• 1311月

    東京出張でカメラ店をいくつか回ったのですが、そこで見つけたSONYのコンデジ「DSC-WX1」を初日にゲットしました。

    基本的には銀塩を探したかったんですけど、やはり最近はデジタルが多くなっていますねぇ。
    デジタルではG1とかFinePix F200EXRあたりも探してましたが、そんな中でWX1のワケあり品を見つけた次第。

    上の写真の通り、傷が結構あるんですが、どうやら落下品みたいです。
    とりあえずは動作してるものの、レンズカバーがたまに開かなかったり閉じなかったり。
    それでも我が家では初の裏面照射CMOSになりますし、夜景撮影の多い出張にはピッタリでした。

    暗いシーンの強さはやはり噂通りでしたが、高感度ノイズが少ないというより、レンズの明るさが効いている部分が意外に大きいんですね。
    上の写真でもISO250ですし。

    逆に最低感度がISO160というのは、これまた噂通り破綻するケースが結構有りました。
    ただ、ノイズ自体は私にはそれほど気にならず、むしろ逆光耐性や逆光時のWBが不自然に崩れる感じがあったように感じています。

    あと、縦位置で撮るとヒストグラムが出ないとか、不可思議な「仕様」が結構ありますねぇ。
    ファームウェア更新がないものなのかなぁ。

    とはいえ、全般的には使い勝手も良好ですし、当面、メインコンデジになるんじゃないかなぁという予感です。

    Filed under: OurCamera
    2010/11/13 9:59 pm | SONY DSC-WX1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.