• 196月

    先日からお借りしていたVAIO Zの返却期限が近づいてきたので、我が家唯一のノートパソコンiBook G3もまた活用してあげようかなぁと。
    ただ、なにぶん年代物になってきましたし、HDDはたったの15GBですから、多少強化してあげる方法はないかなぁと考えてみました。

    容量的にはシステムだけなら15GBでも十分足りていますから、SSDに換装するというのはどうかなぁと調べてみると、結構同じように交換されてる方がいらっしゃいます。
    iBookが分解しづらいので多少面倒みたいですが、HDD以上の容量でも結構安くなりましたしね。

    USBタイプのものから起動が可能なら、それも良いかもしれませんが、そこは情報が見つけられませんでした。
    これができたら、換装の手間もなく、内蔵からの起動にもすぐ戻せるので良いかも。

    ただ、CPUやメモリなど、根本的な部分は解消しませんからねぇ。
    それを考えれば、もうちょっと新しいモデルに買い換えたほうが良いのかなぁ。

    【中古】Apple MA701J/A

    【中古】Apple MA701J/A

    価格:54,800円(税込、送料込)

    ただ、寝室でちょっとブラウジングするくらいならiPadのほうが良いのかもしれませんし、気軽なUSBタイプのSSDをまずは試してみたいなぁと思っています。

    Filed under: Mac
    2010/06/19 3:54 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    確か、iBookはUSB接続のHDDからでも起動できたような記憶が...。私が使っていたPowerBook G3(PISMO)はできたことありますし...。

    と言うか、換装が面倒以前にIDE接続(e-ATA)のSSDを探す方が大変じゃないですかね? iBook G3はS-ATAじゃなかったはずです。
    できる事なら、私のMacBookもSSD化したいですねぇ。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    記憶を辿ってみると、うちにあるiBookはFireWireのHDDで起動できたはずです。
    2.5インチ用のFireWireケースは持ってるので、それをSSDにする手もありますが、ノートの軽快さは削がれちゃいますね。

    IDEについてはまだ残っているようですよ。
    上でご紹介しているトランセンドのはIDEです。
    ただ、互換性の保証があるわけではないので、そこは注意が必要ですね。

  • SKY ONE Says:

    スティックメモリにUbuntu入れて起動とか
    って、それじゃ林檎でなくなるかぁ(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    Ubuntuだとサーバーエディションじゃないと、ちょっと荷が重いかも。
    別にMac OS Xにはこだわってないのですが、何にしても既に非力すぎるんでしょうね。
    YouTubeの再生すら、ままなりませんから…。(^^;

  • SKY ONE Says:

    じゃ、液晶外して、そこにipadを(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    そこはもう逆転の発想(?)でiPadにiBookを内蔵しちゃいましょうか。
    メモリも同じ256MBですし。(^^;
    iPhone 4は512MBだそうですから、ケータイにメモリで抜かれるというのは皮肉なものです。