• 139月

    [ 本日のPickup ]

    ・さだまさしさんのアルバム「第二楽章」にACOUSTIC REVIVE

    ACOUSTIC REVIVEさんに関するツイートを検索していて、さだまさしさんのニューアルバム「第二楽章」のSPECIAL THANKSにACOUSTIC REVIVE(とAccuphase)の記載があったというのを見かけました。
    調べてみると鈴木智雄さんという方が録音を担当(1993年から)されていて、PC-Triple C-FMをボーカルのマイクケーブルとコンソール出力のラインケーブルに使ったみたいですね。
    また、アコリバは「Sada City」の頃から使用されていたんだそうで、そう言われるとニューアルバムも気になってきます。
    もちろんすでにiTSで試聴はしていて、楽曲的には最近だと「すろうらいふすとーりー」から「Mist」くらいの頃のほうが好きなんですけどね。

    アンダンテラルゴの試聴室が一般向けに予約制でオープン

    The Chord Companyなどを取り扱う同社の試聴室が予約制ながら一般開放されるんだとか。
    ただし場所は東京都東村山市でして、お世辞にも行きやすいとは言えないですよね。
    電車だと西武新宿線の久米川駅が最寄り駅のようです。
    都内に住んでる時にはわりとこの近辺だったので、その頃だったら行ってただろうなぁと。
    さらに試聴室がオープンしてるのは毎月第1,第3土/日曜と、なんだかずいぶんレアな体験試聴という感じですが、再生ディスクはもちろん、愛用のケーブル等の持ち込みもOKだそうですし、気になる方は予約してみてはいかがかと。

    焦点距離20mm、開放F値1.8の大口径超広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」を発売

    ニッコールとしては20年ぶりとなる20mmレンズの発売だとか。
    20年前ってAi Nikkor 20mm f/2.8Sなのかな?と思いきや、Ai AF Nikkor 20mm f/2.8Dのほうみたいです。
    私が欲しいと思っているのはさらに古いNikkor 20mm F4(1977年発売らしい)ですけどね。
    それにしても20mmでF1.8というのは相当明るいですし、オールドレンズ好きな私でもこのスペックには惹かれます。
    35mmフルサイズ対応で10万円前後という価格もずいぶん頑張ってるなと思いますし、写りが良ければ結構人気になりそうですね。

    関連エントリー:

    Filed under: Pickup
    2014/09/13 9:00 am | Pickup 20140913 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.