• 104月

    先日から使っているSafari用のFlash抑止プラグイン「Flashless」が
    2.0.3にアップデートしています。

    今回の修正項目は以下のとおりだそうです。

    ・Flashロード時の信頼性向上
    ・動画再生のデフォルトをQuickTimeに
    ・YouTubeの埋込みビデオの修正

    私も2.0.2を使っていて、YouTubeの埋込みビデオが見られなくて、
    更新に気づいたんですよね。
    YouTube側がリニューアルした影響なのかな?

    これまではシフトキーを押した場合がQuickTime再生でしたが、
    今回からデフォルトがQuickTimeになって、よりFlashから開放されました。
    動作の精度も上がった感じですし、使い勝手がだいぶ上がりましたね。

    Auto Removeでの除外も便利ですが、今はまだSafariを再起動するまでの
    期間限定なんですよねぇ。
    この指定をずっと記憶するようになってほしいなぁ。
    もちろん、それを解除する必要もあるでしょうから、やっぱり設定画面は
    メニューなり、環境設定にほしいわけですけど。

    逆にそういういろんなことを考えずに使えるシンプルさも魅力ですから
    Webサイトのフラッシュがちょっと邪魔だなぁと思われる方は試してみる
    価値はあるかと思います。

    Filed under: Mac
    2010/04/10 6:12 pm | Flashless 2.0.3 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.