• 0211月

    Chrome用のFLASH抑止の機能拡張「FlashBlock」が最近ずっとアップデートしていないのもあって、別のものに替えることにしました。
    いくつかの候補を調べた結果、選んだのは「FlashControl」です。

    機能としてはほぼ同じで、表示したWebサイト内にFlashを使ってあっても標準ではロードせず、ただの四角い箱を表示してくれる機能拡張です。
    Flashを表示させたい場合はこの箱の部分を左クリックするか、URLバーの右側に表示されるアイコンから「Allow This Page」を選ぶだけです。
    アイコンからはWhiteListに追加・削除したり、ブラックリストに入れることもできます。

    FlashBlockの場合は箱の部分で右クリックメニューを出す方法で、これがページによっては選択できないこともあって不便だったんですよね。
    また、そもそも最近アップデートがなかったので、セキュリティ上の問題があった場合にも迅速な対応が期待できないかなぁというのもあって見なおした次第です。

    Flashの抑止は視覚的に邪魔なアニメーションを止める効果もありますし、メモリやCPU負荷を軽くするのにも結構役立っています。
    Flashでないと表現できないものもあるのかもしれませんが、モバイル系のOSやWebブラウザなどでは対応しないものも増えてきましたし、早くレガシー扱いになってほしい気もしています。

    Filed under: Mac
    2012/11/02 9:00 am | FlashControl はコメントを受け付けていません

Comments are closed.