• 303月

    ACOUSTIC REVIVEのリアリティエンハンサーのレビュー第5弾は予定をちょっと変更して簡易計測をしてみることにしました。

    具体的にはAccuphaseのSACDプレーヤー「DP-77」のRCA出力にPCM-D100を直結(D100はステレオミニ入力なのでRCA-ミニケーブルを使用)して、リアリティエンハンサーの有無で残留ノイズに変化が出るかを見てみようという算段です。
    本来はこうしたアクセサリの効果は出音にこそ違いが出るわけで、他の機材も含めて「普通」に接続した状態で比べてみるのが良い、というのが持論なのですけれども、今回はDP-77単体でのチェックという形としました。
    私の不手際もあってDC-81と接続している同軸デジタルケーブルは外し忘れてしまいましたが、あとは電源ケーブルくらいで、各オーディオ機器は全て電源オフですし、DP-77の出力もPCM-D100とのみつながっている状態です。
    PCM-D100はS/N100dBモードとし、録音ボリュームは最大、それぞれ10秒ごと24bit/192kHzで録音し、各音声ファイル全体をAudacityのスペクトル解析に掛けました。

    前置きが長くなりましたが、まずはリアリティエンハンサー無しでの結果です。

    以前から50Hzの電源ハムがのる(-109dB)症状がありまして、これはDP-77単体でもまだ残っているようです。
    なおPCM-D100の電源には乾電池を使用しています。
    それ以外にも100Hz、150Hz、200Hzといった具合に高調波と思しきノイズも混入していますね。
    ただレベル自体はそれぞれ-120dB、-118dB、-120dB程度と、フルボリュームでの録音としてはまずまず低いのではないかと思われます。
    PCM-D100自体もそれなりにADCなどでノイズはのりますし、以前の検証だと0dB基準を合わせるとするとここから-10〜-20dBほど実際は低い値になったように記憶しています。
    #そこを合わせてしまうとPCM-D100のノイズに埋もれてしまいますので…。

    次にDP-77のXLR出力端子にリアリティエンハンサー「RET-XLR」を装着しての結果です。

    50Hz〜150Hz付近はほぼ変わりませんが、200Hzは-123dBほどと2dB以上低減されています。
    その上も細いピークが減っているように思われます。
    残留ノイズの質感も録音したデータを70dBほど増幅して聴いてみますと、ほんの少し耳障りが柔らかくなっているように思えます。
    その音声もここに掲載してみようかとも思ったのですが、MP3にしてしまうと聴感上もスペクトル解析でもあまり差がなくなってしまいましたので、割愛しておきます。

    さらにDP-77の同軸デジタル入力にリアリティエンハンサーのショートピンタイプ「RES-RCA」も追加しての結果です。

    こちらも50Hz〜150Hz付近はほぼ変わりませんが、200Hzはさらに下がって-124dBほどを示しています。
    そしてやはり細かいピークが減っているように感じられます。
    これまで聴感をたよりに装着箇所を決めてきていて同軸デジタル入力では使っていなかったのですが、ここでも効果はあるようです。
    ただこれも聴感と一致していますが、機器単体の性能を活かす方向にしたい場合、ショートピンよりも意外とターミネーターのほうが功を奏すことが多いようでして、それが計測でも一部垣間見れたような気もします。

    もちろん、50Hzの電源ハムがこんなに高いければ、それ以外は誤差の範囲だというご指摘もお有りでしょう。
    そもそも残留ノイズの僅差が音に与える影響などないに等しいとも言えるのかもしれませんし、機材や環境によっても効果は異なるでしょう。
    実際に聴いていただければこんな素人計測など不要なほどの違いを感じ取っていただけると思うのですが、実際の計測でもしっかりその差は確認できたと思います。
    せっかく貸し出しサービスも用意されていますし、できれば頭ではなく心で体感してみてほしいものだなと思う次第です。

    Filed under: Audio
    2020/03/30 4:30 pm | No Comments
  • 273月

    PW AUDIOのMMCXケーブル「The Flash」を入手してみました。

    PW AUDIOはOriolus Forsteniの付属ケーブルが同社のNo.5 JP ver.だったので、わりと気になる存在だったというのもあり、チェックしていたんですよね。
    ただ当初はNo.5 JP ver.の2.5mm4極や2pinを狙っていたので、The Flashについては正直あまり詳しくありませんでした。
    やや古いケーブルなので、ネット上でもあまり情報がなかったのですが、銀銅合金と銀メッキの導体、そして絶縁体がテフロン、外被がポリエチレンという部分に惹かれて選んでみました。

    MMCXとなると装着のターゲットはやはりCampfire Audio DORADOでしょう。
    低域番長なDORADOの高域を少し伸ばせればという思惑もありました。
    早速、動作確認がてら聴いてみますと、柔らかい耳触りでサラッとした高域です。
    低域も決して量感が減ることはなく、しっかりしていて出るところではガッツリ出てくる印象です。
    ドンシャリというよりはダイナミックレンジが拡張されるような感覚で、DORADOらしくリスニング寄りではあるものの、かなりバランス良く纏まっています。

    ケーブルの取り回しも良好で、装着に左右されやすいDORADOでも位置がズレにくくて良いです。
    これまでのCopper 22などが硬すぎだったわけですが、DORADOはかなりケーブルに左右されやすい傾向なので、装着感と音質に満足行くものになかなかたどり着けなかったんですよね。
    ウッドベースの歯切れも良いですし、ここが緩慢になりがちだったDORADOには最適という気がします。

    前述のPW AUDIOが標準装備のOriolus Forsteniとも聴き比べてみました。
    サラッとした音の風合いはどことなく似ています。
    音の分離はThe Flashほどではないですけれど、他のイヤホンと比べれば十分優秀で、特に空間表現みたいなものは特筆ポイントなのかなと。
    脳内定位のような圧迫感がなく、適度な開放感もあって気分もリラックスする点ではForsteniと組み合わせるのはこっちが良いのかも。

    そして改めてThe Flashを装着したDORADOを聴いてみると、こちらはグッとハイファイ志向です。
    なんとなく据え置きオーディオのB&W Matris 802 S2の音に近いのは、ケーブルがテフロンのおかげもありそうです。
    セパレーションも良いですし、イヤホンの装着さえしっかりすれば定位もズバッと決まります。
    とりわけ、聴き慣れた音楽から新たな発見があるのはThe Flashにリケーブルしてからの魅力ですし、ここもForsteniに共通する部分です。
    ややストイックな部分もありますが、ズバッと決まった時の風合いは鳥肌もので、パンしていくような音像の動きも淀みなくとても滑らかです。
    改善を望んでいた高域についても、これまではForateniの高域がとても伸びやかだと感じていたのですが、低域番長のDORADOも本来の伸びやかさが出ていて驚くほどで、効果絶大でした。

    Filed under: Audio
    2020/03/27 12:00 pm | No Comments
  • 263月

    ゼンハイザーから完全ワイヤレスイヤホンの新作「MOMENTUM True Wireless 2」が5月中旬に発売予定だそうで。

    私も愛用している「MOMENTUM True Wireless」の後継モデルで、今回のはアクティブノイズキャンセリング対応です。
    少し前あたりから噂は出ていて、ノイズキャンセリングは他社ほどではないという感想(?)も漏れ伝わってきてましたが、そこは抜きにしても順当な進化にはなっていることでしょう。
    なにしろ現行モデルはバッテリーが自然放電されるという症状もありまして、ファームウェア更新で改善されそうな雰囲気も今のところはないみたいですし。
    この問題はニューモデルでは改善がすでに謳われています。

    ちょっと大きめだった筐体も少し小さくなって、耳に合わないという人も少なくなるかも。
    最近、昔のドラマを観るのがマイブーム(SNSに飽きたとも言う)なので、そういう時にTWSを愛用してるんですが、長時間装着していると筐体の部分がちょっと痛いことがあります。
    カナルの部分は痛くないですし、装着感も良好で遮音性も良いんですけどね。
    また音声通話も現状でもかなり高品位で、通話時にも結構愛用しています。

    また今回はブラックに加えてホワイトも用意されるんだとか。
    お値段は3万円台中盤くらいのようですから他のTWSに比べればやや高めですが、保証期間も長いから損はないのかな。
    旧モデルは値崩れが早いでしょうし、もう少し安いモデルでも良い気がしないではないですが。

    音質に関してはまずアコースティックな部分で妥協しないようにしているというのは好感が持てます。
    ドライバーも7mmのドイツ製ドライバーを使ってあるようですし、ノイズキャンセリングも音楽そのものにあまり手を加えないように外側のマイクで低域主体のキャンセリングだとか。
    前述のようにカナル部分でしっかり遮音するのがまずは第一義というスタンスなんでしょうから、それで十分だと思えれば旧モデルという選択肢も一応はあるでしょう。

    途切れ具合についてはやはり最新チップを使っているニューモデルのほうが進化していることでしょう。
    できれば旧モデルもファームウェア更新で新機種の恩恵を少しでも享受してもらえればベストですし、そこが今後のモデルのサポート体制への参考にもなりそうですから、期待しておきたいところです。

    Filed under: Audio
    2020/03/26 4:30 pm | No Comments
  • 223月

    ACOUSTIC REVIVEのリアリティエンハンサーのレビュー第4弾はXLR出力端子用ターミネータータイプの「RET-XLR」です。

    XLR出力に装着するものですので、うちだとCDプレーヤーのDP-77、プリアンプのC-280L、フォノイコライザーとして使用しているC-200L、そしてDACのDC-81が主な候補となります。
    デフォルトのままでXLR出力を使っていないのはC-200LとDC-81ですが、それだとややもったいない気がして、SCD-777ESで使っていたRCA-absolute-FMをDP-77に移動させて試してみることにしました。

    インターコネクトケーブルも違っていますので差はあって当然ではありますが、さすがにこれは次元が違いすぎるほどです。
    音源のノイズが極めて明瞭に聴き取れる点と、まるで出力電圧が上がったかのようなパワフルで圧倒的なエネルギー密度で、まさに隙のないフルスロットルのサウンドとなりました。
    RCA-absolute-FMを使ってあったSCD-777ESでもその傾向はありましたが、RET-XLR使用でより明瞭に上記の感触が高まっています。
    まさに音源に収録された全てが引き出されてくるとでも言えそうなこの感覚は一度聴いたら戻れないかも。

    この状態をうけて、RET-RCAをプリのRCA出力に移動させてみましたが、残留ノイズのうち、音源に関わらない部分がさらに減ったのを体感できます。
    むしろそこが減ったからこそ、音源に含まれる雑音や雰囲気がより鮮明に浮き立つようになったのでしょう。

    また、SCD-777ESにはQEDのケーブルを仮に割り当てたのですが、やはり音場の精度は下がってしまいましたけれども、これまで投入してみたリアリティエンハンサーの効果はSCD-777ESにもしっかり現れているようです。
    これはフォノイコライザーでも同様でして、その辺りの総合的な効果を考えた結果、最終的にはやはりDP-77はXLR出力とすることにしました。
    RET-XLRはDACのDC-81に装着してみたところ、恐ろしいほどの低域パワーとキレとなり、古いDACではありますが、DP-77では出ないサウンドとなったこともあり、これならば出番ももっと増えるかなと。
    以前も書きましたが、リアリティエンハンサーはそれぞれの機材やケーブルの良さを最大限引き出し、ノイズも含めた動作安定性を向上させてくれますので、お気に入りの機材のポテンシャルを高めてくれますから、むやみに機材を買い換える前に試してみる価値があると感じています。

    壮大かつ荘厳にそれぞれの楽器が見事に分離されていますし、何も出しゃばらず何も引っ込まない、まさに意図されたバランスでひたすら再現されていくさまは、なかなか文章では説明しづらいところでしょう。
    そこには音楽しかない世界が広がっていきます。

    たしかにこれをフル投入するのはなかなか難しいところではありますが、正直、体感してしまうと後戻りできないほどの効果です。
    次回は逆に外していくことでの変化や、ショートピンとターミネーターでの効果の違いなどを含めまして、総集編的なレビューを書ければと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/03/22 12:00 pm | No Comments
  • 213月

    ONKYOのCD/FMチューナーアンプ「CR-D2」を入手してみました。

    リビングでちょっと聴き用に愛用していたFR-V3のCDが読めなくなったので、その買い替え用です。
    何度かはピックアップクリーニングで復活していたのですが、徐々に頻度が多くなってしまいましたから、さすがにもう寿命かなと。
    当初は今どきっぽいBluetooth対応機とかネットワークオーディオとかも考えたのですが、実際に店舗で見たり音を聴いたりすると結構ガッカリなものが多く…。

    それならオーディオショップなどで改造母体としても定評のある、このシリーズあたりが良いかなと。
    さすがに年数も経っているので中古ですし、表示部がかなり暗いという難点もありましたが、そこはまぁ音質重視(価格も)ということで。

    どのみち動作確認した後は隠し機能のディマーを使ってボリューム部分のライトを消灯させましたから、表示部もさらに暗くなりますし。
    スピーカーはこれまでも愛用してきたDALI Royal Menuet IIをつなぎました。
    音質面では低域がしっかり出ていてクリアな感じですね。

    アンプがデジタルになっているからか、やや高域がシャリシャリした感じはありますが、他のミニコンポはもっとダメダメでしたから…。
    DAPをデジタルでつないでみたりもしましたが、これも音質的にはイマイチだったので、基本的にはCD再生専用機かな。
    一応はAirMac Expressを光でつないでいますけど。

    かなり贅沢を言えばそんな感じですけども、FR-V3の代わりとしては十分すぎるほどよい感じに仕上がりました。
    気軽に楽しく音楽を聴く役割として、これから活躍してくれたら良いなと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/03/21 12:00 pm | No Comments
  • 203月

    DALIからブックシェルフスピーカーMENUETのニューモデル「MENUET SE」が3月下旬に発売予定だそうで。

    MENUETというと、うちでも愛用しているRoyal Menuet IIの後継的な形になりますが、現行(MENUET SEからすると旧モデル)で4世代目だとか。
    1992年のDALI 150 MENUETは正直、国内ではそれほど知名度が高くないですし、Royal Menuetの初号機もまだD&Mが輸入代理店になる前で今ほどは有名ではなかったように思います。
    Royalまではユニットも自社製ではなかったですし、サイズも音傾向もかなり異なる印象はありますけどね。

    とはいっても、同社の中ではかなり人気が高いモデルですし、今回のMENUET SEも満を持しての投入ということでしょう。
    まずお値段はペアで184,000円(税抜)と、そこそこ高級なモデルとなりました。
    そこも同じMENUETでもRoyal Menuet IIは15万、その後のMENTOR MENUET(2009年11月発売)は132,000円、MENTOR MENUET SE(2013年6月発売)は168,000円、そして2015年9月発売のMENUETは145,000円と結構上下動があります。

    今回の変更はMENTORのSE化と似た方向性の変更に感じられるもので、ネットワーク回路や内部配線、ターミナルの更新や外装仕上げの変更などが施されています。
    本家サイトだと壁に直接設置してあったりと、わりとエントリー的な扱いなのですが日本ではこのサイズがずっと人気なのでしょうね。
    115mmのウーファーで重さも4kgほどですから、扱いやすい大きさなのはたしかです。

    DALIはシリーズごとに音傾向が異なる部分もありますし、Royalシリーズの頃とはだいぶ音のまとめ方も違ってきているように思うのですが、その中でもMENUETは比較的以前のテイストを残してある部分も人気の理由のひとつかも。
    ある意味、オーディオ的主張が少ないスピーカーでもあると思いますし、このサイズで気軽に音楽を楽しみたい人には良い選択肢なのだろうなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/03/20 1:00 pm | No Comments