• 127月

    家庭内でも昔からとても愛用しているメッセンジャーソフト「IP Messenger」ですが、これをiPhoneでも使えるソフトが登場しています。
    名前はそのまま、「IP Messenger for iPhone」です。
    IP

    Mac版の開発者さんのページでも以前にiPhone版の話が挙がっていたのですが、こちらのiPhone版はミワラボさんの開発によるものみたいです。

    他のメッセンジャーソフトと違って、LAN内でのやりとりをメインにされているので、面倒なユーザー登録などは不要で気軽に使えるのが良いですね。
    通知への対応はないようですが、メッセージが届いた際に着信音やバイブを指定できますし、開封確認もパソコン側にちゃんと戻されるなど、なかなかの使い勝手です。

    広告が表示されていますが、寄付をするとこれをオフにすることが可能になるそうです。
    といっても、それほど邪魔にはなりませんけどね。
    寄付も良いのですけど、普通のアプリみたいに有料版があっても良いのかも。
    その際は可能なら、通知機能が装備されたら、うれしいところですね。

    ともあれ、IP Messenger愛用の方はたぶん多いかと思いますし、ぜひお試しあれ。

    Filed under: Smartphone
    2010/07/12 5:09 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    Wi-Fi使用時のみってことですか

    あっ、そうそう、例のウィルス対策ソフト入れました
    βで良いの?と思いましたが(笑)

    ありがとうございます

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    IPアドレスが特定できれば、WANに出すこともできるんですけどね。
    基本的には同一サブネットマスク内で使うツールかと。

    ウィルス対策、ほかにはiAntiVirusというのもあります。
    ベースとなるClamAVはLinuxでも定評があるものですので、なかなか信頼のおけるものだと。

    製品ではインターネットセキュリティバリア X6あたりですが、
    とりあえずClamXAVで良いと思いますよ。