• 087月

    SONYからいくつか新しいコンデジが発表になりました。
    私が一番気になるのは「DSC-WX5」かな。

    WX1の後継機にあたるようで、裏面照射CMOSが新世代の1/2.3型1220万画素になっています。
    WX1は1/2.4型1020万画素でした。
    基本感度もWX1のISO160からISO125になっていますので、低感度時の特性が改善されている可能性もありますね。
    もちろん、画素数が増えてるので、良くなってるとばかりも言えないかもしれませんけど。

    レンズ自体はWX1と同じみたいで、Carl Zeissは名乗らず、SONY Gレンズです。
    広角だと電子補正が入るからCarl Zeissを名乗れないんでしょうかね?
    まぁ、ブランドだけ名乗っても実が伴わなければ意味が無いんですけどね。

    機能的には動画や3D対応がメインのようですが、個人的にはそこはあまり興味がないかな。
    AVCHDで60iに対応してるのは良い気もしますが、相変わらず連続29分制限は残ってますしね。

    むしろ、記録メディアとしてSDXC/SDHC/SDカードに対応したのは、うれしい方も多いかも。
    もちろん、メモリースティックPROデュオにも対応してますが、xDカード同様、いずれSDに統一されてくるかも。
    SONYはiPod対応機器の国内販売も始めましたし、だいぶ路線変更してきているのかもしれませんね。

    WX1が安くなってるので、そちらのほうがお得感はある気もしますが、裏面照射CMOSの進化次第ではWX5も魅力的かもしれません。
    そのあたりは店頭で確認できたら良いなぁと思っています。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/07/08 7:47 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • cardamom Says:

    こんばんは。

    これは興味深いですねえ・・・。
    低感度での画がどれくらい変わっているか気になります。

    HX5Vも秋くらいにマイチェンしませんかねえ・・??

  • SKY ONE Says:

    動画と言えばギズモードに出ていたニコンのミラーレスは
    動画が売りのようですねぇ

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    その後の情報だと、やはり素子は新世代のものっぽいですね。
    店頭ではなかなかわかりづらいので、モノフェローズでお借りできたりすると良いのですけどねぇ。

    HX5Vもマイナーチェンジする可能性もあると思います。
    まぁ、私は古めのTZを持ってるので、それで頑張りますけどね。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ミラーレス勢力も無視できない段階に入ってきましたし、
    ニコンはどうやら参入してきそうですね。
    素子はどうも小さめになるような噂ですが、どうなるのかな?