• 161月

    購入してからほぼ毎日(場合によっては日に数回)使ってきたビアレッティのモカエキスプレスですが、さすがにパッキンが傷んできたので交換用のパッキンを注文しました。

    ちなみに包装にカリタと書いてありますが、どうやらビアレッティ自体がカリタの扱いなんですね。
    モカエキスプレスを購入したのが1年ちょっと前みたいで、パッキンは毎日使ってだいたい1年くらいの寿命らしいのでちょうど良いタイミングだったようです。
    見た感じはまだパッキンとしての機能は果たしているようですが、かなり変形して色も変わってましたし、派手にゴシゴシやると切れてしまいそうですし、届いたらすぐに交換しました。

    購入当時の写真を見るとこんなにキレイだったのかという感じです。
    モカエキスプレスの場合は洗剤などであまり洗いすぎるとエスプレッソの風味も変わるそうで、どうしてもお手入れが雑になるせいもあるんでしょうね。
    早速新しいパッキンでいれてみると、なるほど当初はこんな感じだったなと。
    圧力がしっかり確保できるからか、しっかりコーヒーの風味が出てくる感じです。
    その分だけちょっと尖った味になりがちなので、そこは分量や温度の加減をしなくては…。

    1年間使ってみたところでは、もう我が家ではこれでしかコーヒーを飲まなくなった、という状況です。
    saecoのエスプレッソマシンもそれはそれで美味しかったんですけど、もう国内では民生向けのが出てないですからねぇ。
    当初あったアルミのバリもすっかりなくなりましたし、使い勝手も良好です。

    豆はいろいろ変えてますが最近はスターバックスのエスプレッソとモカの豆を挽いて、自分でブレンドして使ってます。
    あと、エスプレッソだとやっぱり濃いですから、我が家ではミルクフォーマーが必需品です。
    うちのはちょっと古めでモカエキスプレスよりもミルクフォーマーの掃除が大変なんですが、最近のはだいぶ良くなってるようです。
    コーヒーアートもちょと試してみても面白そうなので、ミルクフォーマーといっしょにミルクジャグも導入してみたいかなぁなんて思ってるところです。

    Filed under: Food
    2014/01/16 12:00 pm | ビアレッティのパッキン交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.