• 237月

    少し前にゲットしたFinePix S5000ですが、問題点だった電池フタの爪折れがなんとかなった(といってもテープの巻き方を工夫しただけ)ので、持ち歩いてRAWで撮ってみました。

    この機種、実際の画素数は300万画素クラスなんですが、RAWでもハニカムHRということで、RAWも600万画素相当の記録になるんですね。
    それもあってか、画質的にはなかなか良好です。
    ノイズは多めですが、CanonのモデルをCHDKでRAW出力したものよりも発色が素直(ちょっと派手だけど)で扱いやすいです。

    ISOは200固定になりますが、DP1はAUTOだと最高でも200ですから、そこは問題なかったです。
    ノイズもLightroomのパラメータ次第でなんとでもなりますし。

    RAWの保存も思ったより速いんですよね。
    比較対象が一緒に持ち歩いてたDP1だからかもしれませんが。
    1/2.7型と小さな素子ですが、この頃は画素ピッチに余裕があったんでしょうね。

    現行のFinePixだと、先日お借りしたF550EXRとかHS20EXRあたりがRAW対応です。
    気分的にはX100が使ってみたいけど、まずは手持ちのS5000をもう少し使いこなしてみたくなりました。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/07/23 12:00 pm | FinePix S5000をRAWで はコメントを受け付けていません

Comments are closed.