• 165月

    DALIの創業30周年モデルのティザー広告の件は先日書きましたけど、その該当モデル「MENTOR MENUET SE」が発表されました。

    その時の予想通り、やっぱりMENTOR MENUETの限定モデルでしたね。
    ちなみにこのモデルは日本限定で、海外の30周年モデルはFAZON F5だったりします。

    予想が外れたのはスピーカーターミナルがバイワイヤリング対応になることはなかったわけですが、ターミナル自身はEPICONと同等の大型のものになっています。
    ちなみに今回のモデルとは関係ありませんけど、うちで愛用しているRoyal Menuet IIはバナナプラグに対応していないと思い込んでたんですが、実はキャップが付いてるだけでバナナプラグ対応だったのに今さらながら気付きました。
    今はYラグを使ってるので、まさに今さらな感じなんですけどね。

    話をMENTOR MENUET SEに戻しますと、他にはネットワークがかなり大きく強化されているようです。
    コンデンサーがSOLEN製SCRになったり、配線がCORDIAL IIIのカスタムになってるとのこと。
    あとは外装がルビーマカッサルというものになって木目が特徴的な感じですが、デザイン的にはちょっと合わないかなぁという気もします。

    まさにSpecial Editionというところなんですが、気になるのはお値段が実売でペア14〜15万円台というところです。
    SEじゃないノーマルなMENTOR MENUETは現状、10万円前後ですからSEの強化ポイントにそのコストデメリットを払拭する魅力を感じるか、というところでしょうか。
    実質的には値上げ的な要素も含まれてるかと思いますが、EPICON 2になれば40万円台なわけで、それを考えればお買い得と言えるのかもしれません。
    逆に少しでも安く、という方は現行のMENTOR MENUETを早めにゲットしたほうが良いでしょう。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/05/16 7:00 pm | DALI MENTOR MENUET SE はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.