• 063月

    PS AudioからDSD本格対応のUSB-DAC「DirectStream DAC」が海外発表されたようで。

    DSDファイルのUSB経由でのネイティブ再生ができる製品はすでにたくさん出ていますが、PS Audioらしく、このモデルはちょっとひと味違います。
    「Pure 100% DSD based D to A Converter」というのがウリでして、入力されたPCM信号も全てDSD変換した上で、独自のFPGAを用いてDSDからダイレクトにアナログ変換するというものらしいです。
    理論的にはDSD信号はローパスフィルタを通せばアナログ信号が取り出せるんですけど、実際には額面通りに処理したモデルはあまり多くなかったかと。
    今回のモデルでは「Upsamples PCM and DSD to 10x DSD rate」となっていますから、28.224MHzまで内部的にアップサンプリングして処理されるようですね。

    もちろんそうした技術的な目新しさだけでなく、デジタル入力も7つと豊富ですし、入力から出力までフルバランス構成だったりと、かなり拘った意欲的な製品に仕上がってるみたいです。
    その分、お値段は6000ドルとそれなりに高価ですけど、先日のCHORD同様、FPGAでオリジナルティのあるDACが増えてくるのは良い方向かと。
    あとは本来、DSDの本家であるはずのSACDをどうするのか、というのが気になりますけど、肝心のソニーがハイレゾを謳いつつもDSDにはあんまり本腰を入れてるようじゃないので、まだしばらく時間が掛かるのかもしれません。

    Filed under: Audio
    2014/03/06 12:00 pm | PS Audio DirectStream DAC はコメントを受け付けていません

Comments are closed.