• 298月

    YAMAHAからモバイル向けヘッドフォン、PROシリーズが海外発表されたようで。

    タイトルにしたPRO500は最上位モデルで、50mmドライバーにアルミ製のイヤーカップを使ったものだとか。
    直販で399.95ドルですから、それなりの高級機ですね。
    他に2機種出ていて、同じ50mmドライバーで着脱ケーブルが片耳側のみ接続可能な「PRO400」と、40mmドライバーの「PRO300」とのこと。
    それぞれ100ドルほどずつ下がるので、お買い得感はPRO400かな。

    それにしても、イヤーカップに描かれた音叉マークが印象的です。
    ヤマハといえば、やっぱりこの音叉マークがブランドの象徴なんでしょうね。
    私も高校生の頃、オーディオのカタログを収集してる時に、ヤマハのだけを集めた袋に、この音叉マークを手書きで描いたりしていました。
    最初からこのマークだったのかと思いきや、創業当初は鳳凰が音叉をくわえたものだったんだとか。
    3本の音叉はヤマハの技術、製造、販売の3部門の強い協力体制を表してるんだそうです。

    国内でも少し前にヘッドフォンやイヤホンの販売を再開しましたが、今はまだ一部店舗や直販に限定されてるんですよね。
    製品自体もまだイメージ戦略っぽい印象が強くて、ヤマハの技術を強く生かしたものになっていなかった印象が個人的にはありました。
    今回のPROシリーズでは、まさにその3本の音叉が協力した製品になってると良いなぁと思いますし、ぜひ国内でも販売してほしいところです。

    Filed under: Audio
    2012/08/29 12:00 pm | YAMAHA PRO500 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.