• 208月

    SIGMAの銀塩一眼レフ「SA-9」の試し撮り分の現像が出来上がったので、
    早速、スキャンしてみました。

    印象としては、とても好印象でして、とりわけ、180mm APO MACROの
    描写は秀逸でした。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 55 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ジョブも、このサイズになると、かなり距離を保てるので、怖がらずに被写体に
    なってくれます。

    90mmマクロのほうも、これまたどうして、負けず劣らずの描写をしてくれます。
    「これが他のカメラで使えたらなぁ」と思わせるだけの実力です。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 47 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    とはいえ、カメラ本体の使い勝手もなかなか良いです。
    デジタルカメラの「SD10」のベースになってるだけのことはありますね。
    ただ、AFに関しては暗いシーンに弱いなど、一世代古い感じがします。

    そして、もう1枚は、お手軽サイズの50mmマクロです。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 65 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    90mmもコンパクトですけど、このサイズだとマクロということにこだわらずに
    色んな被写体を楽しく撮れました。

    実は、このカメラ&レンズを買ったお店には、まだシグマSAマウントのレンズが
    残ってるんですよねぇ。
    19mmあたりの広角単焦点なんですが、状態が良いのもあってか、
    それ1本だけ高かったので、購入を見送ってるのです。

    まぁ、元々高いレンズですし、もう少し値下げしてくれたら、買うんだけどなぁ。
    でも、現行の20mmあたりの値段を考えれば、無理かも。(^^;

    シグマ 20mmF1.8EX DG ASPHERCAL RF
    シグマ 20mmF1.8EX DG ASPHERCAL RF

    Filed under: Photo
    2006/08/20 10:04 pm | SIGMA SA-9、現像上がり はコメントを受け付けていません

Comments are closed.