• 285月

    ラステームから新しいデジタルプリメインアンプ「HDA723D」が発売されたようで。

    先日もNuForceのデジタルパワーアンプを紹介したばかりですが、こちらはどちらかと言うと「てんこ盛り」系のモデルで、DSDネイティブ対応のUSB-DAC機能も搭載しています。
    パソコンとスピーカーさえあれば、あとはもうこれが一手にオーディオ部分を受け持ってくれるという製品ですね。
    DSDは5.6MHzにも対応していますし、ASIOとDoPの両方に対応しているのはPCオーディオに長けたラステームならではかと。
    DACチップはPCM1795で、その点では先日紹介したUSB-DAC「UDAC32RD」とも同等ということになります。
    ヘッドフォンアンプもどうやら同等みたいですから、差額2万円弱でスピーカーにも対応できると考えるとこちらがお買い得かも。

    アンプとしては最大出力で35W+35W/8Ωと、そこそこな感じです。
    ただアナログ入力が全く用意されてないのはちょっと残念かな。
    この手の製品ではデジタルアンプだから…という感じに位置づけてるのをよく見かけますけど、あくまでもDAC出力されて以降はアナログ処理されてるわけですからねぇ。
    むしろDSDでフルデジタル処理されるような製品が出てくれれば、それはそれで面白そうですけれど。

    なお、消費電力は最大150Wと、それなりの出力になればやっぱりそこそこ電気を食うんですね。
    電源にSMPS(Switch Mode Power Supply)という、OlasonicさんのSCDSみたいな回路が実装されてるそうですが、省電力さに関してはどうやらNANO-UA1のほうが一枚上手のようです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/05/28 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • aa Says:

    >なお、消費電力は最大150Wと、それなりの出力になればやっぱりそこそこ電気を食うんですね。

    おそらく70W×2@4オーム=140Wなんでしょう。

    Olasonicみたいにキャパシタにバッファするのが良いのか悪いのか。
    バッファが切れたら、おそらくクリップするわけすし。

  • MacBS Says:

    aaさん、コメントありがとうございます。

    デジタルアンプがエネルギー変換効率が80〜90%と高いとはいえ、最大出力時にはたしかにそうなりますよね。
    通常音量時なら10Wもいかないくらいでしょうか。

    それにしてもラステームさんの倒産はちょっとビックリしました。
    どうも再開の見込みはなさそうな雰囲気ですし、残念です。