• 2010月

    長く使ってきたナショナルのコーヒーメーカーがだいぶ古くなってきたのと、saecoのエスプレッソマシンももう圧力が低くなってきたので、何か代替のコーヒをいれるものを調達したいなと思い立ちました。

    冬場は主にBIALETTIのモカエキスプレス(とその類似品の小さめのもの)を使うことが圧倒的に多いのですけど、今年の夏はコーヒーメーカーでいれておいてアイスにするのが大活躍したんですよね。
    そう考えるとやっぱり普通のコーヒーメーカーが良いだろうなと。
    たしかビアレッティにもコーヒーメーカーがあった気がしたのですが、すでにあまり売られておらず、デロンギが次の候補になりましたけども、デロンギの特色でもあるペーパーレスのフィルタも安いモデルだとプラスチックなんですね。

    ちょうどポイントも入ったところだったので、ある程度はそれで賄えるようなものにしたかったのもあり、フォロワーさんがお使いのドリッパーとか、金属製のものとか、いろいろ候補は挙がったのですが、それならやっぱり定番はHARIOのV60でしょうと。
    手でいれるのは楽しいし美味しいでしょうけども、長続きする意味ではそのV60を使った、これまた定番中の定番のV60珈琲王を選ぶのが順当だなということになりました。

    お値段があまりに安くてちょっと不安になるくらいでしたが、定番だからこそ、というのとたぶん旧モデルだったからでしょう。
    本体はかなり大柄ですけど、ドリッパーやサーバーが大きいからでして、本体は見た目以上に軽いです。

    難点としてはペーパーフィルターが円錐形のちょっと入手しづらいものだというところでしょうか。
    購入時点ではヨドバシ・ドット・コムで売っていたので安心していたのですが、届いた時点では販売終了となっていました。
    近くで売っていればお値段はそんなに気にならない程度(40枚で400円弱くらいのはず)ですが、これが売ってないんですねぇ。
    ただ、そこはHARIOさんも対策は打ってあって、公式サイトから送料無料で買える(4個セットでメール便ですが)ようにもなっていますし、普通のコーヒーメーカー用に売っている台形のペーパーを折って使うやり方(PDF)も公開してくれている親切ぶりです。

    使い始めてもう1週間以上経ちますが、やっぱりお味はずいぶん違います。
    ウチの好みよりはもうちょっと透き通った感じの味わいですけども、それでもこれまでのコーヒーメーカーとは香りが全く違いますね。
    ペーパーもやっぱり純正のほうが美味しいですが、台形ペーパーの代用でもそれなりに美味しくはいります。

    最大で5カップ分をいれることが可能ですけども、本体右側のスイッチで選ぶことで1〜5杯の分量を選べるのが地味に便利です。
    やや多めに出る傾向はありますけどね。

    季節的に徐々にまたモカエキスプレスを使う頻度が増えてきそうな気もしますが、これからも大活躍してくれそうです。
    そのうち手動でドリップしてみるのにも挑戦してみたら面白いかなぁなんて思っていますが、プジョーのコーヒーミルも面倒くさいくらいですから、さてどうなるかな?

    Filed under: Food
    2018/10/20 12:00 pm | HARIO V60珈琲王コーヒーメーカー はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.