• 213月

    かなりいい加減な幕速調整をしたOM-2Nですが、やはり結果が
    気になるので、ざざっと1本、試し撮りして現像に出してきました。

    結果からいくと、かなり改善された感じです。

    実画像サイズ 416 x 640 ( 58 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    上の画像でいうと、上側が露出アンダーになりがちだったわけですが、
    今回の結果では、ほぼそれがなくなってるように思います。

    厳密には計測器、少なくともポジでの確認が必要なのでしょうが、
    まぁ、実用に支障がない程度であれば十分です。

    逆にやりすぎて、露出オーバーに転んだり、シャッターの機械部分に
    負担を掛けてしまったりしても大変なので、このあたりが適切でしょう。

    ちなみに、周辺減光の著しいCOSINAの20mmを開放で撮ると、
    下のような感じに。

    実画像サイズ 416 x 640 ( 94 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    これは確かに上が暗くなってますね。(笑)
    でも、どちらかというとレンズ側の責任のほうが大きいでしょう。

    同じ20mmでも少し絞ってシャッタースピードも下がれば、もちろん
    全く問題なくなります。

    実画像サイズ 640 x 422 ( 79 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    とりあえず素人修理はこんなところにしておきます。

    ちなみに、近所の良く行くカメラ店に現像に出したんですが、つい
    自慢したくて「幕速調整、してみたんです」と店長さんに話したら、
    「それで食べていけますね!」と言われました。

    「いやぁ、別のカメラでは壊しちゃいましたから…」と話すと、今度は
    「そうですねぇ、プロは一度でも失敗できないですからね」と。
    うんうん、まさにおっしゃるとおりです。(笑)

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/03/21 8:05 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    幕速調整、上手くいったようで何よりです(^^
    ウチに転がってるペンタのSPも幕速が狂ってるんですが、
    よく考えてみると借り物なので迂闊に手出し出来ないであります(笑)

    >プロは一度でも失敗できない
    うーん… プロでも色々な失敗をしますよね。
    デビュー(?)した頃から完璧なプロなんて居ないんですし^_^;
    あっしは今の仕事を始めた頃にエンジンを一基、
    完膚無きまでに破壊した経験がございます(汗

    そんな人でもいまや 「長」 の肩書き持ってます(汁

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    幕速、最初は計測器がないと厳しいようにも
    思ったのですが、ネットを検索していると
    「1/1000秒までは目視で分かる!」という強者な方が
    いらっしゃいまして、「確かに分かるかも」とか
    勝手に思い上がって修理しちゃいました。

    逆にプロは前幕を後幕よりもほんの数msほど
    速くして仕上げるそうです。
    そうすれば温度差などで誤差が生じても
    今回の初期症状のようなことがないから、だそうです。

    私もそれを真似て、余裕を持たせてみました。
    1/1000が1/700秒くらいになってるかもなぁ。(笑)

    うちのSPでチェックしてみましたが、やっぱり同じような
    調整ネジが2つありました。
    おそらくこれをいじれば調整できそうな気がします。

    ただ、借り物ですと、いくら初期位置をメモっておいても
    ジャムったりしたら大変ですものねぇ。

    私も一応、ソフトウェアのプロですが、バグなんていくらでも出します。
    ただ、ソフトの場合は基本的に修復可能なんで、
    その点はハードというのは恐いなぁと感じます。