• 0312月

    SENNHEISERからモニターイヤホン「IE 40 PRO」が12/6に国内発売されるそうで。

    海外ではすでに発売されていて、公式オンラインショップで99.95ドルとなっています。
    国内ではオープンプライスで、販売予想価格は13,000円前後ですから、あまり大きな内外価格差はないようですね。
    色はブラックとクリアですが、なんとなく見た目がSHURE SEシリーズっぽく感じてしまいました。

    内容的にもダイナミック一発ですので、SE215シリーズが競合になりそうですけども、さすがにあれも世代的に古くなってきた印象もありますし、イヤホンはここ最近かなり進化傾向(特に低価格帯で顕著)ですからね。
    特に歪みが少なくなった印象が強く、今回の「IE 40 PRO」も全高調波歪率が0.1%以下(1kHz、94dB)とされています。
    HD800Sで0.02%未満、IE800で0.06%以下らしいので、測定条件にもよるでしょうけれどもなかなか優秀なのではないでしょうか。
    簡単には比較できないですけれども、スピーカーだとなかなか出せない値ではあります。

    周波数特性は相変わらず欲張らず、20Hz〜18kHz表記なところは頑固さを感じます。
    なんでもかんでもハイレゾ対応にしちゃうのもどうなのかなぁと思うほうなので、ここは賛同するところです。
    インピーダンスは20Ω、能率も115dB(1kHz/1Vrms)とのことですから、かなり鳴らしやすい部類に入りそうです。

    さらにリケーブルもしっかりハウジング部分でできる構造なのは良いですね。
    ただし毎度のこと、ゼンハイザーは違う端子形状でして、今回も新しいコネクタ形状になっています。
    ケーブルも含めて音決めしているから、あまりリケーブルしてほしくないんですかね?
    それならそれで、発売中のモデルの補修部品をもうちょっと入手しやすくしておいてもらえるとありがたいのですが…。

    付属品はソフトポーチにクリーニングツール、イヤーチップもシリコン(S/M/L)とフォーム(M)と、なかなかしっかりしています。
    ゼンハイザーのイヤーモニターが気になるけど価格的に手を出しづらかった、とか、IE60だとケーブル断線が…という方は試聴してみる価値はありそうですね。

    Filed under: Audio
    2018/12/03 1:30 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.