• 286月

    EFFECT AUDIOの2pin4.4mmケーブル「Grandioso」を入手しました。

    すっかりEFFECT AUDIOにハマった感じになっていますが、今回のはVOGUEシリーズの上位モデルという形で、純銅と純銀の組み合わせとなっています。
    2pinを選んだのはHIFIMAN RE2000 Silverに装着しようという魂胆です。
    その前にVirtuosoを装着していましたが、そこから比べると中高域のキツさがなくなったのはやはり銀メッキとの違いでしょう。

    またサブベースの非常に深い部分が出ていてかなり驚きました。
    低域は太いケーブルのほうが出る、みたいな先入観がありますけど、Grandiosoはむしろ細めのケーブルですけどガッツリとても低いところが出てきます。
    またメッキがないせいか、強調する部分がなく自然で、高級感を装ってゴージャスぶったところが皆無なのも好印象です。
    上もちゃんと伸びていて繊細さも兼ね備えているのも魅力かと。

    音を重ねてる部分も明瞭に聴き取れてそれでいてバラバラにならないのはHIFIMAN RE2000 Silverの良さが引き出せたというところもあるのでしょう。
    コントラバスの弦の音が滲まずリアルで、それが録音の古いジャズでもキレがとても良く聞き応えが高まるので何を聴いても楽しくなります。

    EFFECT AUDIOは全体に直球勝負的な音傾向な感じがして気に入ってるのですけど、その中でもVOGUEシリーズ以降はさらに進化しているような印象を持っています。
    被膜が「EA UltraFlexi」になったからなのかな?
    プラグ部分は相変わらずちょっと心許ない部分もありますけど、ケーブルには中にケブラーも入ってるので細くてもだいぶ安心ではありそうです。
    ちなみに線材自体は26AWGとのことです。
    そうなるといつものようにConX世代のものも気になってはくるのですけど、まだご縁がないみたいです。

    (当サイトでは、Amazonアソシエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介致しております。)

    Filed under: Audio
    2024/06/28 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.