• 169月

    JBLブランドのハイエンドモニタースピーカー「JBL 4365」が9月下旬に発売になるそうで。

    この型番からすると、「JBL 4345」や「JBL 4355」といった弩級モデルを継ぐもの、という位置づけなのかな。
    1980年前半ごろ、各地のオーディオショップに鎮座していて、憧れたものです。
    ただ、鳴らしきれているものは意外と少なくて、じゃじゃ馬さが目立ったのも懐かしく思い出されます。

    当時はカタログを眺めるのが精一杯で、その後、10年以上経ってから4344をゲットしたんですよね。
    96kgという重量ですが、通販で届いた木箱で梱包された状態では120kgくらいあって、運ぶのに一苦労したのを思い出します。
    今回の4365は85kgと、これでもかなりの重さですが、当時よりは軽量化されてるんですね。

    4344はチューニングの影響なのか、かなりやさしい音を出してくれてお気に入りでしたが、さすがに今の家では使えないですねぇ。
    もし広い家に住めたら、今なら「JBL Olympus」やランサーみたいな初期の民生用の機種が使ってみたいかなぁ。

    ちなみに、海外ではJBLのモニターシリーズは現在、あまり出まわっていないようです。
    住宅事情の悪い日本のほうが、こんな大きなスピーカーが人気というのも面白いものですね。

    Filed under: Audio
    2010/09/16 9:00 am | JBL 4365 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.