• 012月

    先日もエントリーしたとおり、PC用のFTPソフトの定番「FFFTP」が
    Gumblarウィルス亜種の攻撃対象になってしまっている件が
    かなり大きな問題になっています。

    FFFTP自体の脆弱性だと思われがちですが、そういうわけではなく、
    メジャーなFTPソフトということでターゲットにされただけなんですよね。

    それにFTPプロトコル自体の問題として、そもそもセキュアとはいえない
    という問題もあります。
    ということもあり、この際により安全にファイル転送する手段に切り替えて
    おいたほうが良いと判断し、使っているレンタルサーバごとに対処方法を
    検討してみました。

    FTPに代わるプロトコルとしてはSFTPやSCPが有名かと。
    先日、代替ソフトとして提案した「WinSCP」もこれらのプロトコルに
    対応しています。

    まず、このブログを運営している「さくらインターネット」はSFTPに対応
    してくれています。
    ただし、初期ドメインのみの対応で、スタンダード以上の契約が対象だそうです。

    対して、「ロリポップ」や「@nifty」は残念ながら、どちらにも対応していません。
    そうなると、それぞれからWebで提供されているFTPツールを使うしか
    ないでしょうね。
    あれなら、SSLですから、とりあえず安心でしょうし。

    なお、ロリポップと姉妹関係な「ヘテムル」は対応しているそうで、
    場合によっては、レンタルサーバ引っ越しも考えたほうが良いのかも
    しれませんね。



    ともあれ、皆さんもお使いのレンタルサーバの対応状況を再チェックして
    できれば、より安全な施策をしておくことをおすすめいたします。

    Filed under: Blog
    2010/02/01 2:41 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    FFFTPの漏れ対応版にしたけど、結局WinSCPに変更
    でも、ロリなのでFTPしか使えず

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ロリポップでしたら、記事にも書いたようにWebのアップロードツールを
    使うのが一番安全だと思います。

    WinSCPはちょっとクセがありますから、今後新しいソフトが出てくると良いですね。