• 039月

    ACOUSTIC REVIVEさんからPOWER STANDARD-tripleC-FMをお借りして既にレビューさせて頂いていますが、電源ケーブルに加えて以下のラインナップがズラリと発表されました。

    <PC-Triple C+ファインメットビーズ>

    ■ラインケーブル
    ・RCA-1.0 tripleC-FM ¥168,000(1m・ペア・税抜)
    ・XLA-1.0 tripleC-FM ¥188,000(1m・ペア・税抜)
    ・LINE-1.0R-tripleC-FM ¥28,000(1m・ペア・税抜)
    ・LINE-1.0X-tripleC-FM ¥38,000(1m・ペア・税抜)

    ■デジタルケーブル
    ・COX-1.0 tripleC-FM ¥88,000(1本・税抜)
    ・COX1.0 tripleC-FM-BNC ¥88,000(1本・税抜)
    ・AES1.0 tripleC-FM ¥98,000(1本・税抜)

    ■電源ケーブル
    ・POWER STANDARD-tripleC-FM ¥38,000(2m・税抜)
    ・POWER STANDARD-tripleC8800(切り売り) ¥8,800(1mあたり・税抜)

    <PC-Triple C楕円単線>

    ■スピーカーケーブル
    ・SPC-tripleC ¥68,000(1m・1本・税抜)
     ※4芯バイワイヤー仕様 ¥88,000(税抜)
     ※ダブルバイワイヤー仕様 ¥136,000(税抜)
    ・SPC-REFERENCE-tripleC(切り売り) ¥6,000(1mあたり・税抜)

    ■屋内配線用Fケーブル
    ・EE/F-2.6tripleC(切り売り) ¥8,800(1mあたり・税抜)

    ( Phile-webさんの記事より抜粋 )

    スピーカーケーブルとFケーブルはファインメットを使っていない単線ですが、それ以外はtriple-C FMとなってるようですね。
    手が届きそうな範囲で気になるとすればやっぱりラインケーブルの「LINE-1.0R-tripleC-FM」でしょう。
    同じtriple-C FMでもそれぞれの特質に合わせて、シルク緩衝材や銅管シールドなどを組み合わせているようですし、取り回ししやすい配慮もされているらしいので、その辺りも楽しみです。

    また、電源ケーブルは切り売りの「POWER STANDARD-tripleC8800」も用意されているので、これなら手が届きやすくてありがたいですね。
    私も返却した後は、今のPOWER MAX-5000と比較用に短くゲットしてみても良いかなぁ、なんて考えているところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/09/03 7:00 pm | ACOUSTIC REVIVEからtripleCケーブル、続々 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.