• 058月

    だいぶ前から出ると言われていたGXR用のライカMマウントタイプのユニットがついに9月に発売になる予定だそうで。

    型番は「GXR MOUNT A12」とのことで、APS-CサイズのCMOSセンサーですね。
    これまでのユニットはレンズ一体型で、シャッターもレンズシャッター式だったので、今回のフォーカルプレーンシャッターやレンズ交換式というのは意外と大変だったのではないかと。
    その影響もあってから、意外と分厚いなぁというのが正直な感想です。
    Mマウントなので、ボディとツライチくらいになってもおかしくない印象なんですが、元々フォーカルプレーンシャッターが収まるようなデザインになってないんでしょうね。

    なお、フォーカルプレーンシャッターを搭載してはいますが、電子シャッターを使うことも可能なんだとか。
    電子シャッターなら1/8000秒までいけるようです。(フォーカルプレーン時は1/4000秒まで)
    この辺りを見ると、フォーカルプレーンといってもD70とかKiss X50みたいな簡易式なのかもしれません。

    PENTAXと一緒になったらGXRはどうなるのかなぁという気もしますが、無理にレンズ交換式にこだわらなくてもAPS-Cサイズの大型素子のコンパクトとして残る線もあるのかも。
    あと、どうせならGXR 28mmと同等のMマウントレンズも限定で出してくれたら面白いかもしれませんね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/08/05 8:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    「GXR MOUNT A12」モニターキャンペーン 応募しました。
    Mマウントレンズ持ってないのに(笑)

    アリフレックスシネレンズをMマウントで使うと書いたけど
    こんなレンズじゃだめだろうなぁ(笑)

    絞り付きの110ユニット出してくれませんかねぇ
    絶対儲からないけど(笑)

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    これ、ローパス無し、ピント確認は拡大とピント合致部分強調が可能だそうで、価格も本体(GXR)込みで9万円もかからないようですので、レンズ遊びと言う観点から考えると、ソニーのものと比較しても、中々、魅力的ですね。

    マイクロフォーサーズの場合、やはり、焦点距離2倍と言うのが使いにくいですので、APS-Cの1.5倍ならば、まあまあ許容範囲のような気がします。後は、デザインが私の趣味でないのと、液晶ビューファインダーが別売と言うことでしょうか。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    私もモニター応募しました。
    Lマウントしか持ってないですけど、さらにマウントアダプタをかませば、いろいろなレンズで使えるかと。

    110もM-110なんていうマウントアダプタが登場すれば使えそうです。
    とても出そうにないですけどね。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ローパスなしというのは興味深いです。
    デメリットもありますが、ほかと同じでは面白くないですしね。

    マイクロフォーサーズの2倍も慣れればそこそこ使えますよ。
    広角は純正のレンズで補うしかないですけどね。