• 191月

    AGFAのデジカメ「sensor 830s」が発売されるようで。


    AGFA PHOTO sensor 830sブラック

    どちらかというとトイデジの印象が強かったのですが、今回の機種は
    顔検出などもあって、なんだか本格的な感じです。

    800万画素のCMOSセンサーですが、このあたりから出てくる絵が
    どんな感じなのか次第で、味わいが変わってくるのでしょうね。
    その辺は、今後の評判待ちなのかも。

    カメラとしては、3倍ズームレンズや2.4型液晶など、どちらかといえば
    本格派を目指してるようにも感じますが、それだと中途半端かもなぁ。
    お値段は安めなので、トイデジっぽい香りはしますけれど。

    唯一、赤っぽい丸くて大きなシャッターボタンだけはアグファらしさを
    強く主張しています。
    デザインは個人的には合格だなぁと思うのですけどね。

    私としてはトイカメラだったら、フィルムのほうが面白いかなぁと感じます。
    Vivitar Ultra Wide&Slimも同じお店で扱ってるので、いっしょにゲット
    されるのも良いのではないかと思います。


    Vivitar Ultra Wide&Slimブラック

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/01/19 5:30 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    なんか普通のカメラになっちゃってつまんない(笑)
    でも、AGFAを名乗るにはデザインがイマイチですね

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    Optimaあたりの大きなファインダーを装備してくれたりすると、
    面白そうなんですけどね。
    ある程度の部分は、どこかのOEMなのかもしれませんね。

  • SKY ONE Says:

    ローライはペンタックスでしたっけね

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ローライもOEMだったんですね。
    本元は結局、SANYOあたりだったりするのかも。

    せめてレンズくらいは各メーカーの特徴を
    反映してほしいものですけれどねぇ。