• 083月

    ピンボケや手ぶれした画像を先鋭化する技術「TepinAuto」が
    国内特許を取得したんだそうで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/03/08/5766.html

    内容としては、「画像ザラツキ度値・計測」、「光子拡散逆算法・
    画像鮮明化」、「手ブレ状態・推測」などから構成されるとのこと。

    これでも画像処理屋の端くれなので、一応、ざっと処理の概要を眺めて
    みましたが、基本的には「適応型シャープネスフィルタ」って感じで、
    手ぶれ補正とまではいかないように感じました。

    特に数pixelくらいのブレであれば効果もあるでしょうが、今のデジカメ
    画像の画素数からいくと、手ぶれはヘタすると100pixelオーダーで派手に、
    しかも複雑にぶれますからねぇ。
    これに対応しようとすると、とてつもなく大きなフィルタサイズになって
    しまう気がします。

    ただ、ピンボケについては多少効果がありそうに思います。
    もっと言えば、被写界深度を浅くするような効果が出る気がするので、
    ケータイなどで近接撮影への対応をAFなしで広げたりできるかも。

    あと、レンズの周辺部のコマ収差などを減少させるフィルタとしても
    応用ができるのではないかと感じました。

    まぁ、画像処理は海外に負けている感があるので、こういうものが
    少しでも国内から生まれてくれるのは良いことだと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/03/08 5:58 pm | TepinAuto はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.