• 069月

    [ 本日のPickup ]

    高級ハイレゾプレーヤーに新星現る。コウォン「PLENUE 1」レビュー

    高音質DAPというとAstell&Kernなどの中韓系とソニーが主体ですが、前者の古くからの雄、COWONが満を持して投入してきたのが「PLENUE 1」です。
    JetEffectなど、同社らしさは変わらずという感じですが、イマイチ音傾向が分かりづらいレビューのような…。
    雰囲気的には以前同様、JetEffectを活かしてこそのモデルなのかな、という推測です。

    Deff DDA-A20RC

    DAPとはまた違った路線のDeffのポタアン。
    以前から出ているiOS用モデルよりも本体の質感が増して、アルミ合金製の小さく丸いボディになりました。
    24bit/96kHzまで、というのはやや訴求力としては弱いかもしれませんが、現実的には音楽ファイルの可搬性などを考えればこれで十分なんですけどね。
    AndroidはOTGをサポートしてるので直挿し可能ですが、残念ながらiOSは別途USBカメラアダプタが必要なのがちょっぴり残念なところです。

    9月1日からの飛行機内電子機器利用について運用と対策のまとめ

    飛行機で電波を発しない電子機器が離着陸時にも使えるようになった、というお話のまとめ。
    まとめと言ってもこれがまた複雑なんですが、ざっくり言えば普通乗る飛行機なら電波を発しない機器は離着陸時を含めてOKだけど、手持ちできるものに限るよ(Bluetoothはダメな飛行機も多い)ってところでしょうか。
    これだと機内にWi-Fiがなければスマホやタブレットは実質、機内モードでの使用ということになって、せいぜいゲームか音楽を聴くくらいでしょうか。
    飛行機の中くらいはのんびりしておいても良いかと思いますが、デジカメが使えるだけでも嬉しいかとは思います。

    ・真空管 USB DAC ヘッドホンアンプ DN-11451

    最近はNikonなどのデジカメの取り扱いも一部始めている上海問屋。
    でもやっぱりここの真骨頂はちょっとバッタモンっぽい機材かと。
    DN-11451は真空管バッファに12AX7搭載の16bit/48kHzまでという上海問屋らしいスペックのUSB-DACヘッドフォンアンプ。
    USB入力だけでなくアナログ入力もあるので、こっちがオススメかもしれませんね。

    Filed under: Pickup
    2014/09/06 9:00 am | Pickup 20140906 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.