• 131月

    Ar:tioのイヤホン「RK01」をゲットしてみました。

    ちょっと想定外の入手になったのですが、理由としては2つありました。
    1つはMMCXのリケーブルが3.5mm3極、4.4mm5極、そして2.5mm4極の3種類も付属しているという点です。

    MMCXケーブルで耳掛けしないタイプのものを探していたんですが、PLENUE Sが3.5mm4極という今となっては古い規格になってしまったため、どれにするかなぁと悩む部分がありました。
    RK01でもさすがに3.5mm4極には対応していませんけれど、今後は4.4mmがメインになると予想しますし、変換プラグで対応すれば良いかなと。
    2.5mmはFiiO Q1 Mark IIの動作確認もしてなかったですし。

    そしてもうひとつの大きな理由が半永久保証というものです。
    製品がラインナップされている間、ということではあるけれども、それだけ品質に自信ありというところでしょう。
    ちなみにMMCXプラグは左側がちょっと緩いかなぁという気もしましたが、出音に問題はなさそうです。
    保証には保証書が必要そうなのと中古の扱いが不明だったので、今回は新品で入手しておきました。

    そんな、やや消極的な理由から入手したわけですが、姉妹ブランドの茶楽音人は永らく愛用していましたし、そこからの進化も気になっていました。
    まだエージングが必要な部分もありそうですけども、まさに茶楽音人の進化系という部分もあり、よりオーソドックスに直球勝負している印象を受けました。
    元はSpinFitでしたが、私はひとまずSpiralDotにしましたが、当初はとにかく力強い低域が印象的でした。

    解像度で押すタイプではなさそうですが、茶楽音人よりは癖は少なめで聴きやすいバランスです。
    国産らしい真面目さを感じる仕上がりです。
    アンプが強力だとさらにしっかりした低域ですが、解像度はダイナミック一発ということもあってか、むやみに高いわけではなく心地よく聴ける感じです。

    装着も耳掛けでなくても安定しているのが良いですね。
    イヤホン本体はチタン合金が使われていて結構ズッシリした重さがありますが、装着位置がズレることもありません。
    形状的に耳の前方部分(耳珠)にやや干渉する感じもありますけども、やや後方から前に装着する感じにすれば気にならなくなります。

    二つの音響調整機構が特徴ですが、そのひとつ、SkISという6kHzの音の再生を抑える音響構造ですが、ここは以前から感じることがあるようにかえってその前後がやや強調されて感じることはありました。
    理屈は良く分からないのですが、耳道の長さが合わないと理屈通りにはいかないのかもしれませんし、他のイヤホンではその前後も含めて緩やかにカット気味なので、それに比して目立つのかも。
    そのおかげで金管楽器などはやや華やかに聴こえる印象ですが、刺さるというほどではなく、透明感が出てくるようなところもあります。

    RK01はチタン合金ということもあってか、筐体の響きはあまり意識させない仕上がりです。
    チタンはチタンなりの響きは出ていると思うのですが、それを極端にデッドニングするでもなく、もちろん響きを派手に演出もせずに透明感のある音色です。
    エージングが少し進んでくると、より素直な音になってきました。
    中高域のキツさも減ってきましたたし、低域の強さもほどほどで非常にウェルバランスです。
    手持ちのDAPでいうと、多少ケレン味があるPLENUE MやPono Playerとの相性が良さそうに感じました。

    特筆すべき点は、PCM-D100でスピーカーから再生した音を録音したものを聴くと、ある種、バイノーラル的な前方定位をしてくれて、他のイヤホンよりもスピーカーの雰囲気を強く感じ取ることができます。
    その辺りは茶楽音人っぽさが引き継がれているようですね。
    その上で不自然に音場を作り出すような感はなく、エッセンスとして頭上より多少前寄りになるかな、という程度です。

    手持ちのイヤホンとの比較はまた別途書いてみたいと思いますが、全体的にはヘッドホン的というか、リスニングに振ってあるように思います。
    装着時の圧迫感がないのと相まって、音色的にも耳への刺激がわりと少ない気がしています。
    前述のように6kHz周辺の華やかさもありますし、高域も低域も意外と強めではあるのですが、何故か聴き疲れないのは装着感の良さも大きく貢献していると思います。
    もちろん耳の形状などによる相性はあるでしょうけれど、耳掛けセッティングも可能ですし、かなり考え抜かれたデザインかなと。

    パッケージも含め、国産らしい細やかな気配りが行き届いた仕上がりで、リケーブルや保証などを含めればむしろリーズナブルに感じる価格設定かと。
    試聴が可能な環境であれば、ぜひ一度試してみる価値はあると思います。

    Filed under: Audio
    2019/01/13 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.