• 062月

    MITのインターコネクトケーブル「EXp 1 MPC」を見つけたのでゲットしてみました。

    MIT EXp 1 MPC

    本来だとケーブルに方向性や名称があるはずなんですがなかなか見当たらず、当初はプラグ形状とプラグ上の表記から推測しました。
    プラグには片方に「MIT MPC Plus」という記載があって、これはMITの特許技術のMulti Pole Connector systemを搭載しているという証です。
    なお、その後、ケーブル上に方向性と「SL-INT-250」という導体の表記を見つけて確定しました。

    MIT EXp 1 MPC

    MPCを積んだプラグが機器側だそうなので、そういう接続でCDP-557ESDにて試してみました。
    一聴したところ、静寂感があってやや引っ込んだ音像ですが、奥行き感が出た気もします。
    ただ、おとなしめに整う印象で、それまで使っていたMark Levinsonのケーブルと比べるとやや抜けは悪いかも。
    MPCのおかげか、CDのギスギスしたところが消失するのはとても良く、非常に聴きやすくなるのですが、純度不足も同時に感じるところがあります。

    Transparentとか、いわゆる「箱」付きのケーブルは「クセをなくすクセ」があると言われますが、まさにそんな傾向でしょうか。
    機器のクセ自体も消えるので、ちょっと暴れ馬な機材に使うには良いのかもしれませんね。

    MIT EXp 1 MPC

    ここで再度、Mark Levinsonに戻してみると、ソニーの硬さがそのまま戻ってきたのが一聴して分かります。
    音も前に抜けて元気があるもので、古いケーブルながら、伸びやかで素直なケーブルなのだなと改めて感じました。
    この後、ATOLLでも試してみましたがやはり同傾向で、残念ながら我が家ではMITの出番はなかったようです。
    ついでに言うと、ATOLLは先日のハムノイズもあって、CHORD C-lineからACOUSTIC REVIVEのLINE-1.0R-tripleC-FMに戻しました。
    今はどうやらHi-Fi向きに好みが寄ってる時期のようです。

    Filed under: Audio
    2015/02/06 12:00 pm | MIT EXp 1 MPC はコメントを受け付けていません

Comments are closed.