に入ったらリピートしています。
    録音が良いから聴くという側面もゼロではないですが、どちらかというとその楽曲やアルバムのコンセプトが自分にピッタリ来たものがお気に入りになることが多いかな。

    あえてもうちょっとオーディオチェック的な要素の色濃いディスクも挙げてみると「AYA AUTEHNTIC AUDIO CHECK」でしょうか。
    楽曲主体でいろんな風合いの曲が多いですし、トラックの若いほうから低域〜高域のチェックに向いたような並びになっている部分がちょっと面白いところです。
    そういう意味ではAccuphase: Special Sound Selectionのわりと初期の盤(2の出番が多め)も動作チェック的に使うことがあります。

    昔はこういう音源との出会いというと圧倒的にFM放送が多かったのですが、最近だとストリーミングでしょうか。
    ハイレゾ音源など気軽に試聴してみる機会は増えたのですが、やっぱり自分でフィルタリングしちゃう部分はあるようにも思います。
    なるべく雑食に幅広くとは思っていますけど、そもそも年齢的に視野(聴覚?)が狭くなっているでしょうし、時間が許す範囲でまだまだいろんな音楽を聴いてみたいですね。

    最後に蛇足ですが、とても良い作品なのだけど入手困難なディスクというのも増えてきました。
    ここまで紹介したものにもそういうものが結構ありますし、ほかにもデビッド・ラッセルのタレガ全集とか、Ensemble Les Adieuxのウェーバーのクラリネット五重奏曲などなど…。
    そういうところも含めて、出会いを大切にしていきたいなと思っています。

    Filed under: Music
    2020/07/16 3:30 pm | No Comments
  • 127月

    audio-opusのデジタルオーディオプレーヤー「opus#1s」をゲットしてみました。

    お気づきの方ももしかするといらっしゃるかもですが、先日同社のopus#1を入手したばかりなのですよね。
    これが思いのほか良かったので、ついその後継モデルをと。

    見た目はほぼ同じですし、金属でない筐体も同じ感じで色違い程度くらいしか違いがないようですが、音傾向は意外と違っています。
    #1よりも雑味が少なく、それでいて高域はおとなしめでウォームな仕上がりだと感じます。
    細かいところではバランス出力が常時On(#1はアンバランス出力と排他切り替え)だったり、DACチップがCS43198に強化されて、アンプのパワーも強化されていて微妙に異なるのですけどね。
    また液晶パネルも高精細IPSパネルに変更になってキレイになっているみたいです。

    ファームウェアは最初から最新の1.00.05になっていたので特に更新するようなところもありませんでした。
    さきほども書いたとおり、アンプはかなりパワーアップしていて、ボリューム表示で#1で110くらいまで上げないと音量が確保できなかったようなヘッドフォンでも、80くらいで同じくらいの音量で鳴ってくれます。

    それなら最初からこっちだけでも良かった気もしますが、紗羅と二人で使うことも多いですし、どちらもDSDもPCMコンバートされて出力されるのでDACにつないでTASCAMのヘッドフォンアンプでも使いやすいですから、どちらも活躍することでしょう。
    そもそも他にもAKやらPLENUEやらがあるので、さすがにちょっと台数が多すぎる感はありますけどね。

    Filed under: Audio
    2020/07/12 2:30 pm | No Comments