• 129月

    ニコンから35mmフルサイズのデジタル一眼レフ「D750」が9/25に発売予定だそうで。

    新しいところはチルト液晶を搭載してきたところとWi-Fi対応でしょうか。
    すでに35mmフルサイズだけでは訴求できないし、他のラインナップと被りますから、高機能化に向かったのでしょうね。
    Wi-Fiはあったほうが便利だけど、チルト液晶は撮影スタイル次第でしょうか。
    以前よりはライブビュー性能も上がってるでしょうし、むしろ積極的に活用して撮影の幅を広げたら良いのでしょう。

    あと細かいところでは液晶モニターそのものも性能が上がってるようで、3.2型122.9万ドットのRGBW配列ですし、物理的な部分だけでなく、モニターの色調をカスタマイズ可能になってるのは地味に嬉しいポイントかも。
    カラープロファイルというほど細かくはないかもしれませんが、パソコンと色合いを揃えたりできるのは小さな一歩ですが大切な部分での進化と言えそうです。

    メカベースとしてはD810よりもD610に近い印象ですが、よりコンパクトになっていて、なんとなくかつてのD70を思い出させるような気がするのは元ユーザーだからで型番がちょっと似ているからでしょう。
    確かにサイズもD710は140.5×113×78mmの約750g(本体のみ)で、D70は140×111×78mmの約595g(本体のみ)と、重さ以外は非常に近い寸法です。
    D610と較べても奥行きが薄くなってるのは気軽に持ち歩きたい私には嬉しいですね。

    私もそろそろメイン機見直しを…と長らく思ってるんですが、ソニーのほうがもう光学ファインダーには期待できないでしょうし、やっぱりニコンかな。
    ただしお値段は20万円台でのスタートのようで、現実的にはD610が狙い目なのかもしれません。

    Filed under: DigitalPhoto
    2014/09/12 7:00 pm | Nikon D750 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.