• 115月

    Mac用の解凍ツール「The Unarchiver」が2.4に更新されています。

    今回の修正項目はおよそ以下のような感じだそうです。

    ・主要なディレクトリが欠落したZIPファイルのサポート
    ・より多くのDiskDoublerファイルのサポート
    ・壊れたTarファイルの扱いを改善
    ・RARとStuffitの解凍時のバグ修正
    ・.Zファイルの関連付けの修正
    ・イタリア語とオランダ語翻訳
    ・ファイルパーミッションの扱いをいくつか改善
    ・巨大な.tar.gzファイルの解凍を改善
    ・LZHやStuffItなど、いくつかの古い形式での解凍を最適化
    ・UIでのバグを修正

    かなり修正箇所がありますが、破損したファイルに強くなったのは
    助かる場面があるかもしれませんね。
    解凍のみではありますが、対応形式も多く、使いやすいツールです。

    ちなみに、圧縮の方は「CleanArchiver」を愛用してます。
    まだ評価版なんですが、3.0a6はWindowsでzipの中身が文字化けしないのが
    うれしいんですよね。

    あと、自分で圧縮する際は基本的にzipを使ってます。
    でかい場合はrarで分割することもありますけどね。
    dmgは解凍ツールなどが不要なので、Macに限定すれば配布用には
    これが良いですね。
    ただ、Windowsで扱いづらいのが難点なんですよねぇ。
    どうしてもdmgからファイルを引っ張り出したいときは「HFSExplorer」を
    使ってます。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2010/05/11 11:08 am | The Unarchiver 2.4 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.