• 2111月

    スピーカーケーブル再考から導入までがあまりに早かったですが、PURIST AUDIO DESIGNのスピーカーケーブル「MUSAEUS」を導入してみました。

    当初はCardasの現行モデルも考えたのですが、それも含めてお店に相談したところ、もちろんCardasも悪くないけれど中古ということもあって価格的にはPADもお得かも、というお返事でした。
    もちろん音傾向などは全然違いますが、むしろそれを試してみたいという気持ちのほうが強かったというのもあります。
    気軽にお試しというほどのお値段ではないですけどね。

    それにバイワイヤリングのケーブルの出物なんてそんなにあるものではありません。
    そしてこの太さはやっぱりオーディオマニアにはたまらないところですし。
    「ミューゼアス」と読むこのケーブル、当時は一世を風靡した「ISTARU」の海外モデルで国内正規品では当然ありません。
    PADというと液体の入ったケーブルも多いんですが、これはFEROXという金属系パウダーのシールドが入ったものです。
    中身は銅と銀の合金(?)らしいですが、Cardasの偽物騒動同様、こちらも中身がBELDENでは?という噂が出たりして一時の人気を失ってしまった感があります。
    ちなみに現在もリビジョンアップされて、代理店が変わったものの、MUSAEUS自体が現行製品として販売されています。

    今回入手したものは、時代としてはシーエスフィールドが代理店だった頃のもので、ケーブルを光に透かすと赤い硬めのジェルっぽい感じのものが見えるので、そういう意味ではニセモノではなさそうです。
    端末処理は全て8mmのYラグですが、やや広めなのでパワーアンプにもギリギリそのまま装着できました。
    むしろケーブルがやたらと太くて硬いので、ケーブルの取り回しに気をつけないとすぐにYラグが緩んでしまうのが難点です。

    長さは2.5mと余裕ですが、こちらも固さと太さからしてこのくらい余裕があったほうがつなぎやすいですね。
    スピーカーのターミナルは8mmでもやや太いくらい、わりと華奢なものですけど、こちらはバイワイヤリングで太さ半分なのでパワーアンプ側ほど屈強ではありません。

    PADとしてはほぼ入門クラスのスピーカーケーブルで、当時から独特の音の広がり(お風呂みたいなエコー!?)があるとも言われていましたが、実際にうちのシステムに入れて聴いてみると思っていたよりずっと自然でした。
    鮮度もありつつ、その中に空気感が漂う形で、音像に立体感があるのがQEDとのいちばんの違いですね。
    そういう点ではCardasのほうが近いですが、帯域はもっと広大で静寂感が恐ろしく高いのが印象的です。

    まだエージングのつもりでいろんなメディアやジャンルをちょっとずつ聴いていってますが、中古ということもあってエージングは特に必要なく、最初から本領発揮してくれています。
    ただし、シールドの関係か、ケーブルを動かしたらしばらく落ち着くまで時間がかかるようです。
    かなり実験的に入れてみたところもあったのですが、他がカチッと真面目なシステム構成なのもあって、スピーカーケーブルはこのくらい味わいがあっても良いのかもしれません。

    楽器としてはギターの生々しさやドラムのリズムや音色の正確さが特筆すべき良さを発揮してくれています。
    ボーカルも唇の動きがより分かるようになりましたし、これは楽器でもそうですが合唱など混声の場合に個々の歌唱や演奏が明瞭になって、恐ろしいほどに実在感が出るのが印象的です。
    余韻の残り具合はやはり独特なところもありますが、お風呂のエコーみたいな形ではなく、音源に収録されている残響がややエンハンスされてしっかり捉えられるようになる感じです。
    前述のように静寂感が高まり、背景が静かなためにそう感じる部分もあるかと推測しています。
    このおかげで、部屋の静寂感が上がったような錯覚すら覚えますし、実際、部屋の中の小さな雑音(クリーン電源の唸りやACアダプタのノイズなど)が目立ってしまうほどです。

    横方向の音場の広がりも大きく、これだけ広がると小さいスピーカーや間隔が狭いセッティングだと像が膨らみ過ぎるかもしれません。
    ウチは部屋にしては広めの配置なので特に気になることはありませんでした。

    また、レコードとの相性も良く、これまでイマイチ鳴ってくれてなかったZYX Ultimate 100が水を得た魚のように伸びやかに鳴ってくれて、それだけでも導入した効果があるというものです。
    これまでは高域がやや控えめに感じていたのですが、PADだととても自然に伸びているのがそう感じる理由の一つでしょう。
    ZYX Ultimate 100はカンチレバーがカーボンなので、金属的な付帯音がないのもここで初めて活きてきたのかも。
    発電機構によるステレオ再生の正確さも非常に正確で雄大な音場を生んでいますし、低域のしっかりした部分もドラムの音がアナログディスクでここまで正確に出るのは初めての体感です。
    レコードに限りませんが、真面目な入力系に対してスピーカーケーブルに入れる程度なら、適度な脚色が付いてウェルバランスなのだろうと判断しています。

    そういう意味ではこれ以上、PADを足すことはないと思いますし、スピーカーケーブルもこれでメインを張れるなと。
    Cardasの穏やかさも魅力ですが、それはリビングでゆったり楽しめますし。
    あとはアンプ側のYラグがギリギリなのがやや気になりますが、そこは後日またバナナプラグで試してみたいと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/11/21 12:00 pm | No Comments
  • 1911月

    もうSNSでチラッと答えが出てしまってる気もしますが、QED GenesisとRuby Evolutionにして性能的には良くなったものの、どうもまた細かいところが気になる音に戻ってしまってるのに気づいてしまいました。
    それがダメでCardas Neutral Referenceにしたのをすっかり忘れていました…。

    一時期はRuby Evolutionに変わってもう一本、Genesisを追加しようかとも思いましたが、それではさらにその症状が悪化しそうです。
    QEDにはSupremusという上位ケーブルが登場していますけど、これもユーザーの導入例やレビューが極端に少なく、メーカーに問い合わせもしてみたのですが、返事ももらえなかったこともあり、ここらでQEDも卒業かなぁと。

    そこで、今まで使ったことがないブランドを主体にいろんなところを調べてみました。
    まず気になったのはイギリス勢で、それというのも端末処理がバナナのものが豊富というのがあります。
    P-550はYラグを想定していないのか、内径が9mmくらいあり、通常よく使われている8mmだと装着できません。
    GOLDMUNDでの変換という回避策はありますけど、最初からバナナなら交換もしやすいし便利かなと。

    候補としてはCHORDとAtlasですが、前者は輸入ができず、後者は廉価なものと高価なものの差が激しくてピッタリくる候補が見当たりません。
    そこで縛りを解いて全体に見て回ると、Audioquest、MIT、Nordost、Transparent、そしてVan Den Hulあたりが引っかかりました。
    特にVan Den Hulは以前から気になっていたし、イギリスのショップでも売ってるのですが上位ケーブルはお値段が…。
    「3T The Air」はちょっと手が届きませんし、その下の「The Supernova」や「The Inspiration」でもかなりの価格です。

    また、これらのメーカーは偽物も多く、中古(とりわけオークション)では手が出しづらいという問題もあります。
    そこはCardasも同様で、現行品を購入したほうが安心かなぁという気すらします。
    しかし現行品は現行品で問題がありまして、バイワイヤでバナナプラグあるいは9mm Yラグを希望すると、間違いなくメーカーでの特注生産となってしまいます。
    海外から輸入したいのが本音ですが、そのやり取りを海外のショップとするのはなかなか大変ですし、正規ルートから買っても1ヶ月はかかると思っておく必要があります。

    それでも候補としてはCardasがやっぱり安定かなぁ…と思っていたのですが、ちょっとした出物を見つけてCardasの新品も含めてお店に相談した結果、別の選択肢に手を出した次第です。
    そちらはまた後日、別記事にさせてもらいたいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/11/19 12:00 pm | No Comments
  • 1811月

    ALO audioの「Mini to Mini ケーブル」が一新され、計4種類が発売されたようで。

    私も「SXC22 Mini to Mini」を愛用していますが、さすがにそろそろケーブルが傷んできつつあるなぁと思っていたところです。
    そのグレードとしては「SXC 22 Right Angle Mini to Mini Cable」が出ており、L字型プラグとなっています。
    私のは外装がポリエチレンでしたが、こちらはテフロンになっていますし、プラグも長ささえ合えばL字のほうが持ち出しやすいですね。
    プラグがモールドなのでやや見た目的にはALO audioっぽくないのが残念な気はしますが。

    お値段は希望小売価格で21.500円なので、お安いとは言えませんがそれなりに長く使えるものですし、音の変化も思った以上にあると思います。
    保証期間の3ヶ月というのはもうちょっと長めにできないのかなぁとは思いますけどね。
    もちろん使い方による損傷は別として、ということになりますけども。

    今回発売の中で最高級なのは「Reference 8 Mini to Mini」です。
    こちらになると銀メッキのと純銅を合計8本編んだものになります。
    SXC3が3本ですから単純に本数で考えたら、こちらのほうがお得なくらいかも。
    もちろんこちらも被膜はテフロンですが、プラグはこちらも以前よりちょっとシンプルになってますね…。

    SXC 8 Mini to Mini Cable」も同じく8本でテフロン被膜ですが、こちらは全て銀メッキ銅線ですから、音傾向がReferenceとは違ってくるかと。
    同じ24AWGで8本ならこちらのほうが高くてもおかしくない気もしますが、実際はこちらのほうがだいぶお安くなってます。

    比較的廉価な「Green Line Mini to Mini Cable」もラインナップされていますが、こちらはPVCの外装なので質実剛健という感じでしょうか。
    見た目のALO audioらしさは全般に薄まってるようにも思うので、その意味ではあえてこれをチョイスするのも良いのかも。
    なかなか気軽に買い換えられるものでもありませんが、プラグの具合などを一度見に行ってみたいなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/11/18 12:00 pm | No Comments
  • 1711月

    スピーカーケーブルの見直しが良い感じに展開したので、調子に乗ってプリ-パワー間のXLRケーブルも見直してみることにしました。
    これまではAccuphase ASLC-30でしたが、これをQED Reference Audio 40 XLRにしてみたわけです。

    スピーカー間にパワーアンプを置く配置にしてる都合上、XLRケーブルがどうしても長くなっていて、選択肢はそう多くはありません。
    スピーカーケーブルを長くしたほうが良いケースもあるようですが、雰囲気的にもこのほうが好みかなぁと。

    それはともかく、QEDは元々お気に入りのブランドではあるのですけども、どうも最近出たものは好みとはやや違って、表現は悪いですけどもCHORDやAtlasに近い毛色になってきた感があります。
    それはそれで悪いわけではないのですが、その方向性なら「本家」を選んだほうが良いとも感じてしまうところです。

    今回の実験でもやはりその方向性で、優しいことは優しい音なのですが、パワーアンプの駆動力が弱まってしまい、スピーカーまで一回り小さくなった印象になってしまいます。
    聴きやすいし帯域バランスも良く、そつのない鳴り方ですし、ボーカルの艶もほどほどにあり、穏やかに聴けるのですけど、やっぱり何か少し物足りない感覚が拭えません。
    客観的に評価してみると、「ケーブルが長いです」というのが分かるような音になっているようです。
    簡単に言えば鮮度が落ちているのでしょうし、楽器の直接音がやや強めになり、立体感がやや失われています。

    そこで従来までのAccuphase ASLC-30に戻すと、定位の精度が高い点にまず気づきました。
    QED Genesisに変更して音場の精度が高まって定位にシビアな傾向となっていましたから、それが同じQEDでNGを食らうというのも面白いものです。
    鮮度が高いがゆえに、ややキツさが出る場合もありますが、それはむしろスピーカーケーブルの特色でしょう。
    さらに低域の沈み込みにかなりの違いを感じますし、こうなるとASLC-30しかないなと。
    全般に音源そのものの特質をそのまま再現してくれているようですし、長さによる劣化が少ないだけでも、やはりASLCシリーズは長尺XLRケーブルとしてはオススメできるものだなと感じています。

    Filed under: Audio
    2017/11/17 12:00 pm | No Comments
  • 1611月

    メイン機材のスピーカーケーブルとしてA-45の頃からお気に入りで使ってたCardas Neutral Reference Bi-Wireですが、P-550のスピーカー端子がゴツ過ぎてYラグが挿さらないため、GOLDMUND経由でしばらくつかっていました。

    ゴールドムンドは劣化が少ないとは言え、やや色が付いてしまいましたし、DP-77が戻ってきてしばらく聴いてみると、やはり鮮度が落ちてる印象も多少感じてきました。

    それはそれで満足していたのですが、せっかくだから試してみようということでQED Signature Genesis Silver Spiralを引っ張り出してきました。

    これならバナナプラグなので素直に接続できますからね。
    ひとまずシングルワイヤで、同じQEDのジャンパーケーブルを併用する形としました。

    正直あまり期待してなかったのですが、全く違う鮮度の高さでちょっと驚きを隠せません。
    A-45の頃はCardasに替えて誇張のない音楽性の高さに満足したものですが、移り気なもので購入時にお店の方からアドバイスしてもらった「Genesisのような潤い、優しい質感」が恋しくなったのでしょうか。
    Cardasの落ち着いた音や余韻表現も素晴らしいものですが、P-550でアンプの低域駆動力が上がった分、Genesisの高域の冴えが活きてきたようにも思います。

    ただバイワイヤリングでないというデメリットも感じられますから、さらに冒険してみて低域にRuby Evolutionを投入してみました。
    P-550は2系統のスピーカー出力がありますから、それを双方使うことにしました。
    Revelationを高域に使うパターンも考えましたが、Ruby Evolutionの低域番長ぶりから考えてこっちが良いかなと。
    バイワイヤリングはケーブルを揃えるのがベストですが、同じQEDでもありますし統一感が乱れるほどではありません。
    むしろバイワイヤリングの効果が活きていて、音場の立体感が非常に向上したようです。

    では余ったCardas Neutral Reference Bi-Wireはと言いますと、リビングに移動です。
    そのうち試してみるか、くらいに考えていましたが、すでにCardas Crosslink SP 1Sを使って気に入ってた紗羅が乗り気でしたから、速攻で移設です。
    こちらもMatrix 805のスピーカー端子にもYラグが入らないという問題が発生しましたが、そこはGOLDMUNDとinakustikのあわせ技で回避しました。

    こちらがまた期待以上の変化でして、ピアノの質感向上は想像以上のものがあります。
    元々、A-45との相性が良いのかもしれませんね。
    なんだかリビングが良くなり過ぎて、そちらのほうが効果が大きかったようなところもありますけど、結果的には双方良くなるのは好ましい展開です。
    リビングで音楽を聴く時間のほうが長いくらいですし、見直してみて良かったなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/11/16 12:00 pm | No Comments
  • 1511月

    メイン機材はCDプレーヤーもプリアンプもヘッドフォン端子がないため、ちょっとした確認に不便なので気軽なヘッドフォンアンプを検討しています。
    以前はDigiFi付録を繋いでいた時期もあったのですが、電源がUSBアダプタ経由というのもあって使わない時にノイズ源になりそうなのと、紗羅が自身のiMacでハイレゾ音源を聴きたいとのリクエストでALO Audio The Keyとともに移設しました。

    条件としてはこんなところです。

    ・据え置き型であること
    ・アナログRCA入力があること
    ・ACアダプタではなく内蔵電源(電源オフで完全オフ)であること
    ・できればバランス対応
    ・DSD対応ならDACが付いていても良い

    ACアダプタじゃないという条件が入ると、安いほうのモデルが全滅になってきます。
    入力もミニジャックとか、むしろUSB-DAC系のほうが多くて、純粋なアナログアンプはかえって高価になりがちですね。
    真っ先に浮かんだのはPhasemationのEPA-007ですが、現状はあまり良い出物がありません。
    あとは予算オーバーですが、LUXMANのP-1辺りでしょうか。

    ただそこまで出すなら以前から使ってみたかったSTAXも視野に入ってくるのかなぁと。
    あれでSTAXも使えるけど普通のヘッドフォンアンプにもなるようなアンプユニットだと汎用性もあって良いのかもなぁと勝手に思いましたが、STAXを使いだしたら他のが聴けなくなる面もあるのかなぁ。

    DAC系も一応見てみましたが、そうなるとHD-7Aを凌駕するようなものを狙いたくなるわけで、完全に当初の目的から外れていきます。
    CHORD Hugoなんかが気になったりしますが、そうなるとさらに大きく外れてしまい過ぎですね。
    いっそのこと、先日のTEACのようなレコーダーを置いて、レコードをもっと録音しやすくするというのも良いのかも。
    今もヘッドフォンアンプ代わりにPCM-D100は使ってることですし。

    ただ、できれば条件を満たすものでそれほど高くないものを見つけたいというのが本音です。
    まずは手持ちのポタアンなどをiMacにつないでみて、それで満足できるかどうか試すところから始めてみようかと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/11/15 12:00 pm | No Comments
  • 1411月

    10/13に修理に出したAccuphaseのSACDプレーヤー「DP-77」ですが、ようやく戻ってきました。

    C-200Lの時はお盆休みが入ったこともあって27日間くらいかかりましたが、今回も連休があったからか、結局同じくらいの日数がかかりました。
    購入前にお店で出していた修理票と見比べてみると、1年間で2400件くらい発行番号が増えているので、修理の台数もそれなりに多いのでしょうね。
    ちなみに1年前の修理の保証期間でもありお店の保証期間でもあったので、修理は無償でピックアップとメインボードAss’yが交換されていました。
    私が挙げた電源投入時の読込不具合自体は再現しなかったようですが…。

    ピックアップはすでに払拭しているとしている同機ですが、今回のような無償修理対応分くらいは確保されているそうです。
    ピックアップそのものは同じKHM-230AAAのはずなので、メカが壊れていなければDP-700などその後のAccuphaseメカになったものと同じではあるので、そちらの分の在庫確保を優先という意味合いもあるのだと思われます。
    そうしたことに伴ってか、メインボードAss’yには何故か「DP-700」との記載がありました。

    内部を見た限りでは特にオリジナルのDP-77から変更になっている風には見えませんが、ピックアップ制御関連も故障の要因である可能性もあると判断して、DP-700相当のメインボード(?)に交換したのかもしれません。
    単なる記載ミスの可能性も当然ありますけどね。

    なお、事前にセカンドユーザー登録もしておいて、店舗の保証が修理上がりのタイミングで切れることもあり、Accuphaseの修理部門に電話相談しておいたのもあってか、2年保証にしてくれました。
    修理自体はお店が出した形になるので、本来だとお店に対して1年保証になるはずです。
    修理票はお店が保管するため、私はコピーを貰っておきました。

    修理の間にパワーアンプが破損してP-550に変わりましたから、これでようやくメイン機材が無事に揃った形です。
    しばらくCDP-557ESDとHD-7Aで鳴らしてたら、それはそれで悪くないなと思ってましたが、DP-77が戻ってくるとやっぱりずいぶん違いますね。
    仕事などの都合があったとはいえ、そもそも聴く時間も激減してましたから、耳は素直ということでしょう。

    ただ、チューニングはまだまだこれからという段階で、特にDP-77をクリーン電源につなぐとまた症状が再発する可能性もあるかもしれませんし、そもそもクリーン電源が唸るという問題が以前からあるので、電源タップやRPC-1などの組み合わせを試しているところです。
    壁コンセントがグレードアップしたことで電源ケーブルや電源タップの微妙な差も如実に分かるようになってしまったのもあって、まだまだ試行錯誤が必要そうです。

    接続用のXLRケーブルも各種試してみています。
    こちらもHD-7AにCHORD Indigo Plusを投入してあるので、それに負けない音色に持って行く必要もありそうです。
    SACDの場合はあまり脚色するよりも素直なケーブルのほうが扱いやすいようではありますが。

    ただ全般的には機材集めはペースダウンして、SACDなど、ソフトの収集のほうに傾注してみようかなと思っています。
    そう言いつつ、また何か足してる可能性はありますけど、そこは多めに見てくださいませ。

    Filed under: Audio
    2017/11/14 12:00 pm | No Comments
  • 1311月

    壁コンセントを替えてコンセントカバーは要らないなと思いつつも、せっかく持ってるんだし一応試してみようということで、懲りずに再度カバーを付けてみることに。

    まずはジョデリカのコンセントカバーを付けてみました。

    以前のインプレッション同様、やはり華やかになりますね。
    それこそロジウムっぽい感じになって、響きがやや豊かになってきます。
    芯が通ってきた感もあり悪くないのですが、じっくり聴いてみると楽器の分離はやや見通しが悪くなったようにも思えます。
    パッと聴きは情報量が増えたようにも感じたのですが、壁コンセントを替えてしばらく聴いていたこともあり、同じディスクを聴いてみると実は音がゴチャッとダンゴになっている部分も感じ取れます。

    この時点ではバナナプラグが届いてなかったので、しばらく様子見でこの状態を保持しておきました。
    その後、GOLDMUNDのバナナを装着すると、分離の悪さがさらに目立つようになりましたので、やっぱり外そうと。
    外してみると一聴して「こっちのほうがNCFで得られた静寂感がちゃんと出ている」と感じ取れます。
    ジョデリカを付けた方が派手になるので、ちょっと聴いた時は良いのですが、音の分離やS/Nといった観点ではない方が良いようです。
    もちろん好みの要素もあると思いますが、付けない方がクリーン電源を通したような感覚があって、歪みが減ったようにも感じます。

    それでも懲りずにフルテックのコンセントカバーも付けてみました。
    こちらは中域がグッと厚めになるから不思議なものです。
    高域にも派手な響きも入ってきますし、これは正直、壁コンセントの良さを完全に消し去ってしまってるなという印象です。
    さらに念のため、しつこくジョデリカも再度付けて比べてみましたが、こちらのほうがフルテックほど高域がキンキンはしません。
    音色自体は艶があって良い雰囲気なのですが、やはり歪みっぽさが気になるところです。

    そんなこんなで、結果的にはコンセントカバーは付けない、という面白みのない結論になりました。
    逆にコンセントカバーでこれだけ音が変わってしまうというのも不思議なものです。
    コンセント中央のネジに留める形ではなく、もっと別の固定方法を発案してくれたら良いコンセントカバーが作れそうな気もしました。
    FURUTECHのGTX Wall Plateならそれも可能そうですけど、NCFベースで出さないものですかね。

    Filed under: Audio
    2017/11/13 12:00 pm | No Comments