• 266月

    macOS Catalinaで32bitアプリのサポートが打ち切られる予定ということで、今の環境に残っている32ビットアプリを事前に把握しておくことにしました。

    まず調べる方法ですけれども、システム情報から「ソフトウェア」-「アプリケーション」で環境に入っている全アプリ(外付けHDDにあるものも律儀にカウントしてくれるので結構待たされます)をチェックできます。

    また起動させてあるアプリやドライバ絡みなどはアクティビティモニターのCPU等で右クリックから「種類」の表示をオンにすると確認できます。

    それで結果としましては以下の辺りが残る形です。

    Acrobat X Pro
    CleanArchiver
    WebEX

    Acrobatは単体で購入したものをそのまま使ってるんですが、PDF出力自体はOS側にありますし、OCRも今はプリンターのユーティリティで可能ですから、もうなくても良いかなぁ。
    CleanArchiverはWindowsの人に渡すZIPを作るのに重宝しているのですが、開発が止まってもうずいぶん経ちますし諦めるしかなさそう…。
    ZIPANGとかWinArchiver Lite辺りが候補っぽいですけど、これも暗号化しなければ(それもコマンドラインからならできる)OS標準機能で良いかなぁ。
    WebEXは仕事絡みで使うこともあるので困りますが、アップデータは64bitになってるようですからコレはそのうち更新される(あるいは最新版ではされている)ことでしょう。

    あとはAudacityが32bitだったのが気になっていたんですけど、これは今回調べて2.3.2で64bitになったので一安心。
    大雑把にはCatalinaにアップグレードしても大丈夫かなぁという感じですね。
    まぁ最初はiMac辺りから試して様子見しつつ、Mac Proを…という形を取ることになるでしょう。

    ちなみにCatalinaの動作環境はMac Proが2013以降になったというのが厳しい方も多そうですね。
    iMacやMac mini、MacBook Air,Proは2012以降、MacBookが2015以降、iMac Proは2017以降で、この辺りはMojaveと同じようです。
    パブリックベータは公開が始まりましたが、私は素直に正式公開を待ちたいと思います。

    Filed under: Mac
    2019/06/26 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.