• 276月

    ACOUSTIC REVIVEのスーパーアースリンク「RE-9」を導入してみました。

    以前から気になっていたものの、残念ながらすでに廃番でしたのでなかなか見つけられず。
    ちなみにRE-9IIという後継モデルもあったようですが、今回のはシンプルな初期型で改造もされていませんでした。

    内容的にはアースの敷設されていない環境などでシャーシ電位を下げるものです。
    RE-9をコンセントにつなぎ、背面のツマミを指で触り正面のLEDがグリーンになるほうに合わせればOKという使い方です。
    ただ他のアクティブアースでも同じことなのですけど、機器の極性が合っていなかったりするとかえって電圧が上がってしまうということがあり、うちの部屋の中のコンセントもまさにその状態でした。

    原因のひとつはAccuphase(特に古い機種がそうだと思われます)はアースをシャーシに落としていないものがあるからかなと。
    また、これはいろんな機器の極性を合わせていって気づいたのですが、ACアダプタやスイッチング電源が起因となっているケースも多そうな雰囲気です。
    うちでは配慮していますが、アースループが存在する場合にも起こるようですね。

    仕事部屋と兼用ということもあって、部屋にルータやハブ、パソコンなどがあるのも解決を難しくしています。
    廊下だと最初からバッチリ動作していましたし。
    そんなこんなで最初は地道にいろんな機材の極性を合わせていくことになりました。

    結果的にいちばん効いたのはTransparentのパワーコンディショナーを撤去したことでしょうか。
    次にパソコンに庭から取ったアースを持ってきた(元々、Mac ProはPOWER STANDARD TripleC-FMを使用)のも効果大でした。
    あとはルータや外付けHDDのACアダプタの極性での変化が大きめでした。
    逆にLED照明やエアコンはほぼ影響なしでした。

    ここまでで14V台くらいにはなったので、黄色表示ながら聴いてみることに。
    すでにACOUSTIC REVIVEさんを訪問した時に体感していたのですけども、偏ったような音像がビシッと背筋が伸びたように決まります。
    うちの環境だとなぜか必ず右に偏る感じがあったのですが、それが解消して音がドンと前に出てきて迫力がまるで違います。
    揺らぎのないサウンドになりますし、まさに「リミッターが解除された」ような状態に進化してくれました。

    RE-9の導入でズバリ解決というよりは、むしろキホンのキがようやく整ったといったほうが正しいような気がします。
    これは他のACOUSTIC REVIVEさんの製品、いや他社の機材でも同様だと思いますけれども、導入してからがスタートなのだと最近とみに感じるようになりました。
    それでもやっぱりアースというのはとても大事な基盤であることはたしかで、このズバッと決まる音の展開には眼を見張るものがあります。
    音が見える感覚がようやく整ったなぁというのは感慨深いものがあります。

    配置についてはアンプ側と入力機器側の2つのRTP-4 absoluteがあるのですが、結果的には入力機器側にRE-9をつなぐほうが良好な結果が得られました。
    RE-9には一応2つのアース端子がありますが、これも両方つないでしまうとアースループを生じますし、機器間はXLRケーブルなどでつながっていますからね。
    アンプ側はこれまで通りの仮想アース「RGC-24 TripleC-FM」、そしてRPC-1を再配置する形としました。

    この状態で各音源をチェックしていきます。
    まずはレコードですが、やはり音が見えるようになったのが一番大きな変化でして、前後の広がりが豊かになっています。
    前にしっかり出てきて力感が上がっていますけども、ただそれだけではなく奥行き方向の表現が多彩かつ精度高くなっています。
    全般にとても見通しの良い音で、これまでだとボーカルものではどうしてもそちらばかりが目立っていたのがバンドとの掛け合いやライブ感が伝わるようになりました。

    SACDでは空間情報量が圧倒的に増えています。
    ここまで広大な世界観が再現できる余地がまだあったんだ、機器のポテンシャルというのは本来もっとずっと高いのだと痛感させられます。
    RE-9を入れたことももちろん多大な改善につながっていますが、地味な極性合わせ(オーディオ機器以外も)の積み重ねもかなり大きかったと推測されます。
    その証拠に、RE-9の有無に関わらず、これまでかなり高めだった50Hzのハム音(出音の残留ノイズ内)が7dBくらい下がりました。

    詳細はまた後日書きますけども、さらなる改善のため、前述のTransparentのパワーコンディショナー、そしてLUXMAN P-1、Phase Tech HD-7Aを撤去してAKURATE DSの配置換え、HP-A8の設置を終えると、電圧も4.5V程度までしっかり下がってくれるようになりました。

    なお対策前のRE-9電源オフ(アース線は結線した状態)だと37Vくらいあったのですから、相当劇的な改善です。
    ちなみにダイヤルを反対側に回すと80Vくらいになりますので、この状態で決して使ってはいけません。

    何度も書いていますが、シャーシ電位を下げることだけが目的ではなく、機器の本来持つ性能をしっかり引き出してあげることがいちばん大切なことだと痛感した次第です。
    もちろんその上で、RE-9はそれを安定させることができますし、集合住宅などアースが敷設できない環境でも効果があるのは素晴らしいことです。
    なにより、サウンドスケープの再構築がズバリと決まるのは聴いていて快感を覚えるものです。
    すでに販売終了しているのがとても惜しいところです。
    次回は仮想アースやRPC-1などとの併用がもたらす効果や電源ケーブルや電源タップの再配置やその効果についても触れてみたいと思っています。

    Filed under: Audio
    2019/06/27 12:00 pm | No Comments
  • 266月

    macOS Catalinaで32bitアプリのサポートが打ち切られる予定ということで、今の環境に残っている32ビットアプリを事前に把握しておくことにしました。

    まず調べる方法ですけれども、システム情報から「ソフトウェア」-「アプリケーション」で環境に入っている全アプリ(外付けHDDにあるものも律儀にカウントしてくれるので結構待たされます)をチェックできます。

    また起動させてあるアプリやドライバ絡みなどはアクティビティモニターのCPU等で右クリックから「種類」の表示をオンにすると確認できます。

    それで結果としましては以下の辺りが残る形です。

    Acrobat X Pro
    CleanArchiver
    WebEX

    Acrobatは単体で購入したものをそのまま使ってるんですが、PDF出力自体はOS側にありますし、OCRも今はプリンターのユーティリティで可能ですから、もうなくても良いかなぁ。
    CleanArchiverはWindowsの人に渡すZIPを作るのに重宝しているのですが、開発が止まってもうずいぶん経ちますし諦めるしかなさそう…。
    ZIPANGとかWinArchiver Lite辺りが候補っぽいですけど、これも暗号化しなければ(それもコマンドラインからならできる)OS標準機能で良いかなぁ。
    WebEXは仕事絡みで使うこともあるので困りますが、アップデータは64bitになってるようですからコレはそのうち更新される(あるいは最新版ではされている)ことでしょう。

    あとはAudacityが32bitだったのが気になっていたんですけど、これは今回調べて2.3.2で64bitになったので一安心。
    大雑把にはCatalinaにアップグレードしても大丈夫かなぁという感じですね。
    まぁ最初はiMac辺りから試して様子見しつつ、Mac Proを…という形を取ることになるでしょう。

    ちなみにCatalinaの動作環境はMac Proが2013以降になったというのが厳しい方も多そうですね。
    iMacやMac mini、MacBook Air,Proは2012以降、MacBookが2015以降、iMac Proは2017以降で、この辺りはMojaveと同じようです。
    パブリックベータは公開が始まりましたが、私は素直に正式公開を待ちたいと思います。

    Filed under: Mac
    2019/06/26 12:00 pm | No Comments
  • 256月

    Linnのネットワークプレーヤー用のファームウェア「Davaar 70 Build 300」が今月初めにリリースされています。
    変更点は以下の通り。

    * Implemented more reliable communication of device state to wireless control points
    * Added Balance and Lip Sync settings to Selekt menu
    * Fixed issue with changing balance on Selekt from legacy handsets
    * Selekt MM/MC inputs are no longer affected by gain settings applied to analog inputs
    * Fixed #6494: No LFE trim on Selekt TOS input
    * Fixed #6499: Crash entering Standby
    * Fixed #6504: Kiko: SourceToggle from remote no longer works
    * Fixed #6447: Kiko display does not illuminate on network control changes
    * Fixed #6455: Fix for unplayable radio stations (such as Radio RTV Drenthe and the Radio 10 family of stations)
    * Fixed #5211: HDMI Reading from an invalid EDID.
    * Fixed #6495: crash on digital input.
    * Fixed #5143: I2C bus access as power is going off.
    * Fixed numerous customer crash reports related to SiI9777 hardware.

    うちの初代AKURATE DSでもまだ提供してもらえるのはありがたいことではあります。
    ただ、性能的にはさすがに古さを感じるようになっているのも事実でして、アップグレードサービスやってる時に最新にしておけば良かったかも…。
    ヘッドフォン環境も無駄に複雑になっていますし、リビングのHP-A8に置き換える予定なのですが、その時にSoundgenicとUSBで接続すればAKURATE DS等、下の写真のあたりの機材がまとめて不要にならないかなぁと妄想していたりしますが、さてどうでしょう?

    それに先立って、LUXMAN P-1とHD-7Aは撤去し、AKURATE DSをラックの中に収納しましたが、電源の取り方などを工夫したおかげか、なかなか良い感じに。
    これならまだまだ現役で戦えるかも、という感じになっちゃいました。
    電源タップをTransparentからYTP-4Nに交換したのがいちばん大きかったかも。

    なんだかファームウェアとはあまり関係ない内容になってしまいましたが、こうやってファームウェア更新が継続されているのも「もうちょっと使ってみるか!」という気持ちにさせる一つの要素になっているのも確かです。
    あとはHP-A8をセッティングしてみて、これをメイン機材につなぐ気分になるかどうかが、運命の分かれ道といったところでしょうか。

    Filed under: Audio
    2019/06/25 12:00 pm | No Comments
  • 246月

    セルフカバーアルバム「自分風土記」を2枚リリースしたばかりのさだまさしさんですが、6/26にライブCD/DVD/Blu-ray「45周年記念コンサートツアー2018 Reborn ~ 生まれたてのさだまさし~」を発売するそうで。

    セルフカバーも「帰郷」、「続・帰郷」など結構出してますけど、ライブアルバムもかなりありますよね。
    LP10枚組の「書簡集」やグレープ時代の「三年坂」などを愛聴してますけど、どうやらグレープ時代から通算27作品目くらいのようです。
    意外と映像作品というのは一般発売されず、ファンクラブ限定が多かった記憶がありますから、そこはビクターに移籍した効果でしょうか。
    Blu-rayはなおさらで、他は小説原作の映画化作品くらいしか、Amazonでは引っかからないような感じです。

    Blu-rayとDVDはフォーマット違いはあるものの、どちらも以下の15曲収録です。

    1. 大盛況 ~生まれたてのさだまさし~
    2. パスワードシンドローム
    3. Reborn ~嘘つき~
    4. 檸檬
    5. 私の履歴書2018 冬 ~メドレー~
    6. 夢見る人
    7. 桜ひとり
    8. へたっぴ
    9. 黄金律
    10. 1989年渋滞
    11. 天然色の化石
    12. おんまつり
    13. 都会暮らしの小さな恋に与える狂詩曲(ラプソディ)
    14. 虹 ~ヒーロー~
    15. 長崎小夜曲

    トークがどのくらい入っているかは不明ですが、DVDは2枚組になっているくらいですから、CDよりは多めの可能性が高いでしょうね。
    ちなみに実際のライブだと「トークが半分」とか言われますが、実際には4割くらいじゃないかなぁと思われます。

    CDのほうは3枚組で、トークはトラックを分けてありますので、それを入れると以下の29トラックです。

    [ ディスク:1 ]
    1. 大盛況 ~生まれたてのさだまさし~
    2. パスワード シンドローム
    3. Reborn ~嘘つき~
    4. トーク1)オープニング
    5. 檸檬
    6. トーク2)メンバー紹介
    7. 私の履歴書2018 冬 ~メドレー~ 精霊流し~無縁坂~秋桜~案山子~北の国から
    8. トーク3)雅人と喜代子
    9. 黄金律
    10. 1989年渋滞
    11. 天然色の化石
    12. おんまつり
    13. 都会暮らしの小さな恋に与える狂詩曲(ラプソディ)
    14. 虹 ~ヒーロー~
    15. 長崎小夜曲
    [ ディスク:2 ]
    1. 夢見る人
    2. トーク4)売り声
    3. 桜ひとり
    4. へたっぴ
    5. 黄金律
    6. トーク5)繋がる襷
    7. 1989年渋滞
    [ ディスク:3 ]
    1. 天然色の化石
    2. おんまつり
    3. トーク6)今日の奇跡を大切に
    4. 都会暮らしの小さな恋に与える狂詩曲
    5. トーク7)アンコール
    6. 虹 ~ヒーロー~
    7. 長崎小夜曲

    トークは7つのようですから、22曲収録ということで曲を中心に楽しみたいならライブCDも買ってね、ということなのでしょう。
    Blu-rayと両方だとちょっと結構長く結構な額になってしまうから、ちょっと今は見送りかなぁ。
    最近はライブにも行ってないので見てみたい気もしますけどね。

    Filed under: Music
    2019/06/24 12:00 pm | No Comments
  • 236月

    ROKSANのレコードプレーヤー「XERXES 20 PLUS」シリーズが国内投入されるそうで。

    ROKSAN自体はナスペックが少し前に輸入再開させていましたが、満を持しての投入というところでしょうか。
    ROKSANといえばACOUSTIC REVIVEさん訪問時に聴かせていただいたのもそうでしたね。
    アレはROKSAN TMSにGraham Model 2.2、そしてLYRA TITANの特注モデルだと思いますが。

    さて、肝心の新製品ですが、電源ユニットによってXPS8とRPMの2つがあります。
    ターンテーブルのモーターは24極シンクロナスモーターなので、電源はACを使うところ自体はおなじですが、RPMのほうはアンプのようにDCからジェネレーターで生成する形です。
    XPS8のほうも45回転にも対応してますし、出力電圧は16.5 Vac±0.5 VAC rms、高調波歪みは0.1%以下とそこそこ優秀な電源ユニットですが、電圧の安定度合いが大きく違うようですね。
    その分、お値段もXPM8は75万、RPMは95万(いずれも税別)ですが、ターンテーブルの電源というのは想像以上に重要だとは感じます。

    ターンテーブル自体は全体の重さが12kgとわりと軽量です。
    プラッターはインナーとアウターの2重だったりと、方向性としてはLP12に似ていますね。
    TMSを聴いた身としてはあのクラスのもできれば復活してほしい気はします。

    ただ、コレでもトーンアームやカートリッジは付属しないわけで、価格的にはかなりの高額モデルとなります。
    SHIRAZ Cartridgeはなかなかおもしろそうですけども、これまた55万という…。
    お値段自体は実績と性能を考えれば相応しいのかもですが、個人輸入しちゃうと36万円程度で購入可能なんですよねぇ。
    ナスペックさんも取り扱うと決めたからにはサポートなど大変なところもいろいろあるでしょうし、実売価格は多少下るでしょうから好評を博してくれて長く販売してくれたら良いなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/06/23 12:00 pm | No Comments
  • 226月

    Telos Audio DesignからUSBアクティブノイズキャンセラー「Macro Q」が6/25に発売だそうで。

    似たようなものとしてはiFi AudioのiPurifier2(現行モデルはiPurifier3)を持っていますが、アレはUSBの経路に挟むもので、このMacro Qはターミネーター的に挿すだけのタイプですね。
    ACOUSTIC REVIVEでいえばRUT-1みたいな使い方になるわけですが、この製品はアクティブにノイズを消す形です。

    TELOSの製品はいろいろと高度な手法を使ってあるものが多く、効果も高そうですがアクティブ系のはノイズを取る要素もありますが、それ自身がノイズ源になるような部分も少なからずあるように感じています。
    同社のアクティブアースもできればオーディオ系以外から電源を確保したほうが良いと聞いたこともありますし、このMacro Qの場合にはUSBオーディオなり、DAPなりと同じところから電源を取ることになりますから、そこがちょっと心配かな。

    ちょっと本体も大きめなので直挿しできない場合を考慮して延長ケーブルも付属していますが、ここでMacro Q本体に給電する電源ラインを別にできたら良いのかなぁとも思いましたが、そうすると本来の電源ラインのノイズがキャンセルできないのでしょうね。
    内部に2個のICが入っていて、それでノイズ検知するらしいので、それぞれが信号ラインと電源ラインに分かれているのかもしれません。
    なにぶん詳細の動作は不明なので推測だらけになってしまいますけどね。

    製品ページにはノイズフロアの波形も載っていますが、これが何を計測したものか?もイマイチ不明です。
    未使用の場合が2.42mVrmsだったノイズが、Macro Q使用で579μVrmsになったとされています。
    私はいつも出音のノイズがどうなったか?を計測するようにしているので、これを使った場合に例えばUSB-DACの残留ノイズがどう変わるのかな?というのが気になります。

    お値段の話はあえてやめておきますが、重さが150gあるということで、ポータブルで使うのはちょっと厳しいかも。
    直挿しもUSB端子に負担が掛かりそうですし、延長ケーブルはうまく活用すべきでしょう。
    iFi audioなどは貸し出しも実施していますが、今のところTelosは公式な貸し出しはやってないようなので、できれば実施されると良いなとも思います。

    Filed under: Audio
    2019/06/22 12:00 pm | No Comments