• 165月

    カメラグランプリ2013が発表されて今年の大賞はソニーの「DSC-RX1」に決まったそうで。

    過去を見てみてもコンパクトカメラが受賞したのは珍しいのではないかな?
    調べてみると1996年にミノルタのTC-1が受賞して以来かと。
    私はまだ触ったこともない状況なんですけど、この機種が登場してからコンデジの素子大型化が必須事項になってしまったという感覚はあります。
    今回はDP Merrillシリーズもカメラ記者クラブ賞になってますし、高級コンデジの年ですね。

    さらに言うと、シグマさんはレンズ賞でも「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」で受賞していて、どちらかと言うとニコン・キヤノンが仲良く賞を分け合う印象が強かった中で、地道に勢力を伸ばしてるなぁと感心してみたり。
    そんなニコン・キヤノンもD800EとEOS 6Dで入賞してて、こちらも高性能重視のチョイスです。

    私自身はカメラ好きでありつつもあまりカメラに高性能は求めていなくて、最近は特に持ち出しやすさとか手に馴染みやすい機種が好きなんですけど、デジタルカメラはまだ進化の途中でもありますし、一般的にはテクノロジー志向がまだまだ強くて良いのではないかと思います。
    そのテクノロジーは手の届きやすい普及機にも降りてくるわけですし、そもそも存在だけであこがれの対象となるモデルがあるというのは趣味の世界には良いことですしね。

    今年はオリンパスとペンタックスリコーは受賞を逃しましたが、来年はおそらくGRも入ってくるでしょう。
    オリンパスもそうですが、PanasonicやCASIOなどもグランプリが狙えるような注目機種を出してくれると良いなぁと期待しています。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/05/16 12:00 pm | カメラグランプリ2013 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.