• 2111月

    TEACからiPhone用の高音質録音機器「iM2」が12月に発売だそうで。

    Dockに装着するマイク形状のものですが、中にA/Dコンバータも入っているので、これでiPhoneを高音質なデジタルレコーダーにしてくれるわけですね。マイクも単体のPCMレコーダ「DR-07MKII」と同等なんだとか。

    お値段は8000円前後となかなかお手頃な印象ですが、「DR-07MKII」も現状、1万円ちょいですし、DR-05だとiM2と同じくらいのお値段ですからねぇ。
    あと、録音はiOSアプリでおこなうんですが、16bit/44kHz対応ということで、DR-05やDR-07MKIIの24bit/96kHzにはだいぶ見劣りするかも。

    とはいえ、本体がたったの30gという軽量さは別の魅力がありそうです。
    (DR-05は116g、DR-07MK2は127g)
    iPhoneに装着してもポケットに難なく入るサイズですしね。
    バッテリーもiPhoneから供給できるようですし。

    ただ、そうは言っても記憶領域はiPhoneの内部メモリですし、Dockが埋まってると予備バッテリーも装着したままにはできないなど、本格的な録音にはやっぱり専用機かなぁ。
    ただ、こうやってPCMレコーダーが気になってくるというのはTEACの作戦としては成功のようです。

    Filed under: Audio
    2011/11/21 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    生録音、面白いですよ。私は「ローランド:EDIROL R-09」と「ZOOM:H2」を持っていますが、お祭りの時の祭り囃子や太鼓、そして、各所で演奏される和太鼓等を録音しています。家に帰ってから勿論、パソコンで編集します。

    本当はクラシック音楽等のコンサートの生録音をやりたいのですが、そう言う機会は年に1回程度しかないのがないのが残念です。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    以前、ソニーのPCMレコーダーを借りたんですが、非常に楽しかったです。
    高音質なプレーヤーとしても使えますしね。
    映像と同期して後で合わせるとかも面白いかもしれませんね。