• 269月

    フォトキナ開催中ということもあって、シグマの話題が続きますが、
    それだけ、シグマがとても元気だということなんでしょうね。

    今回は「18-200mm F3.5-6.3 DC OS」という、手ぶれ補正付き
    高倍率ズームレンズの発表です。
    http://www.sigma-photo.co.jp/news/18_200_35_63_dc_os.htm

    これまで、高倍率ズームはレンズ専業メーカーの強みであったわけですが、
    逆に手ぶれ補正はカメラメーカーに牛耳られていたところがありました。

    そんな中、ついにシグマが独自方式で、手ぶれ補正を実現してくれそうです。
    いやぁ、これは素直にうれしいですね。
    カメラ本体に手ぶれ補正機能を搭載するメーカーも増えていますが、
    今回のレンズはCanon、Nikon、そしてシグマ用に提供予定とのこと。

    今回のはデジタル専用ですけど、いずれは他のレンズへも普及していく
    可能性が高いでしょうね。
    個人的には、比較的お手頃な「APO 135-400mm F4.5-5.6 DG」あたりに
    搭載してもらえると、うれしいところです。

    Filed under: Photo
    2006/09/26 5:28 pm | 18-200mm F3.5-6.3 DC OS はコメントを受け付けていません

Comments are closed.