• 1412月

    AdobeのRAW現像ワークフローソフト「Lightroom」が4.3にバージョンアップしています。

    Mac版はRetinaディスプレイに対応したそうで、対応モデルをお使いの方はRAW現像が捗りそうです。
    うちはMac miniなので全く関係ありませんが、外付けディスプレイもRetinaモデルが出たら良いのになぁ。

    また、いつものように新しいカメラへの対応もしっかり追加されていて、以下の機種に新規対応したそうです。

    キヤノン EOS 6D
    キヤノン PowerShot S110
    キヤノン PowerShot G15
    キヤノン PowerShot SX50 HS
    カシオ Exilim EX-ZR1000
    カシオ Exilim EX-FC300S
    ライカ M-E
    ニコン 1 V2
    ニコン D5200
    ニコン D600
    オリンパス PEN E-PL5
    オリンパス PEN E-PM2
    オリンパス STYLUS XZ-2 iHS
    パナソニック DMC-GH3
    ペンタックス K-5 II
    ペンタックス K-5 IIs
    ペンタックス Q10
    ソニー DSC-RX1
    ソニー NEX-VG30
    ソニー NEX-VG900

    これ以外にもライカのレンズなど、光学補正対応のレンズプロファイルも増えたとのこと。
    バグ修正も多数されているようですし、Lightroom 4をお使いの方は更新しておくと良さそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/12/14 7:00 pm | Adobe Lightroom 4.3 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.