• 293月

    [ 本日のPickup ]

    歴代「写ルンです」の常設展示が開始

    富士フォトギャラリー調布に「写ルンです」の歴代代表モデル約50台を展示しているそうで。
    初代の発売が1986年だそうで、大学時代に行った北海道旅行はこれで写真を撮った記憶があります。
    ちなみに私がその後買ったCanon EOS-1の発売が1989年ですから、AF誕生直前という時代ということになり、パンフォーカスをうまく使ったアイデアの勝利ですね。
    普通のカメラのフィルム面は当然フラットなんですけども、「写ルンです」は光学設計の簡素化のためにたしか周囲が凹状に湾曲していました。
    その後のモデルでは非球面レンズが採用されたでしょうけどね。
    そんな「写ルンです」のCMやパンフレットをタブレットで閲覧できたりもするそうです。
    場所がちょっと辺ぴで、しかも土日が閉館というのが厳しいですが、懐かしいなと思う方は見に行ってみると良いかもしれません。

    「北斗星」ラストランの“音”をハイレゾ録音、moraで1万DL限定無料配信

    ブルートレインの様々な環境音を録音したハイレゾ音源がmoraで限定無料配信だそうで。
    なんともマニアックだなと思ったら、監修が向谷実さんでしたか。
    「PCM-D100」で録音したそうですから、北斗星はもう無理にしても普通の列車なら自分でもできちゃうわけですけどね。
    「撮り鉄」ならぬ「録り鉄」という分野があるのかどうかは分かりませんが、オーディオチェック的なニーズにも使えるのかな?
    昔はこういうオーディオチェック的な「音源」も聞いてましたけど、最近はもう好きな音楽しか楽しまなくなりましたね。
    機材の選び方も万能に高い性能のを選ぶというよりも、好みの音楽を楽しく奏でてくれるものをチョイスするように変わってしまいました。
    そういう意味ではすでにピュアオーディオとは違う趣味領域で楽しんでいるのかもしれません。

    ・Amazonベーシック Bluetoothステレオヘッドセット マイク付

    上海問屋が最近イマイチ面白いと思える製品をあまり出してこない中、Amazonベーシックは相変わらず色々と定番を微妙にズラした辺りを狙ってきます。
    国内ではまだ在庫切れ状態ですが、microUSBで充電する耳かけ一体型で、23時間の通話、15時間の音楽再生が可能とのこと。
    対応コーデックや充電時間も分かりませんが、お値段はなかなかよい線をついてる感じがします。

    関連エントリー:

    Filed under: Pickup
    2015/03/29 12:00 pm | Pickup 20150329 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.