• 212月

    CHORDのインターコネクトケーブル「Clearway RCA」を入手してみました。

    CHORDのインターコネクトケーブルはすでに以下のものを持っているのですが、Anthem Reference XLRを使ってみてわりと最近のもののほうがクセが少なめで、今のシステムとの相性が良いのではないかと。

    ・Indigo Plus
    ・Chameleon Silver Plus(2組)
    ・Cobra Plus
    ・Crimson Plus

    Clearwayはスピーカーケーブルの切り売りも以前試していて、そちらはイマイチ好みとは違ったのでやや冒険ではあったのですが、結論から申しますと想像以上に良かったです。

    まずはヘッドフォンで確認ということで、HD-7Aでそれまで使っていたChameleon Silver Plusと入れ替えてみました。
    同じ銀メッキのプラグですが、世代が新しくなりVEE3プラグとなっていますし、Tuned ARAY構造になってることもあるのか、まずプラグの嵌合が気持ち良い具合になっています。
    Indigo Plusも一時期使っていたのですが、かなり背面が窮屈なセッティングのため、プラグに負荷が掛かってしまい、音が歪んだりすることがありました。
    この頃の上位モデルはRCAプラグのセンターピンがグラグラで扱いがかなりセンシティブなんですよねぇ。

    Indigo Plusと比べても負けない、いや、より透明感のある高域を聴かせてくれますし、もう少しソリッドな音調です。
    低域はしっかり出ていますが、上位のケーブルと比べれば量感はそう多くはありません。
    むしろ、より細部にフォーカスが合っているような印象を受けるもので、ヘッドフォンで聴く場合には緻密で静寂感の高いサウンドが楽しめる分、似合っているように思います。

    対して端子を自前で交換したChameleon Plusは低音こそやや深みがあるものの、透明感は後退し、良く言えば燻された香りが漂う雰囲気となります。
    落ち着いた味わいあるものではありますが、HD600をリケーブルして鮮度が向上しただけにやや濁って感じる部分もあります。

    想像以上に良かったのもあり、今度はMusical FidelityのX-DAC V3をClearwayに変更しました。
    こちらも元々はChameleon Plus(プラグがオリジナルのもの)を使っていましたが、中低域がちょっとブーミーになりがちな傾向があるMusical Fidelityのほうが先に変更すべきかなと。

    ちなみにプラグ交換してないほうをHD-7Aにつなぎましたが、こちらの方がややClearwayに近い印象です。
    低域がさらに厚めな感じでザラつきが感じられる部分も多少ありますが、まずはメイン機材優先というところです。
    Musical FidelityはOlasonic NANO-NP1が音源で、ネットワークプレーヤー特有の静寂性の高さがより活きたものとなります。
    余韻の精度が高いのが特徴的で、かと言って残り過ぎず、痩せ過ぎないバランスの良さも気に入りました。
    音像も膨らみ過ぎなくて程よいバランスですし、帯域もよりフラット志向で精度が高いものですから、やはり新しいCHORDのほうが現代的なバランスに仕上がっているという見込みは間違っていなかったようです。
    エントリークラスのケーブルながら、上品さもありますし、これはかなり当たりだったようですね。

    そうなるともっと上位のケーブルも気になりますが、ここはあえて同じケーブルを…。
    おっと、それはまた後日ご紹介することにしておきましょう。

    Filed under: Audio
    2018/02/21 12:00 pm | No Comments
  • 182月

    TELOSからアクティブアース発生器「Grounding Noise Reducer Mini 3.1」が2/20に発売だそうで。

    少し前に噂は耳にしていたのですが、いよいよ正式発表されましたね。
    GROUDING NOISE REDUCERのほうも素晴らしいアース生成能力と伺ってはいたものの、60万となるとなかなか…でしたが、今回のGNR Mini 3.1は255,000円ですから多少身近(?)になったかも。
    基本的な動作の仕組みは同じですが、アースターミナルが2個(GNRは6個)に減っている程度なので、通常用途なら差はないと考えて良いでしょう。
    ただし、GNRは2つの独立プロセッサで演算していたので、3個ずつは独立したアースとなっていましたからアースループを作らずに2系統をカバーできましたけど、今回のでそれをやろうとすると2台必要ということになります。

    アースの接続先はオーディオ機器のアース端子、それに電源タップのアース端子が想定されています。
    iFi audio iPurifier ACのアース端子につなぐことも想定しているのはなるほど、という感じがします。(代理店的な意味合いも含めて。
    付属ケーブルは双方がYラグの2本ですが、ニーズに応じてオプションでいろんなタイプが用意されているようです。
    ちなみに他の製品でスピーカーのマイナス側に繋ぐのを推奨してるものがありますが、この製品(に限らないと私は思うのですが)は電位をアクティブに生成しますから、絶対にやめておいたほうが良いと思われます。
    アンプがBTL駆動でなければ他の仮想アース装置は大丈夫なのかもしれないですが、個人的には浮遊容量の変動をもたらす要素になるだけで効果よりも危険性が高いように思うのですけどね…。(個人の感想です。

    また、電源ノイズを光に変えることで低減するという「Quantum Noise Resonator 3.1」も同日発売予定です。
    意外とこちらが興味深い気がしていて、単に光る系統のノイズ低減装置は今までもたくさんありましたが、これは一種のクリーン電源みたいな仕掛けでノイズ成分を差分検出して、それを光に変えることで消費させてしまうような考え方だと思われます。
    AccuphaseやLUXMANのクリーン電源が差分をアンプで生成した逆位相の波形で打ち消しているのに近い考え方かと。
    低い周波数領域やクリップしたような部分は補正できないでしょうけれど、オーディオ機器に影響が及びやすい高周波成分はむしろ追従性高く消せる可能性を秘めているように思います。
    お値段は215,000円ですので、小さめのクリーン電源は買えてしまいますけど、こちらは大容量の機器を繋げるようですし、パワーアンプなども含めて電源タップごと対処するのには良さそうですね。

    ただひたすら高い!とお考えの方も多いかと思いますが、iFi audioとのコラボなど将来的な展望も見える気がしますし、こういう製品の登場で刺激を受けた他社からも類似の製品が登場する可能性もあります。
    その新たな道を切り拓くという点からしてもTELOSは注目のブランドではないかと思っています。

    Filed under: Audio
    2018/02/18 12:00 pm | No Comments
  • 172月

    先日導入したサウンドケアのSuper Spikeは良くなった部分が大多数ですが、一部気になる要素も出ていました。

    前回も書きましたけども、Matrix 802S2の底板はかなり薄いこともあってか、中低域がやや響きやすくなっています。
    また、リスポジから動いた場合に位相の乱れを感じる部分があり、これを改善したいなと。
    最初はこのままでも良くなった部分のほうが多いから良いか、と思っていたのですが、某氏にアドバイスしていて気づいたことがあり、まずは自分で実践してみようと。

    特に難しいことではなく、スパイクでできたスピーカー下の隙間にACOUSTIC REVIVEのアコースティック・コンディショナー「WS-1」を挟んでしまおうというアイデアです。

    少々、WS-1には可哀想な扱いになってしまいますが、隙間が結構ギリギリなのでむりやり押し込んだ感は否めません。
    ただ、音の変化は想像以上で、低域の濁りが減ってより明瞭になり、リスポジから動かない状態でも位相のブレみたいな感じが明らかに減っています。
    なにぶん狭い部屋なのもあり、大きいスピーカーをギリギリのスペースに配置していますから、壁や床からの反射音がスピーカーの下の隙間も通ってくるのでしょう。
    特に底板の強度不足はかなり顕著なので、余計に目立つのかも。

    見た目はちょっとどうかなぁというところもありますが、別に他人にお見せするためにやってるわけではありませんし、音が良いこと優先で。
    他のスピーカーは底面もそんな作りではないと思いますし、昔あったピュアシルクアブソーバーなどでも良いのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2018/02/17 12:00 pm | No Comments
  • 152月

    Ar:tioという新ブランドから個性的なイヤホン「CU1」が2/23発売予定だそうで。

    Ar:tioと書いて「アルティオ」と読むようですが、実はこのブランド、茶楽音人を手掛けていたTTRさんによるものです。
    「Ars」と「Creatio」の造語だそうですが、より創造性の高い製品を生み出していく心意気が感じられますね。

    CU1はその第一弾で、ひとことで言うと「ヘッドホンのような音を目指したイヤホン」だとか。
    私も愛用させてもらっている「Donguri-鐘 Re-Cable」もスピーカーや開放型ヘッドフォンのような音の広がりを持っていましたが、それをまた違った構造で実現しているようです。

    その構造というのが新開発のイコライザー技術「a.i.m」というものです。
    「Absorbing Ideal Mechanism」の略のようですが、カナル型固有の刺さりにつながる帯域をヘルムホルツ共鳴の仕組みを応用して、ドライバーユニットの前面にコレを配置するという独特のものです。

    もう一つの特徴はリケーブルへの対応具合です。
    最近はリケーブル対応のイヤフォンが増えていますが、大抵は左右のユニット部分で挿し替える構造ですが、このCU1はL/R分岐部分に2.5mm 4極のメスプラグを用意して、ここから交換するという、ある意味合理的な構造を取っています。
    これだと接触不良を最小限に留めることができますし、つい引っ張ってしまった場合にもそこから抜けることで断線を極力予防することができます。
    そもそもバランス接続がしっかり規格統一されていればもう少し悩みも少なくて済むのかもしれませんが、実際には大抵のケースではアンバランスで繋ぐでしょうし、その辺りも含めて合理的だと思います。

    また、保証に関しても画期的な取り組みがなされていて、生産終了までは回数制限なく「半永久保証」してくれるという自信溢れる内容です。
    もちろん、故意のものや物理的破損などは除外で、自然故障限定ではありますが、回数制限なしに無償保証をブランド初号機から実施するというのはかなり大胆なものです。
    それもMADE IN JAPANで製造・品質管理を行なっているからこそ、でしょう。

    他にもハイレゾ何処吹く風という20〜20kHz表記や18Ωと使いやすい内容や、付属イヤーピースは定評あるSpinFitのS/M/Lサイズ付属と、かなり意欲的な内容になっています。
    店頭予想価格は12,900円前後だそうで、まずは何より聴いてみたいなと感じさせる内容ですね。
    今後もRK01という別の仕組み(Six kilohertz Intercept System)を搭載したイヤフォンや、さきほどのCU1のリケーブルなどが登場予定のようですし、楽しみなブランドに成長していきそうです。

    Filed under: Audio
    2018/02/15 12:00 pm | No Comments
  • 112月

    ACOUSTIC REVIVEさんのPC-TripleC/EXを使ったリード線「absolute LEAD WIRE」ですが、これのおかげでカートリッジはZYX Ultimate 100で固定状態になっています。

    なによりいちばんの違いはその安定した音場表現と熱情的なサウンドで、ZYX Ring導入と合わせてアナログレコードを想像よりもかなり高い極み(当社比)に持っていくことができています。
    一方、音源自体は必ずしも全てがアナログ盤で入手できるわけではないですし、SACDプレーヤーの選択肢もどんどん狭まっているように感じているところもあり、ネットワークオーディオのほうにも少し手を入れ始めています。

    そこで双方でちょうど同じ音源のあるデュ・プレのハイドン・チェロ協奏曲第1番ハ長調でレコードとハイレゾ音源を比べてみることにしました。
    ちなみにレコードと言ってもデュ・プレのオリジナル盤は高級過ぎて手が出せず、私の持っているのは最近出た24bit/192kHzがマスターの再発盤BOXです。

    さてまずはハイレゾ音源ですが、こちらは24bit/96kHzで配信されているものです。
    こちらもアビィ・ロード・スタジオのマスタリングとなっていますから、本来は24bit/192kHzでマスタリングされていると思うのですが、なぜか配信は96kHzなんですよね。

    こちらをOlasonic NANO-NP1からMusical Fidelity X-DAC V3から鳴らしてみます。
    以前、Audirvana PlusとX-DDC経由で鳴らしていた頃からするとだいぶ「ハイレゾらしさ」が出てきて、繊細な表情がしっかり出てきてくれています。
    ちょっと上品な印象もありますが、ある意味、古さを感じさせないフレッシュな音になっていて、聴いていて満足感が感じられるものになってきました。
    ここまで聴いた段階ではレコードは同じデジタルマスターから起こしたものですし、さすがにハイレゾの圧勝かなぁと思いつつレコードを出してきました。

    しかし現実はそうは行かなかったんですよねぇ。
    absolute LEAD WIREを装着したZYX Ultimate 100はそんな憶測をあざ笑うかのように、部屋の空気をいっぺんに演奏の世界に塗り替えてしまいます。
    録音時の空気感や熱気が伝わってくるところは、我が家の環境では圧倒的にレコードのほうです。
    音質的なところでも中低域の厚み、いや楽器や演奏そのものの重みが違いますし、弦の揺れや身体の動き、心情の入り具合なども表現されるのは流石としか言いようがありません。

    ただ、ピアニシモの細やかさではやはりリスニングルーム内でのS/Nも大きく向上したネットワークプレーヤーが有利な部分が出ています。
    あとはその表現の部分でもう少しウェットさがあれば良いのですが…。
    ともするとレコードは「あたたかい音」みたいな安易な表現(失礼)がされがちですが、absolute LEAD WIREと最新のカートリッジで描き出されるそれは明らかに違うもので、あえて似たような表現をするとすれば「現場の温度再現されている」ということなのだと思います。
    たとえば電話でも生で話しているのと、いくら高音質でも録音されたものとでは明らかに臨場感が違うと感じるはずですが、それと似たような違いを感じます。
    レコードとデジタル機器の音を発する構造やリアルタイムさに違いがあるのかもしれませんし、デジタル機器もさらに極めれば逆転する可能性もありそうですが、むしろデジタルのほうが道は険しいのかな?と思ってしまう部分もあります。

    absolute LEAD WIREでは、そこに音の安定感や分離の良さも加わり、現代的な良さも反映されていますからなおのことです。
    特に音の揺らぎが格段に少なく、ダイレクトさが高まっています。
    その上で音楽を心の底から楽しい、素晴らしいと感じる時間を生み出してくれるのが秀逸なところです。
    これをデジタルでやろうとするなら、外部クロックなりトランスポートなりを見直す必要があるのでしょうか。
    「たかがリード線」というイメージもお有りかと思いますけれど、体感上はそれくらいの違いが出ていますし、そういう意味では「良い音楽への近道」とも言えるような気はします。

    この感覚、腕時計でいえば機械式腕時計の秒針がハイビートで刻をきざむようなものでしょうか。
    デジタルをクォーツ腕時計に喩えるとするならば、そちらのほうが全体の時間経過としては明らかに正確なのかもしれませんが、そもそも秒針が1秒おきにしか動かないから、時間の過ぎる感覚にリアルタイムさが薄まっているように思います。
    もちろんそもそもあまりに精度が低ければ、「機械式の雰囲気」に酔っているだけになってしまいます。
    そこをキチンと高い精度で両立させるための精密加工技術を込めた「マニュファクチュール」の一要素がabsolute LEAD WIREであり、ZYX Ultimate 100なのではないかなと感じた比較でした。

    Filed under: Audio
    2018/02/11 12:00 pm | No Comments
  • 102月

    soundcareのスーパースパイク「SS6」が以前から気になっていたのですが、ちょうど出物があったのでゲットしてみました。

    取り付け先は当然ながらB&Wのスピーカー「Matrix 802 Series 2」でして、純正スパイクが付属していたのですが、その一本が折れてしまったんですよねぇ。

    おそらく元から折れていて瞬間接着剤か何かでくっつけてあったのではないかと思っています。
    緩み止めのボルトがそれだけ回らなかったですし…。
    これがM6だったので1本あるいは4本とか手に入らないかなぁと類似のものを探してみましたが、これが意外と見当たりません。
    M8のほうが主流のようで、サウンドアンカーやコイズミ無線で買ったJantzenAudioもM8でした。

    また出物があっても4個ということが多いのですが、今回はしっかり8個ありましたからココでゲットしておかねばということで。
    ただ、私はM6だからと安心していたのですが、同じM6でもネジピッチが並目と細目があるようです。
    M6の場合ですと、並目が1mm、細目が0.75mmだとか。
    SS8のネジピッチは1mmらしいので、おそらく細目ではないかと推測されます。
    幸い、802には問題なく装着できたので、ネジピッチについては確認していません。(ぉ

    高さも微調整可能ですが、あまり高さを取りたくなかったのでいちばん奥までねじ込んでしまいました。
    装着自体は当たり前ですけども、スピーカーを寝かせないと無理で、802のマニュアルにも書いてありますが、スパイクに負担を掛けないよう、スパイクを軸にして起こさないように注意が必要です。(それをやるから折れる…。

    正直、スパイクの音傾向は個人的にあまり好みではなく、たしかに低域はダブつかなくなるものの、何処か淡白でいて金属的な響きが乗ったような感覚を受けることが多い印象でした。
    それはスパイク受けの影響もあるのでしょうし、素材の問題なども関係しているのでしょう。

    ただサウンドケアについては以前もマイクロ精機のプレーヤー「MR-611」がヘタっていてそれに使ったことがあるので、良い意味でスパイクのデメリットが少ないなという好印象もありました。
    実際、クォーツアンダーボードの上に置いたからというのもあるのでしょうけれど、低音のカブりは相当スッキリしつつ、スパイクにありがちな固さは少なめで、なおかつ音階が濁らないのが印象的です。
    パイプオルガンなどで特に顕著ですが、かなり上の帯域でも効果はあって、ボーカルなどの帯域も濁らず、透明感が向上したように感じます。

    これまで使ったスパイクのような硬さや高域寄りにキンつくところはあまり感じられず、そこはサウンドケアとクォーツアンダーボードの双方が有効に働いているのだと思います。
    全体に音の抜けが良くなった印象ですし、階下への響きも50Hz以下ではだいぶ軽減されたようです。
    また、高さもほどほどに高くなったため、椅子の高さとの相性もやや改善傾向なのかもしれません。
    これについてはRWL-3の上端に近づいたというところもあるので、メリット・デメリット双方ありそうですけどね。

    中低域はむしろやや響きやすくなった感はあります。
    Matrix 802S2の底板はかなり薄いため、下から背後の音が回り込むと底板が鳴ってしまうところがあるのかも。
    また、バスレフ効果のような低域がやや顔を出すのと、リスポジから少し逸れた際の位相の乱れが増えた印象もありますが、低域のカブりの減少によって目立つようになっただけかもしれません。
    そもそも、ウチではあくまでクォーツアンダーボードの補助的な位置付けになりそうですが、場合によってはスパイクによって持ち上がった隙間にWS-1を入れるなどして、もうちょっと対処してみても良いかなと思っているところです。

    Filed under: Audio
    2018/02/10 12:00 pm | No Comments