• 106月

    PENTAX-M ZOOM 40-80mm*ist DS用にと思い、タイトルのレンズを
    ヤフオクでゲットしました。

    AFではなく、MFのレンズですので、絞り優先でしか
    使えませんけどね。(^^;

    また、絞り優先モードで使う場合は、
    どうやら絞りリングにかかわらず、
    常に開放絞りでの撮影になるようです。

    マニュアルモードの場合は、絞っての撮影は可能ですが、露出は自分で
    設定することになります。
    理屈的には確かに仕方ないんですけど、ここはちょっと不便ですね。

    ---
    (6/12 12:15修正)
    絞りプレビューで、露出の表示がファインダー内に出てきます。
    Aモードのないレンズでも、立派に活躍できるように考えられてるんですね。
    素晴らしい互換性だと感心しました。
    ---

    このレンズ、通常の最短撮影距離は1.2mと、かなり長いんですけど、
    マクロモードがあって、80mm側で、にょきっとレンズを伸ばすことができます。
    といっても、標準ズームのほうが近くに寄れる分、撮影倍率は高いんですけど。(^^;

    ちなみに、描写はこんな感じです。

    実画像サイズ 434 x 640 ( 46 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX *ist DS
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.0
    露出補正値 0.0
    全 Exif 情報表示…


    標準ズーム以上に柔らかくて、ボケ味も良さそうです。
    もっと、ちゃんとした被写体を早く撮ってみたいものです。

    標準ズームが17-55mmと、望遠側が弱いので、それを補助するには
    十分、役だってくれると思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/10 10:50 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • けんじい Says:

    はじめまして。mixiの足跡をたどってきました。

    40-80mm、f2.8-4ですか。懐かしいレンズです。私がはじめて使った一眼レフのレンズがこれでした。
    ME-Superとセットで買ったもので(いや、買ったのは父親ですが)、これを使ってカメラの扱いを覚えたものです。

    どちらもまだ手元にありますが、もう長いこと使ってないなあ。今度*ist-Dで試してみます。
    が、仰るとおりこの時代のズームレンズは最短撮影距離が長いのが欠点ですね。

    ちなみに*ist-Dだと”A”ポジションのないレンズでもマニュアルで露出計が使えます。DSではできないんですか。
    今度出る1000万画素機はどうなんでしょうね。

  • MacBS Says:

    けんじいさん、コメントありがとうございます。

    このレンズ、昔は結構、定番だったんですね。
    私など、今から「MEが欲しいなぁ」と思ってるので、
    時代感覚が麻痺しちゃってます。(笑)

    露出計の件ですが、私がちゃんとマニュアルを読んでなかっただけでした。(^^;
    絞りプレビューにすると、露出表示されるんですね!
    これは便利です。早速、使ってみたいと思います。
    本文のほうも修正しておきます。

    1000万画素機、以前からのPENTAXユーザーの方は期待されているみたいですね。
    手ぶれ補正もきっと付いてくるでしょうし、人気が出そうですね。