• 163月

    都内のお店でいろいろ試聴をしたというのは先日も書きましたが、最終的にチョイスしたのはSHUREのヘッドホン「SRH240A」です。

    今回は紗羅が使うヘッドホンということで、ピアノ系など好みであろうソースをiPod touchで試聴して総合的に選びました。
    このモデル、SHUREでは最も廉価な機種で、ポップスが得意な、ややリスニング寄りの機種とのこと。
    奥華子さんなども良いですし、普通のJ-Popも安定して聴かせてくれます。

    そして意外にピアノが良い感じなんですよね。
    帰ってからKORGの電子ピアノで使ってみると、これが非常に相性ばっちりだったようですから、狙い通りといった感じです。
    本格的な機種はインピーダンスが高めのものが多いのですが、DAPなどでは駆動力が不足しがちですから、そのあたりも込みで選んだというところです。

    それにしても箱の大きさにはちょっとビックリしました。
    出張土産に抱えて帰りましたが、通販で送ってもらったほうが楽かも。
    重さ自体は軽いんですけどね。

    ヘッドホンを極めた方々からすると完全にエントリークラスの機種ですが、音楽の楽しさや場の雰囲気をしっかり伝えてくれるという点ではなかなか良いチョイスだったかも。
    紗羅は気に入ってくれたようで、早速、寝室で使ったり、電子ピアノや自分のパソコンで愛用しています。

    ただ、紗羅のPCはOlasonic TW-S7がつながってるので、ヘッドホン端子がないんですよね。
    急遽、ONKYOのSE-U55Xを復活させたのですが、これは音が満足できなかったようで…。
    というわけでiBassoのD2+ Hj Boaをつないで解決。
    iPhoneやiPadでもこれを使ってますし、SHUREのヘッドホンと合わせ、かなりマニアックに使ってくれてます。

    Filed under: Audio
    2012/03/16 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    SRH440使ってるけど、下がすっかすかなんですよねぇ
    これはストレートコードなんですね
    440はカールコードでした。
    キャンペーンでストレートコード付いてきましたけど。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    低域重視ならゼンハイザーのHD25系がオススメですね。
    あと、イヤカップに隙間があると低域が減ってしまいがちなようです。
    SRH220Aはそこを改良するためにマイナーチェンジしたらしいですし。
    イヤホンほどではないにしてもヘッドホンも装着の個人差が結構ありますからね。