• 271月

    バイノーラル特化型ともいわれるfinalのイヤホン「E500」を購入してみました。

    finalの直販オンラインストア、あるいは秋葉原の同社の直営ショップでしか買えないのが難点ですけども、お値段も同社では最廉価な部類ですので試してみる価値はあるかなと。
    私はオンラインストアでの購入でしたが、発送方法に「クリックポスト」が選べますので送料もかなり抑えられています。

    箱もかなりシンプルな感じですが、イヤーピース等はしっかり付属しますし、それだけでもかなりの価値がありそうです。

    イヤホンの外観はさすがにE4000やE5000といった手持ちのEシリーズと比べたらプラスチッキーですけれども、装着感は悪くありません。
    左右が筐体側の刻印ではちょっと区別しづらいですが、そこはイヤーピースの色で判別してね、ということのようです。

    しばらくエージングが必要なようですが、まずはバイノーラル音声を聴いてみたくなるというものです。
    その再現性はさすがといった感じで、finalの製品ページに埋め込んであるデモ動画(自社製というわけではないようですが)でも思わず「おーっ」と思ってしまうほどに違いがあります。
    他のイヤホンでも当然、前後左右の方向は分かるのですが、E500になるとその距離感や物体の大きさや速度、音の質感などがより映像感覚で掴めます。

    当然ながらケーブルは直生えで3.5mm3極ですので、最初はiPhoneのLightning-3.5mm変換アダプタから聴いてみたわけですが、バイノーラルの再現度合いに関してはこれでも十分体感できます。
    ただ、能率は決して良いわけではないですから、やや音量は取りづらいですけれど、音量だけでいえば許容範囲でしょう。
    しかし本領はやはりしっかりしたアンプで発揮されるところはあるようです。
    純粋な1音源がクルクル回るようなデモならともかくとして、映像作品などではアンプがしっかりするほど、複数の重なりや反射音、残響までつぶさに描写されるようになってきます。
    そもそもかなり写実的な風合いのイヤホンですけれど、アンプを強化することでさらに生々しい音の質感を感じ取ることができるようになりました。

    バイノーラル特化ということで普通の音楽はどうかなぁと思いましたが、ややデッドな仕上がりではありますが、全く合わないということはありません。
    若干物足りなく感じる場合はアンプを強化してみればしっかり聴かせてくれるようになるケースがほとんどでした。
    ただ、さきほど書いたデッドさと、ややユニットを過制動しているイメージがあるので、オールマイティと行かないケースも出てくることでしょう。
    逆に言えば、それが最高にハマるパターンもあるわけで、その良い部分を楽しむイヤホンと割り切る必要はあるのでしょうね。

    おそらくゲームにもかなり使えそうで、一般のゲーム用ヘッドセットは方向性のわかりやすさを高めるがゆえに高域のキツさが気になることがあるのですが、その点、E500はむしろ高域は柔らかめの傾向なので長時間聴いていても疲れにくいと思います。

    ある意味、乗りに乗っているfinalだからこそ出せたイヤホンだなぁとも感じます。
    資金的な意味もありますが、ヘッドホンやスピーカー技術の応用ではないイヤホンならではのノウハウをしっかり蓄積できていればこそでしょう。
    もちろん実験的な要素を持つものなので万人にオススメできるものではありませんし、購入方法も限られますが、誰でも驚くほどのポテンシャルを秘めていると感じた次第です。
    普通に音楽だけ聴くのであればE1000やE2000にしておいたほうが無難でしょうけどね。

    Filed under: Audio
    2020/01/27 2:00 pm | No Comments
  • 241月

    Oriolusのイヤホン「Finschi」もずいぶん馴染んできましたので、音質について書いてみたいと思います。

    私の好みにピッタリはまったのかお気に入りになってしまったので、良さしか耳に入ってこないところがある点を差し引いて読んでいただければ幸いです。
    とにかく聴いていて楽しいイヤホンでして、初めて聴くアルバムでも飽きるどころか、ついつい時を忘れて全部聴いてしまいます。

    そうは言いつつも冷静に分析的に聴いてみますと、オーディオでいうところのモニタ的な解像度は必ずしも高いわけではありません。
    同じような価格帯のカナル型と比べても、もっと情報量や音の精度が高いものはそれなりにあると思います。
    ある種、良質なギターアンプを通して聴いてるような魅力があり、個々のプレーヤーの躍動感だとか情熱のようなものを瑞々しくエモーショナルに伝えてきます。
    音楽を聴くのにももちろん良いですが、楽器やボーカルのモニタに使うとまるで自分の演奏が上手くなった、ワンランク上の楽器を使っているような感覚を持つのではないか、そんな雰囲気のする音色です。

    1BAとダイナミックユニット搭載ですが、このつながりは最近の機種ならもはや当たり前ではありますけれど、うまく融合されていてケンカするようなところは一切ありません。
    むしろ融合して位相も整っているから、楽器の音が本来の音色をしっかりキープしています。
    その上でBAのほうは空間的な広がりをより高めてくれる方向に振ってあるように感じられ、それが「聴く楽しさ」に大きく貢献しているように感じ取れました。

    全体の音作りとしては中域の濃さを大切にした感じですが、中低域もかなり厚めです。
    この辺りはイヤーピースでもずいぶん変化するところなので、それらで調整可能な程度の癖ですが、DAPやアンプの違いが如実に出やすい傾向は感じました。
    iPhoneやちょっと癖が強めなポタアン経由だと粗さが出てしまうことがありましたし、PLENUE Sは音質面の不満はないものの、なんとなく真面目過ぎて硬めの表現になってしまい、Finschiとの相性はあまり良くありませんでした。
    どちらかというと、やや暖色系のアンプと組み合わせたほうが相性が良さそうです。
    うちにあるものですと、Ak300+Ak380AMPがいちばん相性が良いようです。

    Finschiを聴いていて新鮮な発見が多いのは管楽器でしょうか。
    まず音色が自然ですし、それが脳内定位し過ぎず、実在感のある風合いに聴こえてくるところによるものが大きいのでしょう。
    前述のように前方定位感があることも効いています。
    ボーカルも明瞭で、歌詞がとても聴き取りやすいのが印象的でした。
    ピアノやアコースティックベースも奏者も聴き手もまさに弾むように楽しめます。

    ジャンルも特に選ぶわけではありませんが、とりわけジャズとの相性はとても良いようです。
    普段だと数曲でちょっと飽きてしまうようなアルバムでも楽しく全部聴けてしまうから不思議なものです。
    なんとなくその場に参加しているような、そんな気配が色濃いおかげではないかと思います。
    もちろん、音質がイマイチだとやはりそれなりに物足りなさも出てくるのですが、単なるカラーレーションではなく、アコースティックなバイブレーションをより強く引き出してくれるので、どんな音源でもライブ感が高まる傾向で、スタジオ録音がスタジオライブになるといえば多少大げさかもしれませんが、そんな印象を受けるサウンドです。

    ある意味、レコードっぽいという喩え方もできるのかもしれません。
    たぶん普通に言われる暖かい音とはちょっと違うけれども、そういった要素も多少なりとも含まれているようには思います。
    そのおかげか、ポリーニの練習曲集をデジタルで聴いて良いと感じたのは初めてでした。

    それがどこから来るものかは定かではありませんが、金属筐体でないので余計な響きが付かないところもあるのかもしれません。
    かといってプラスチック筐体にありがちな軽さやカサつきもないのは装着感の良さも影響しているでしょう。
    装着感に関してはイヤーピースも大きな要因ですので、純正フォームと私の耳の相性が良かったおかげもあるとは思います。
    付属のイヤーピースにはダブルフランジやフォームタイプもあり、それらもなかなか良いものでした。

    純正のシリコンイヤーピースは耳に装着して少し温まってきたほうが密着度が高まりますが、緩すぎないピッタリフィットするものを選ばないと低域が抜けた感じになってしまうことがありました。
    ダブルフランジも耳の奥まで押し込む違和感は少なめで、音色としてはややモニター調になって明瞭さは向上します。
    ただ、Finschi独特の広がりはやや失われがちでボーカルの距離もかなり近くなる傾向です。
    帯域はよりワイドに感じられるので、屋外主体に汎用的に使うケースならかなりお勧めできる組み合わせでしょう。
    純正フォームのほうもフォームにしては音が曇りにくいのですが、やはり音を吸われてしまう感覚は多少出てきます。
    高域にキツさを感じるようなケースなら、こちらも十分常用に値するものだと感じました。

    また他のイヤホンとかなり違う印象を持つ理由をもう少し考えてみますと、かなり低い帯域の歪みが少ないのかな?という推測に至りました。
    ダイナミックユニットの詳細は公表されていないので不明なのですが、ユニット自身に加えてエンクロージャーやフィルタ、音導管なども関係しているのでしょう。
    単にレンジとして低音が出るのではなく、一音一音の精度が高いおかげで、音楽に没頭することができるようになっている気がします。

    もっと高級なIEMには解析的な質感が高いものはいくらでもあるでしょう。
    ただ、音楽に寄り添った部分の深さを感じさせてくれるイヤホンというのはそう多くないようにも思います。
    同社の後継モデルや上位機種はどうなんだろう?と気になるところですが、お値段も含めて音楽自体を楽しみたい方にオススメできるイヤホンだと感じた次第です。

    Filed under: Audio
    2020/01/24 12:00 pm | No Comments
  • 201月

    SENNHEISERのTrue Wirelessイヤホン「MOMENTUM True Wireless」ですが、すっかり常用するようになりましたので音質についても触れてみようと思います。

    ほとんどのケースではiPhoneで使っていますのでAACとなりますが、それでも不満はほとんどありません。
    むしろaptXで無理にMacで繋ぐのを試してみたのですけども、接続が不安定になるデメリットのほうが大きかったです。
    逆にSBCでもAACとの差を聴き分けできるか、と言われたら音源によっては難しいくらいでしょう。
    電波状況が悪いとビットレートも落ちるでしょうし、むしろ良好な接続を維持するほうが重要なようにも感じました。

    前回も書いたとおり、イヤーピースはfinal E-TypeのSサイズを使っていまして、これで装着感も申し分ないです。
    音の傾向としてはややIE80Sに近いですが、内蔵アンプ(DAC含む)の特色も出ていて、ゼンハイザーにしては現代的な音の風合いかなと。
    同じワイヤレスのag TWS-2Rと比べてみると、より音源のちょっとした音質差も聴き取りやすいので、わりとモニター的な使い方にも適しています。
    agのほうはなんでも気分良く鳴らしてくれて、20Hz付近の低域も「ちゃんと鳴らせるんだぞ!」という風に訴求してきますが、MOMENTUM True Wirelessのほうはわりとあっさり鳴らしつつ、やや甘めの味付けがされています。
    ただ静かな環境でじっくり聴いているとお尻の下から揺れを感じるような感覚が強いので、より深い低域まで出してくるようです。

    ワイヤードとも比べてみましたが、うちはどちらかといえばリスニング寄りのクセが強めのイヤホンが多い傾向にあるのもあってか、MOMENTUM True Wirelessはかなり現代的な音のまとめ方になっているように感じました。
    最近のスタジオモニタのように感じる側面もあります。
    と言ってもそこまでストイックではなく、最近のゼンハイザーの雰囲気を踏襲しているということだろうと思われます。

    ワイヤードと唯一差が出てくる点といいますと、やはり長く聴いてると少し飽きてくるというところでしょうか。
    別に耳が痛くなるとか疲れるわけではないので、なんとなく…という感覚的なものでしかありませんけれども、やはり圧縮されてることによるものかも。
    その辺り、まだまだ作られたサウンド感は払拭できてはいないのかなぁという印象はまだ残ります。
    そこはagのほうが聴き疲れしない傾向だったので、上手にコントロールされているようにも思います。

    また、音楽についてではなくヘッドセットとしての「音質」も相当良好です。
    昔のヘッドセットだと通話時に相手から聞こえにくいと良く言われたものですし、iPhone単体でも「音が遠い」と言われることがあったのですが、MOMENTUM True Wirelessだと一切そういうことがありません。
    ケーブルが邪魔にならないので何か調べ物といった作業をしながらの通話も非常に快適です。

    来年にはノイズキャンセリングが付いたモデルも噂されていますし、他社もどんどん追従してきていますけれど、現時点での音質面での完成度はかなりハイエンドに近いTWSでしょう。
    バッテリーの保ちとかアプリ、本体側面のタッチパネルのカスタマイズなどは多少の課題はあるものの、元々ゼンハイザーが好みで音質重視派の方なら手にして損はない音質だと断言できると思います。

    Filed under: Audio
    2020/01/20 3:30 pm | No Comments
  • 121月

    オーディオユニオンさんのオーディオイベント「audiounion DAY」のvol.10が2/9に開催だそうで。

    各店のイベント情報は以下のとおりです。

    ■お茶の水店:DENON サウンドマネージャー山内セレクション at audiounion DAY
    ■お茶の水ハイエンド中古館:FOSTEXの新製品ユニット W160A-HRとT250Aをつかった自作スピーカーを楽しむ!
    ■お茶の水ハイエンド館:ストリーミング最前線、最新のアプリケーション『LINN』を検証
    ■お茶の水アクセサリー館:レコードをヘッドホンで聴こう
    ■新宿店:山﨑順一 氏 KT150 を語る!!
    ■吉祥寺店:最新システムで聴く「DIATONE DS-4NB70 スピーカーシステム」
    ■町田店:今話題のMQA-CDとは
    ■千葉店:第三世代のDELAで聴くハイレゾサウンド
    ■柏中古センター:上杉研究所、管球式セパレートアンプを聴く! 体験試聴会

    記念すべき第10回…といった趣は特になさそうといいますか、ちょっとマンネリ化してきた感が正直ありますね。
    一応、ユニオンさんのツイートなどを拝見しますとDENONさんがイベントに初参加らしく、これが目玉っぽいです。
    うちは地元に工場があるわけですけど、正直あんまり思い入れがないんですよねぇ。

    多少新しい取り組みかなぁと感じたのは「レコードをヘッドホンで聴こう」でしょうか。
    詳細の機材は全く発表になっていませんけど、レコードはやはりそれなりにノイズがあったりしてヘッドホンと相性は悪いと言われがちですが、私が聴いてみる限り、そうでもないかなと。
    昔からSTAX辺りで楽しまれていらっしゃる方は多いと思いますし、PCMレコーダーで録音してDAPで外に持ち出す、みたいな新しい楽しみ方も提案されても良いのかなと。

    少し話が逸れてしまいますが、その昔、dbxレコードというのがありまして、ノイズ低減のためにそういった仕組みがあっても面白いのかも。
    今さらノイズリダクションだけでは厳しければ、アナログレコードにMQAのようなデジタル情報を重畳して、そこからノイズリダクションや補正ができるような仕組みなども面白そうです。
    なんとなく初期のパソコン用のソノシートを思い出しますけどね。

    あとは正直、これといって行ってみたい感じがしなかった(正直過ぎ!?)のですが、LINNイベントの紹介に使われているLP12の部材写真はなかなか興味深かったです。
    日本だったらターンテーブルをああいう感じに重ねないなぁとか、かなりの数だなぁとか…。(ちょっと古い写真っぽいので、今は違うのかもしれません。)

    イベントのみではなかなか足を運ぶ気になれない方でも、近所にディスクユニオンがあったり、その時に合わせてセール品があったりもするでしょうから、ちょっと気まぐれに出かけてみるのは楽しいかと思います。

    Filed under: Audio
    2020/01/12 12:00 pm | No Comments
  • 101月

    Oriolusのイヤホン「Finschi」を入手してみました。

    「アレ?TWSに移行するんじゃなかったの?」と思った方はかなり鋭い(厳しい)です。
    実際、イヤホンもいくつか整理しているわけですが、以前から気になっていたオリオラスの旧モデルが新品で出ているとやっぱり気になるんですよね。

    Finschiは同社の中でも廉価なモデルではありますが、かなり評判は良かったイヤホンかと思います。
    現在はHiFiモデルと称して後継モデルが出ているのですけど、個人的には初代のケーブルのほうがなんとなく好きだったなというのもありました。

    まずはいつものようにイヤーピース選びから始めます。
    結論から言いますと珍しく今回は純正そのまま、サイズも最初に付いていたMサイズが良かったです。
    他のイヤーピースは軸の部分だけはややゴムっぽい素材を使ってあることが多いですが、純正は全体がシリコンゴムっぽい素材でして、イヤホン本体への取り付けはかなりやりづらいです。
    ただ、それだけにゴムっぽい音色が乗りづらいところがありますし、耳に装着して温まってくると音も装着感も馴染んでくるところが気に入りました。

    それ以外ならfinal Type-EやSpiralDot辺りが良さそうでしょうか。
    ただどちらもやや低域番長気味になり、高域の固さも残ってしまう傾向が感じられたので、上記の装着感も合わせて純正にしてあります。
    エージングが進んでくればまた変わってくる可能性もありますけどね。
    なお、SednaEarfitだとさらにその傾向が強くなりますし、軸が長いタイプだとせっかくカスタムIEMのような耳のフィット感が損なわれてしまう傾向がありました。

    また、イヤーピースのサイズが合っていないと低域が極端に薄くなってしまうことがあるようです。
    それもあって、ひとまずその辺にあったフォームも試してみましたが、こちらも好みによっては選択肢になりそうです。
    フォームだと少しドライにはなりますが、その代わり、多少動いても装着がズレることはないです。
    ただ後述しますけども、このイヤホン、高域にかけての音の広がりが独特な魅力でもあるのですが、フォームだとやはりそこも少し減って脳内定位感が強まるので、最終的には純正のシリコンイヤーピースに戻しました。
    移動時に使うようなケースであれば、付属のフォームを使うのも良いと思います。

    音質についてはまだエージング途中だと思われますので、次回、詳細に書いてみたいと思いますが、想像以上に良いというのが驚きでした。
    他の方も多少触れられていますが、最初の数時間はかなり硬さが目立ったりするので、このモデルに関しては多少のエージングをやってから判断したほうが良いとは思います。
    ただそれを過ぎてしまえば、とにかく音楽を聴くのが楽しいイヤホンです。

    DD+1BA(Knowlesらしい)と、価格にすれば十分なスペックとはいえ、帯域は決して広いとは感じない(特に最低域)のですが、それだけに中域の濃さを大切にしてあるなと感じます。
    とにかく聴かせ方がとても上手くて、エージングや試聴のはずがついついアルバムをそのまま通しで聴いてしまうことが度々ありました。
    往年の国産大型ブックシェルフのような懐かしい感覚も蘇りますし、作り手の熱気のようなものが伝わってきているのかもしれません。
    そんな雰囲気ですから、どちらかといえばリスニング寄りの仕上がりだと思うのですが、DAPやアンプの違いも如実に出してくれますし、ポテンシャルもかなり高いように思います。

    音質等の詳細はエージングも進んだ次回以降触れたいと思いますが、もうひとつ特徴的なところに触れておきますと、平面的になりがちなカナル型イヤホンでのリスニングでありながら、奥行きや広がりをしっかり再現してくれる点です。
    finalのヘッドホン、SONOROUSがBAを前方定位に振った形で配置してあるのですが、ややそれに似たような音展開がされるように感じました。
    Finschi自体は音導管は分かれているっぽいものの、特に目立ってそのような仕掛けにしてあるようには見えないのですけど、そこが「ずっと聴いていたい楽しさ」につながっているようにも思えました。

    出番としてはやはりTWSが多くなりつつありますが、だからこそ、わざわざワイヤードで聴こうと思えるイヤホンを手に入れられたのは良かったなと。
    後日、各種DAPやポタアン、イヤホンとの比較などを書いてみたいと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/01/10 12:00 pm | No Comments
  • 081月

    SENNHEISERのTrue Wirelessイヤホン「MOMENTUM True Wireless」を導入してみました。

    あれほどBluetoothワイヤレスを毛嫌いしていたのに一気に宗旨替えしたのはag TWS-02Rがキッカケです。
    これでも十分満足だったのですけど、マルチペアリングに対応していないこととaptXに非対応というのがありまして、さらに上位のモデルはどうなんだろう?と気になり始めるいつものパターンです。

    候補は結構ありましてずいぶん迷ったのですが、最終的にゼンハイザーを選んだのはこれにしておけば現状としては打ち止めにできるだろうという目論見からです。
    ちなみに候補に挙がったのはNoble Audio Falcon、Nuarl N6辺りです。

    届いた時点ではファームウェアが1.2.60だったので、最新の1.2.70にするところから始めました。
    最大20分という表記がありましたが、実際はそれ以上かかったような印象です。

    途中でなぜかコケてヒヤヒヤしましたが、ケースに入れてからさらに続きがありまして、こういうところはやっぱり普通のイヤホンというよりデジタルガジェット寄りな雰囲気です。
    ちなみに「2019年2月にファームウェアのアップデートを予定」しているらしく、その辺りの完成度はむしろイヤホンメーカーよりも専業系のところのほうがお得意なのかもしれません。

    最初にやったのがイヤーピース選びでして、結果的にはfinal Type EのSサイズにしてあります。
    Mサイズでも問題なくケースにもちゃんと収まるところはさすがに良く考えられていますね。

    イヤーピースによる音色の違いとしては標準のものですと音の濁り自体は少ないのですが、わりと低域よりのバランスになる傾向です。
    final Eでもまだ低域は強めですから、より透明感を引き出したい場合にはSednaEarFitのTWS用に出ているものなどを選ぶのも良いでしょう。

    イヤホン本体は写真で見る印象よりかなり大きいですが、重量はさほどでもありません。
    右のほうがマスターになっている関係もあってか、ちょっと左右で重さに違い(左が約6g、右が約7g)があります。
    それも多少影響するのか、右耳はMのほうがフィットする感もあったのですが、左やマルチペアリングで紗羅が使うことなども考慮してSサイズとしてあります。

    バッテリーは本体のみで4時間、ケースも含めて12時間と結構短めな部類ですが、室内使いの私には特に困るシーンはありません。
    USBがType Cなのでモバイルバッテリーから追い充電するにしてもケーブルを忘れないようにしないといけないくらいでしょうか。
    ちなみに上の写真のランプの色で充電度合いは確認できますが、こっちはケースのヒンジ側で、開くのは反対側です。
    あと、本体のバッテリー残量をiPhoneで確認できるのは他のTWSと同じですが、どうも10%単位(100%から90%に減る)とやや粗いのが少し気になった程度です。
    音声の途切れや通話相手の聞き取りやすさなども全く問題ないように思われます。

    音質に関してはやはりゼンハイザーらしいなという仕上がりで、IE80Sにわりと似ているように思います。
    カナル型にありがちな圧迫感は少なめで、広がりがあります。
    あくまでもイヤホンとして良質に仕上げようという意気込みのようなものが感じられますね。
    もちろんDSPも活用されているのだと思いますが、あまり極端に使いすぎずDSPで弄った感が少ない仕上がりに感じました。
    それだけに下はそこまで極端に伸びているわけではなく、20Hz前後からは緩やかに下っていくようです。
    それでも全般的にはリスニング寄りの仕上げで、やや甘めの聴きやすい味付けかとは思います。

    懸念のマルチペアリングもしっかり対応されていて最大8台とペアリング可能です。
    AK300ではしっかりaptXで接続されたことも確認できました。
    ただ、これはAK300とどちら側の問題か分かりませんが、イヤホン自体のボリュームとDAP側のボリュームが別々になっていて、DAPではイヤホン側のボリュームが操作できません。

    イヤホンの右側面を長押し(実際はタッチパネル)すればボリュームアップ、左の長押しでボリュームダウンしますので、覚えておけば困ることはありませんけどね。
    ちなみにマイクも内蔵されていますから通話にも簡単に出ることができますし、Tranparent Hearingで外音取り込みしつつ音楽をポーズ(再生のままにも変更可能)できたりと、一通り最近のTWSに備わっている機能を有しています。
    来年あたりにはノイズキャンセリングが付いた後継モデルの噂もありますけどね。

    ag TWS-02Rは先日も書いたとおり、紗羅が愛用するようになりまして、私がこっちを主にiPhoneで常用しています。
    agやワイヤードのイヤホンとの比較や音質に関しては、また後日書いてみたいと思いますが、ブランド分を差し引いてもやはり音質に関しては価格だけのことはある仕上がりだと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/01/08 12:00 pm | No Comments