• 2110月

    海外ではCardasから電源タップ「Nautilus Power Strip」が出ているのに気づきました。

    20Aバージョンが最近出たようですが、おそらくこのタップ自身はもうちょっと前に出たのでしょう。
    お値段は現地価格でも1500ドルとなかなかのものですが、日本でも輸入している人も多い壁コン「4181US」を使ってあるので興味がある人も多いのではないかと。
    面白いポイントとしてはタップの筐体内部に重さ1kgの銅のプレートをアースとして使ってあるところでしょうか。
    また、IECコネクタの隣には同社のバナナを使って接続できるアース端子もあるなど、アースに関して凝った構造になっています。

    内部配線はホットとコールドは10AWGの6N銅単線(PVC被膜)、グラウンド側は11.5AWGの撚り線リッツ導体(PFAジャケット)で、ここにはRFI/EMI グラウンドフィルタが取り付けられているようです。
    タップの筐体自体はアルミ製ですが、さきほどのアースプレートや蓋の部分などは銅を使うことで制振対策してあるそうです。
    なお製造はオレゴンで作られているとのことです。

    US版は壁コン3つで6口、EU版はSchukoのコンセント5つで5口です。
    壁コンセントも結構なお値段なのでそれから考えれば1500ドルもわりとお値ごろ(?)ですが、電源ケーブルは残念ながら別売りです。
    日本では電源ケーブルですら「補修用パーツ」扱いですし、電源タップが入ってくることはたぶんないでしょう。
    私自身はすっかりRTP-4 absoluteが気に入っていますが、こういう製品が入ってくるともうちょっと面白いのですけどね。

    Filed under: Audio
    2018/10/21 12:00 pm | Cardas Audio Nautilus Power Strip はコメントを受け付けていません

Comments are closed.