• 281月

    (2009/01/28 22:26更新)
    また絞り羽根に油が回ったので、自分メモとして、修正して再掲しておきます。
    ---

    手持ちのトプコン用レンズ「RE.Topcor 55mm F1.4」が絞り羽根に
    油が回り、粘り始めたので、分解清掃することにしました。
    以前もやったのですが、メモ代わりに写真を撮りながら、再挑戦です。

    まず、飾りリングをゴムなどで外します。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 75 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/20 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    次に、前玉周辺にあるリングのカニ目を回して、リングを外します。
    その上で、鏡胴の横に3本あるイモネジを緩めると、レンズブロック
    全体が外れます。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 62 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/8 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    あとは前玉ブロックと後玉ブロックを緩めて外せば、絞り羽根の
    ブロックだけになります。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 71 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/6 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    絞り羽根もバラバラにすることが可能ですが、あとが面倒になるので、
    無水アルコールで清掃して、あとは元通り組み立てるだけです。

    レンズブロックを鏡胴に戻すのには、位置が限定されるので、
    そこがちょっと難しいですが、あとは難易度は低いほうかと。

    TopcorをベースにしたCOSINAのNOKTONも同一の構造なのかなぁ?
    とにかく描写には定評のあるレンズなので、マウントの応用が
    効きやすいNikonマウントなどのものが欲しい気もします。


    【送料無料!】
    《新品》Voigtlander NOKTON 58mmF1.4SLII(ニコンAi-s用)

    もちろん、本家REレンズも、他の焦点距離のものが欲しい気もしますが、
    これが意外とレアだし、高価なので、なかなかゲットできないんですよねぇ。


    東京光学 Re.Auto Topcor 1:2.8

    Filed under: FilmPhoto
    2009/01/28 10:30 pm | RE.Topcor 55mm F1.4、分解 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.