• 169月

    ニコンから10倍ズームのコンデジ「COOLPIX S8100」が10/7に発売になるそうで。

    コンデジはどんどんニューモデルが出るので正直良く分からなくなりますが、これはS8000の後継機ですね。
    撮像素子が裏面照射CMOSに変更になったようです。
    画素数はちょっと減って12.1メガピクセルですが、これくらいで十分でしょう。

    動画への対応も強化されていて、1080p/30fpsに対応してます。
    個人的にはiMacの解像度を超えちゃうので、720pで十分なんですけどね。
    なお、記録形式はH.264だそうです。
    あと、動画撮影時も光学ズームが使えるのは良いなぁと思います。

    ポップアップストロボは評価の分かれるところかもしれませんが、常時ポップアップではないのは評価できますね。
    ポップアップすること自体はレンズの影が出づらいのでメリットもあるわけですし。

    それにしても先日、S8000が出たばかりの気がするのに流れが早いですねぇ。
    さすがに裏面照射はまだジャンクで見かけていませんが、1000万画素オーバーや最近はHD動画対応機も、ちらほらジャンクカゴに入っています。

    ただ、静止画はともかく、動画に関しては新しい機種のほうが良い部分もありますね。
    裏面照射もそのうち試してみたいと思っていますが、たぶんジャンクで手に入れる可能性のほうが高いかもしれませんねぇ。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/09/16 11:00 am | COOLPIX S8100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.