• 083月

    Photokina 2006に参考出品されたSIGMAのコンパクトカメラ「DP1」が
    さらに改良されて、PMA 2007に参考出品されているそうで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/03/08/5749.html

    まず、要望の多かったアクセサリーシューは、しっかり付いてますね。
    光学ファインダーが内蔵されてないわけですし、これは必須ですよね。
    もちろん、専用ビューファインダーも別売される予定みたいです。

    あと、背面にマニュアルフォーカスダイヤルが装備されたそうです。
    前面のほうが「それっぽい」ですけど、操作性では背面のほうが便利
    なのかなぁ。

    画像処理エンジンは今回、富士通と共同開発した「TRUE」というものが
    採用されるそうです。
    SD14の発売が延びましたけど、そちらにはこれは採用されないのかな?

    FOVEONは良い素子ですが、計算量が増えるんでしょうかね?
    無理にベイヤーのようなことをせずに、そのままの解像度で出力すれば
    それほどでもない気がするのは、気のせいなのでしょうか?

    あと、レンズについては、2点ほど、少しがっかりすることが…。
    一つ目は前回と同じですが、開放F値がF4と、やや暗いこと。
    せめてF3.5までは頑張って欲しいなぁ。

    もうひとつ、最短撮影距離が30cmというのは…。(^^;
    個人的にはマクロ撮影が好きなので、もしこのままなら購入することは
    まずないでしょうねぇ。

    とはいえ、他社も刺激する良い製品だと思いますので、発売を期待して
    いようと思います。

    Filed under: Photo
    2007/03/08 6:09 pm | SIGMA DP1、さらに改良 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.