• 083月

    オンキヨーからギターと同じ構造のキャビネットを持つスピーカー
    D-TK10」というのが出ているようで。


    ONKYO D-TK10(2本1組)
    ギターアコースティック・スピーカーシステム

    響きが豊かなギターと同じように、キャビネット全体を響かせよう
    という発想で、作られるみたいですね。

    ただ、CDにもそのギターの響きの成分は入ってるわけで、場合に
    よっては、ただの「箱鳴り」ってことにもなりかねませんよねぇ。

    ちなみに、うちの父が私が生まれてすぐの頃に買った「クライスラー」
    というメーカーの「CE-1acII」というスピーカーは、ギターやバイオリンが
    得意でした。

    これがまた頑丈で、さきほどの箱鳴りとは全く逆の思想で作られて
    いて、高剛性な箱になっていました。

    調べてみると、当時の価格で1台34900円だったんですね。
    ほぼ同じ時期のカメラと比べると、Nikon F2が64200円です。


    Nikon F2 (eyelevel)《中古カメラ》

    ニコンF2なら、今でもそれと同じくらいの価格か、それ以上で
    取引されてたりしますけどねぇ。
    オーディオは、さらにアンプやプレーヤーなども必要なのだから、
    金の掛かる趣味だったものです。

    ま、それはさておき、D-TK10は、キャビネットにマホガニーを
    使ってるそうで、箱の響きがどう活かされてるのか、ちょっと
    興味のあるところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2008/03/08 9:00 pm | D-TK10 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.