• 297月

    先日ゲットした京セラの一眼レフ、230-AFの試し撮りネガが現像できて
    きたので、何枚か掲載してみます。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 55 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 433 x 640 ( 88 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 433 x 640 ( 79 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ネガを見る限り、全体的にやや露出オーバー気味な感じがします。
    別に精度的には問題ないようなので、これはカメラのクセみたいなものでしょうね。

    その影響もあってか、イマイチ、レンズ本来の特性が発揮できていない
    気もします。
    また、レンズ自体も逆光に弱いようで、フレアっぽい感じも散見されます。

    まぁ、このところ、単焦点レンズばかり使っていますから、ズームレンズとしては
    十分、立派なものだとは思います。
    「Vario Sonnarかも!?」というのはちょっと言い過ぎな気もしますが、
    シャープでコントラストの高い画を残してくれるのは確かなようです。

    今度はリバーサルでも詰めて、デフォルトで-0.3EVくらいの露出補正を
    しておいて、撮ってみようかなぁと思ってます。

    Filed under: Photo
    2006/07/29 9:03 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    ”レンズには多少のカビがある”そうですが、このフレアーはカビの影響ではない
    のでしょう。
    ヌケを良くするためにもフレアーは少ない方が良いと考えますが、一番上の作例
    ではフレアー気味のせいで幻想的な雰囲気が出たと思います。ま、色々な発見
    や考察が出来て面白いですよね。

    Contaxではなくkyoceraブランドですから、光学設計(ガラス)の部分は兎も角
    レンズ後ろ側やミラーボックスの反射防止とかにどこまでお金をかけたかと言う
    要素も、コントラストに影響すると思います。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    カビは微少なので、おそらくそれほど影響はないでしょうね。
    ほんとは取り除きたいのですが、ズームレンズは
    レンズの枚数が多くて、分解が大変なので、
    躊躇しています。

    フレアーも活かせば作風にできるんですね。
    ファインダーでは、なかなかそこまで推測しきれない私ですが。(^^;

    ミラーボックスの反射防止など、やっぱりカメラ本体も
    写りに大きな影響があるものなんですね。

    ほんとはAF CONVERTER 1.6xをゲットして、
    このカメラにCarl Zeissを付けて試してみたいんですけどね。
    なにぶん安カメラなので、アダプタのほうが倍近いお値段に…。(^^;

    ただ、潜在能力はありそうなので、
    もう少し使いこなしてみたいカメラではあります。