• 151月

    HEGELからコンパクトなポータブルUSB-DACヘッドフォンアンプ「SUPER」が海外発表されているようで。

    大きなHEGELのロゴ以外はシンプルなアルミ箱ですが、製品もシンプルに入力はmicroUSBのみ、出力はヘッドフォン出力と光デジタル兼用のミニジャックだけです。
    流行りのDSDにも対応せず、24bit/96kHzまでと控えめなスペックですが、W4.1xH8.2xD1.6cmと、FRISKのW3.5xH7.0xD1.3cmよりちょっと大きいくらいのコンパクトさが良いですね。
    内部のDACチップなどの詳細は分かりませんが、お値段はどうやら400ドル近辺みたいです。
    HEGELといえば上海問屋からコピー製品と思われるUSB-DACが出たりしましたが、どうしても回路構成はシンプルになりがちなので、今回のもターゲットにされやすそうな気はします。
    実際にはそう簡単に同じ音にはならないものなんでしょうけどね。

    それはともかく、あとはこのモデル自体の性能と音質次第でしょうか。
    88.2kHzが再生できなかった、というようなレビュー記事を海外で見かけましたが、そこはちょっと気になります。
    あとはiOS機器でCCK経由で使えるのが必須条件でしょう。
    HEGEL自体、個人的にずっと気になってるブランドですし、このSUPERもどこかで聴いてみたいです。

    Filed under: Audio
    2014/01/15 7:30 pm | HEGEL SUPER はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.